Airbnb(エアビーアンドビー)とは?(教えちゃいましょう)




minnpaku1

はい?Airbnbとはなんぞ?

初耳でございますけど・・・・とググる。

あ~~~民泊のことでした!

私民泊反対派なんですよね~。

一軒丸ごと開いてる人ならまだしも、間借り状態でお貸しするのは・・・・。

Airbnbって言葉はかっこいいけど、いい人ばかりが来るわけじゃないしね。

民泊とはぷち移民って感じでしょ?その人の国の普通を持ってくるんでしょ?嫌だ~~~

最近中国の人が持ってくる殺虫剤の聞かない南京虫が問題になっているって皆さんに教えて差し上げたい!

部屋にあるものは持って帰ってもいいというお隣の国の人も居るし。

日本人みたいに綺麗に使うのが世界の常識じゃないよ~~~と声を大にして教えたい

【スポンサードリンク】

衝撃のサービス「Airbnb」で論点となる法的リスク

空き部屋を有料で貸すことができるサービスとして、世界中に大きなインパクトを与えているサービスがあります。

「Airbnb」というインターネットを活用して、誰でも自分の家を貸すことができるサービスです。

多くの法律専門家が、そのビジネスモデルの適法性について指摘をシていますが、実際に海外では摘発されたケースも存在します。

このサービスについて、新たな法的な制度設計が、必要なのか?現行法で否定されるものなのか議論が別れています。

現在では日本でもサービスが運用されていて、実際にはどのような法的リスクがあるのか、まとめて調査してみましたので、ご参照ください。

日本の旅館業法がもたらす障壁の考察

端的に問題になるのは旅館業法です。

旅館業とは簡単に言うと、「①宿泊料を受けて、②人を宿泊させる、③営業行為」といえます。

厚生労働省が出している基準によると、「②人を宿泊させる」とは、寝具(ベッド・リネン等)を提供することで該当するという記載があります。

つまり、部屋とベッドを有料で貸し出せば、旅館業に該当する可能性が高まるのです。

ただ、「Airbnb」が直ちに旅館業に該当するかと言えば否でしょう。

なぜならば直接家を貸し出しているのは「Airbnb」ではなく出品しているオーナーさんだからです。

このオーナーさんが、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業行為」を行っているかが問題になります。

オーナーさんは会社ではなく個人の場合が多いので、「③営業行為」として行っているどうかは判断が難しいと思います。

minnpaku2

反復継続して行っているかどうか等の考慮要素を元に、決定しなければなりません。

そうするとこのような場合、「③営業行為」の要件を満たさないので、旅館業に該当せず、旅館業法には違反しない。

ということになるでしょう。

営業行為として出品していても、個々のオーナーへヒアリングをするなどの手間がかかるため、現実的ではありません。

ちなみに日本で貸主として出品している人は海外のオーナーさんも多いようです。(特に中国系)

海外オーナーだと更に捕捉できなくなります。

【スポンサードリンク】

推測されるこれまでの行政の反応

このような広範な規則がある中で、CtoCビジネスの特質を利用して、「Airbnb」は日本でも上手に展開してきているのでは無いでしょうか。

もっとも、直ちには違反しないとしても、旅館業「に近い」事業を展開していることや、実態として違法(の可能性のある)事業を展開していることや、実態として違法(の可能性のある)行為を助長していることで、監督官庁から何かしらのアクションがあったであろうことは容易に想像がつきます。

事業者を排除するか、事業者は旅館業登録をシている業者に限定するか等の、事前チェックはシているのでは無いでしょうか。

食品衛生法の障壁も論点となりうるか

また、旅館業法だけでなく、食事も提供すれば、食品衛生法も考える必要がありますが、規則の対象が、「食品等事業者」に限定されているため、CtoCである限り違法では無いでしょう。

旅行業法規制はどう考えるべきか

他には、「宿泊サービスを取り次ぐ行為」として、旅行業法規制にかかる可能性もあります。

minnpaku4

しかし、あくまで宿泊施設(出品されている家や部屋)に関する情報を掲載しているに過ぎないことから、法律上「取り次いでいる」と評価するのは難しいと思います。

建築基準法に関してはどう考えるべきか


また、旅館でないにせよ、事業を行うにあたって、建築基準法に基づく、土地の用途を確認する必要があります

住宅区域内では、営業行為が出来なかったりするのですが、営業行為では無いと言うなら、あまり関係はありません。

短期賃貸借契約との境界線がグレーゾーン

旅館業法の規定方法に付いては「Airbnb」が出て来る前から問題になっていたようです。

詳しくは述べませんが、家具付き(特にベッド等の寝具付き)のウィークリーマンションが出てきたあたりから、短期賃貸借契約と旅館業サービスとの、相互関係について議論があったようです。

要するにウィークリーマンションは「賃貸料という金銭をうけて、人を宿泊させる営業」をしているにほかならないからです。

これは、受け取る金銭の名目が「賃貸料」出会ったとしても「宿泊料」と同義であるということから、旅館業登録が必要なのでは無いかという問題です。

minnpaku3

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ