天下り意味は、問題点はナニ(なにが違法でなぜ禁止なのを解説)




自分には全く関係ない話ですが、時々思い出したように天下りの問題が出てきますね。

だいたい天下り意味ってどういうことなんですか。

そして問題点は何なんでしょう、毎回結構な問題になりますよね。

何年か前に禁止されたのに、違法と知ってまで天下りが行われるってそれほどオイシイ制度なのでしょうか?

一般人にはほとんど関係にない天下りですが、それが私たちの生活に関係してるなら困ります。

違法になって禁止されているくらいなのですから、よろしくないことがあるのでしょうね。

天下り意味を知り、問題点をよく覚えておきましょう。

【スポンサードリンク】

天下りとは

公務員の天下りについて文部科学省の元局長が天下りをしたとして、再就職等監査委員会が調査し、結果を発表しました。

文部科学省での天下りあっせんの疑いは子他に37件あり、天下りのあっせん、証拠の隠ぺいなどで幹部や職員9名が停職、減給などの処分が決まりました。

この処分内容や再発防止策を発表するそうです。

天下りの問題点、再発防止策とは?

公務員の天下りをなくすことは可能なのでしょうか?

今回は公務員の天下りについて、意味や問題点をご説明したいと思います。

まずは天下りの意味から観ていきます。

天下りの意味

天下りとは、公務員、中央省庁の高級官僚などが退職した後、勤務していた行政機関と関係の深い民間企業や政府の関係機関、地方自治体などの役員や幹部職に就くことです。

キャリア組の同期の中から、次官を一人選出します。

慣習として、その他の同期は退職することが多いようです。

課長以上の役職の場合、将来を見据えて天下りする人が出てくるようです。

天下り問題において、慣習が大きく関わっていることがわかります。

愚痴に、天下りの問題点を見ていきますが、天下りにはメリットもあるようです。

問題点やデメリットだけではなく、メリットも知って、正しく判断したいところですね。

天下りの問題点

公務員の天下りは、市民からの反発をうみます。

天下りの意味とは、上記に書いた通りですが、問題点としてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

公務員の天下りの良い点と問題点とは?

少し掘り下げてみていきましょう。

天下りの良い点

・優秀な若い官僚が適したポストに就くことが出来る。

年功序列の組織では、年齢が上がるにつれて、階級も上がっていきます。

しかし、組織はピラミッド型ですから、高い階級になればなるほど、ポストの空きが無くなります。

その椅子に座れなかった人たちがそのまま組織に居続けると、流れが滞留し、下に控えた若手が能力を発揮する機会が無くなります。

そういった人たちが早期退職をすることで、優秀な若手が活躍する機会が出来、組織自体の若返りにも繋がります。

・優秀な人材に活躍してもらう

官僚であった時の経験、知識、人脈などを活用できる。

天下り先も、優秀な人材を確保して、会社としての業績などを上げることが出来ます。

また、元官僚の人脈の影響で、中央省庁とのつながりが出来、小さな会社であっても、大手と対等に渡り合うことが出来る、というのもよい点だと言えるでしょう。

天下りの問題点

・天下りの為に組織や団体が新設される。

その人が天下るために、天下り先を新しく設けることがあるそうです。

必要な組織、団体ならば、そう悪い事でもないように思えますが、その組織が、不当に省庁からの仕事を受注する場合があるため、大きな問題点として捉えられています。

・汚職や癒着、資金提供

官僚が天下ると、天下り先に、仕事の依頼がされたり、そのほかの企業の間に入って仲介したりと、汚職や癒着が起こる可能性があります。

また、天下りの受け入れの対価として、天下り先に資金提供がなされることもあるのだそうです。

【スポンサードリンク】

天下りあっせんの再発防止

文部科学省は、新しい事務次官を決めるなどの迅速な対応をしています。

辞任した人に代わって違う人を昇格させ、体制を刷新していきます。

また、人事課から再就職規則の機能を分離することで、天下りに対する意識改革をしていく、と発表しています。

今回は文部科学省を例にとってみました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ