アカデミー賞の由来いつ始まったの?オスカー像の由来とは・・・・




映画や音楽などに設けられているアカデミー賞、毎年どの作品が選ばれるかちょっと楽しみです。

有名な賞としては、アメリカのオスカーなどがありますが、日本人の私でもオスカー像の形は覚えています。

元々どんなきっかけでこんなアカデミー賞始まったのでしょうか。

もちろんアーティストの方々には目標にもなりますし、励みにもなりますよね。

見ている私たちも楽しみです。

由来はいつどのようなものだったのか気になりますね。

由来始まりを知ると今度から観る時に格別の思いが芽生えるかもしれません。

【スポンサードリンク】

アカデミー賞とは

アカデミー賞(Academy Awards)は、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果をたたえるための映画賞。

授与されるオスカー像から、単にオスカー(Oscars)とも呼ばれます。

アカデミー賞は授賞式前年の1年間にアメリカ国内の特定地域で公開された作品を対象に先行され、また映画産業全般に関連した業績に対して授与されます。

前年の作品が対象となるため(第7回から)、2012年に開催されたアカデミー賞を2011年度などと表示することが慣例です。

第1回アカデミー賞は、1927年から1928年7月31日までに公開された映画がノミネート対象となっていました。

「アメリカ映画の祭典」という冠詞を付けられることが多いことからもわかる通り、基本はアメリカ映画を対象とした映画賞であり、作品の選考対象も「1年以内にロサンゼルス地区で上映された作品」と比較的狭義です。

しかし、その知名度と世界三大映画祭よりも古い歴史を持つ権威ある賞であるため、マーケットへの影響力は国際映画祭の確証以上に大きく、受賞結果が各国の興行成績に多大な影響を与えます。

このため各国のマスコミは「映画界最高の栄誉」と報道することが多いのです。

受賞すると、省の名称を刻印したオスカー像と呼ばれる金メッキの人型の彫像が贈られ、賞金の類は一切付与されません。

毎年11月に予備選考が行われ、翌年の1月にノミネートが発表されます。

その後、映画芸術科学アカデミー会員の投票が行われ、2月の最終日曜もしくは3月の第一日曜に授賞式が行われます。

アメリカでは非常に注目度の高いイベントの一つであり、第85回恩テレビ中継の視聴者数は4030万人でした。

アカデミー賞の歴史

もともとアカデミー賞の授賞式は1929年に設立された「映画芸術科学アカデミー」の夕食会の一環として始まりました。

第1回は1929年5月16日にロサンゼルスにあるルーズベルトホテルで行われた夕食会の際に舞台上で、3カ月前に受賞を通知しておいた受賞者を招待して賞を贈与しました。

当初はオスカー像ではなく、同様のデザインを施した楯が贈られました。

第1回授賞式で、『第七天国』で女優賞を受賞したジャネット・ゲイナーによれば、「これからも互いにいい仕事をして頑張りましょうという程度の、ちょっとした内輪のつまりだったのよ」と当時の様子を振り返っている通り、授賞式は5分程度で簡単に済まされていました。

第2回から地元ラジオ局により実況が開始され、第17回から全国放送になりました。

エンタテインメント色が色濃くなったのは、第二次世界大戦で前線に居た兵士たちの耳を喜ばせるためだったと言います。

テレビ中継が開始されたのは第25回の授賞式から。

中継を担当したのはNBCでした

当時の視聴率はNBC開局以来の高記録でした。

現在はABCが中継しています。

授賞式会場は、2回目以降はアンバサダー・ホテルやビルトモア・ホテルが使用され、晩餐会形式で執り行われました。

回を増すごとにスケールが拡大していき、やがて収容人数の多い映画館で行われるようになりました。

第74回からは現行のドルビー・シアター(旧コダック・シアター)で行われています。

ドルビー・シアターーとは10年の契約であり、現在のアカデミー会員数はすでに収容人数の5800人を超えているため、手狭になるのも時間の問題であると言われています。

【スポンサードリンク】

オスカー像の名称について

せ式名称はAcademy Award of Merit.

オスカーとは、あくまでも愛称でありますが、授賞式の前に「Sho’s going home with Oscar?](オスカーと家に帰るのは誰なのでしょうか?)とレポーターがしゃべったり、各賞発表の際にプレゼンターが最近の決まり文句として「And,the Oscar goes to・・・」と言ったり、アカデミー賞を獲得することを「オスカーを獲得した」など、ほぼ公式な名称と呼んでも差し支えないほどに定着しています。

名前の由来

「オスカー」という名称が登場するもっとも古い記録は、1933年の第6回授賞式の報道です。

呼称の由来については諸説ありますが、どれも明確な根拠がなく現在もはっきりとはしていません。

映画芸術科学アカデミーが公式に使い始めたのは1939年だといいます。

由来については下記の3つが最もう有力とされます。

オスカーおじさん説

アカデミー賞事務局のマーガレット・へリック局員が事務局に届いた像を見て、『自分のおじさんのオスカーにそっくりだ』といったことが広まったという説。

ただし記録が残っているわけではありません。

オスカーという呼称は下記のスコルスキー説も根強く、その代表的なエピソードとされます。

スコルスキー説

第6回授賞式でオスカーの名を初めて文字に残したジャーナリストのシドニー・スコルスキー自身が考えたという説。

彼が描いた「オスカー君はヘプバーン(キャサリン・ヘプバーン)へ」と書いた記事が最古とされます。

このオスカーの語源について、スコルスキーは自身が大好きだったとある大衆舞台劇で、キャストが劇中、舞台下でバンドを指揮して劇の音楽を生演奏している指揮者オスカーに向かって「おい、ところで葉巻でもやるか?オスカー」と突然話しかけ曲を脱線させて笑いを取るネタから名前を取ったという。

なぜオスカーなのかという理由についてスコルスキーは、「かねてアカデミー賞のお高く留まった印象を快く思っていなかったので、せめて人間らしい印象で扱ってやろうと思った」と述懐。

ベティ・デイヴィス説

女優のベティ・デイヴィスが1935年、「青春の抗議」で初の主演女優賞を受賞した際、客席にいた夫(当時)のハモン・オスカー・ネルソンに向かって、「オスカー、やったわよ!」と叫んだことから広まったという説

あるいはトロフィーの後ろ姿が、夫のハモン・オスカー・ネルソンの後ろ姿にそっくりなことについて仲間内と談笑したことに端を発し、やがて業界の隠語として日泊まったものが一般化したという説。

1933年の新聞などにすでにオスカーの名称が登場していることから、現在では最も信憑性は薄いとされます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ