赤ちゃんのあせも対策に効く薬は?ワセリン、ロコイド他には・・・・




54a72dc778d8189681ac0e485c6dc04e_s

赤ちゃんは汗っかきなので、すぐにあせもができてしまいがちです。赤くなってかゆそうで、赤ちゃんも機嫌が悪くなってしまうのでお困りのお母さんも多いかと思います。

これから特にあせもができやすい季節になります。みなさんは赤ちゃんあせも対策はされていますか?

いろいろなあせも対策があるかと思いますが、はやく治すためにを使うこともあるのではないでしょうか。

様々ながありますが、どのようなが効くのでしょうか?

今回は、『赤ちゃんのあせも対策に効く薬は?ワセリン、ロコイド他には・・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

あせもってなに?

あせもの一番の原因は大量の汗です

  • あせもの原因
  • あせもの種類
  • 赤ちゃんによくあせもができる理由って?

【あせもの原因】

あせもは汗疹(かんしん)ともいい、小さな発疹や水泡ができた状態です。

大量に汗をかいた時に様々な原因によって汗を出す汗管が詰まり、体の外に汗を出すことができずその結果できてしまった発疹や水泡があせもになります。

汗をかきやすい高温多湿の状態で起こりやすく、赤ちゃんや太りぎみの人がなりやすいのが特徴です。

髪の毛の生え際や肘の内側、膝裏など汗をかきやすくまた汗がたまりやすい部位にできやすいです。

【あせもの種類】

あせもの種類は発疹の部位や場所によって分けられます。

水晶様汗疹

皮膚の浅い部分の汗管が詰まり、汗がたまってできたもの。白いあせもと言われます。

かゆみはなく、数日で完治します。

紅色汗疹

高温多湿な場所で汗をかき続けた結果起きてしまいます。

汗管が詰まり、表在内汗管が破れて汗が漏れ出し炎症を起こした状態赤いあせもと言われ、一般的に『あせも』とはこのタイプのことをさしています

小さい水泡や水分を含んだ発疹で、熱感や強いかゆみがあるのが特徴です。

首やわきの下、服が皮膚に接する場所、服の下などに起きやすいです。

深在性汗疹

熱帯気候や高温の環境におかれた時に真皮内の汗管が詰まり、汗が漏れ出した状態です。

透明な水泡が特徴で、かゆみはありません

【赤ちゃんによくあせもができる原因って?】

赤ちゃんと大人は同じ数だけ汗腺があります。表面積からみると大人に比べて密度が高いため、汗腺が密集した状態になっています。

そのため、とても汗をかきやすいのです。また、赤ちゃんは新陳代謝もよいため、汗をかきやすい条件がそろっていると言えます。

汗をかきやすく、汗腺も未発達であるためあせもができやすくなっているわけです。

あせも対策について

しっかりと環境を整えることであせもを予防します

  • 衣類の調節
  • エアコンの使用
  • 汗をこまめに拭く
  • シャワーで流す
  • グッズの使用

【衣類の調節】

夏場は涼しい素材で通気性のよい衣類を選びます。汗をかいたらこまめに着替えましょう。

赤ちゃんのオムツ替えもまめに行うことで清潔で乾燥した肌を保ち、また心地よく過ごすことができます。

【エアコンの使用】

高温多湿を防ぎ、汗が出る環境を快適にさせます。赤ちゃんは汗をかきやすいので、適宜利用しましょう。

【汗をこまめに拭く】

清潔にすることでとびひなどの二次感染を防ぎます。汗をそのままにしないことが大切です。

【シャワーで流す】

ぬるめのお湯で汗を流します。湯船につかったり、熱いお湯だとかえって汗をかくので逆効果です。

【グッズの使用】

ベビーパウダー肌を乾燥させ、清潔に保つことができます。
また汗取りパッドの使用も効果的ですが、こまめに交換することが必要です。

【スポンサードリンク】

あせもの薬について

いろいろな薬がありますが、状態を見極めて選びましょう。

  • ステロイド系
  • 非ステロイド系
  • 抗ヒスタミン系
  • その他

【ステロイド系】

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)はその強さにより5段階に分類されます。赤ちゃんへは3~5群の処方が主となります。

1群(最強)→2群(非常に強い)→3群(強い)→4群(普通)→5群(弱い)

リンデロンVG

3群。炎症を抑える成分と抗生物質が配合されています。皮膚炎にも処方されます。赤ちゃんに使用する際には顔を除く部位に。

キンダベート軟膏、ロコイド

4群。比較的症状が軽い場合に処方されます。赤ちゃんが使用する際は全身に使えます。

【非ステロイド系】

アズノール軟膏

植物由来成分で副作用はほとんどありません。即効性はありませんが、長期使用可能です。

ヒルロイド

血行促進作用があります。保湿剤、ぺパリン類似物質が主成分です。乳幼児湿疹にも有効です。

【抗ヒスタミン系】

内服薬などがあります。かゆくて眠れないときなど、眠前の服用が有効です。

【その他】

ワセリン

保湿剤です。薬剤ではないので副作用はなく安全に使えますあせもに有効です。

べたつくので薄くのばしてつけましょう。

ポリベビー、ムヒシリーズなど

身近な市販薬です。いずれも非ステロイド系です。

ステロイド系は作用も強いため、使用に躊躇するお母さんも多いかと思います。
連続使用は1週間までとし、それでも症状が改善しない場合は医療機関を受診しましょう。医師の指示通りに使用することが大切です。

いかがでしたか?

なるべくあせもを作らない環境を作ってあげることが赤ちゃんにとって一番よいですよね
あせもができてしまった時には適宜薬を使用し、はやく治すことが必要だと感じました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ