アナウンサーとは?キャスターとの違い【年収はどの位】




379655

アナウンサーとはテレビの顔、見ない日はありませんよね。

好きなアナウンサーのテレビ局に合わせてニュース番組を見てることもしばしばです。

アナウンサーと同様、ニュース番組でよく見られるのがキャスターという存在。アナウンサーとは違いがあるのでしょうか?

普通に見ている限りでは違いってわかりにくいですよね。

キャスターの方が偉い人?それともアナウンサー?

そして気になる年収っていくらぐらいなんでしょう。アナウンサーとキャスターでは年収違いがあるのでしょうか?

そこで今回は『アナウンサーとは?キャスターとの違い【年収はどの位】』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

アナウンサーとは?

アナウンサーとは、主にテレビやラジオでニュースの原稿を読んだり、スポーツの実況中継をしたり、番組の司会をしたりする職業です。

ニュースではスタジオで政治や経済、地域の情報などを報じたり、バラエティ番組では司会進行を務めることも多く、その仕事内容は幅広いものになっています。

一方で、自分の声で相手に情報を正確に伝える重要な役割も持っているため、正しい日本語能力を必要とされ、様々な面に対して配慮しなければならない点もあります。

このような役割を考えると、アナウンサーの存在は計り知れないものです。

また、メディアに露出する機会が多いため、憧れの職業として挙がることも多く、人気の職業です。

人気のあるテレビ局ですと採用試験の倍率は数千倍とも言われ、狭き門なのです。

それゆえに注目度は高く新人アナウンサーへの期待は相当なものです。

近年では容姿やタレント性に長けた人物が選ばれることが多くなりました。

アナウンサーは大別すると2種類にわけられます

  • 局アナウンサー(局アナ)
  • フリーアナウンサー

【局アナウンサー】

各放送局に所属しているアナウンサーのこと。その放送局のテレビもしくはラジオでのみ仕事ができます。

テレビ局のアナウンス部に所属していることが多く、身分はサラリーマンとなります。

【フリーアナウンサー】

放送局に所属していないアナウンサーのこと。放送局の枠にしばられることなく仕事ができます。

以前は放送局に勤めていたけれども、独立してフリーになっている方も多いです。

人気のアナウンサーだとどこの放送局からも引っ張りだこで、自分の番組を持っている人も見かけますよね。

【スポンサードリンク】

キャスターとは?

キャスターとは、『ニュースキャスター』の略です。

主にニュース番組において『原稿を読み上げて』ニュースを報じるのはアナウンサーと同じですが、キャスターはそれに加えて『解説や自分の意見を述べる』という役割があります。

ニュースをただ伝えるだけではなく、原稿の内容を正しく理解したうえで分析し、視聴者にわかりやすく説明する技術を必要とします。

ですので、キャスターの方がよりジャーナリスト的な要素を持っているといえます。

実際、新聞記者や報道記者を務めていた幅広い経験豊かな人がキャスターをすることも多いようです。

バラエティー色の強い報道番組では芸能人がキャスターを務めるなど、最近ではタレントや著名人がキャスターとしてニュースに出ている様子もみかけますね。

キャスターとよばれる人たち

  • スポーツコーナー担当の『スポーツキャスター』
  • お天気コーナー担当の『お天気キャスター』
  • など

アナウンサーとキャスターの違い

アナウンサーは原稿を読み上げる役割があり、キャスターは原稿を読み、さらに視聴者にわかりやすく分析して説明する役割がある、ということですね。

一方報道番組などでは『アナウンサー』が『キャスター』を務めていることもありますのでややこしいですね。

352788

年収ってどの位?

それでは、アナウンサーやキャスターの年収ってどの位なのでしょうか。気になりますね!

アナウンサーの初任給は23~25万円(大卒、新卒で)、年収は350万円ほどのところが多いようです。

平均給料は40~54万円、平均年収は800万円になるそうです。

キー局の人気アナウンサーにもなると年収は1200~1500万円以上にもなります。

地方局ですと年収500~1000万円ほどが相場になるようです。

フリーアナウンサーになると局アナウンサー時代よりも待遇がよく、また知名度もある人がほとんどなため、年収2000万円以上、ベテランにもなると1億円近くも稼ぐ人もいるとのことです。

いかがでしたか?

アナウンサーって年収も高いし、憧れの職業だし、高嶺の花ですよね。

でも、仕事内容は常に見えない相手(視聴者)に対してわかりやすく適切に伝えることが必要とされるので、かなりのストレスフルな状態で働いているんだろうなと思います。

みなさん相当な努力もされていることでしょうし、なかなか自分にはとてもではないけれどもできませんが、随時いろんな情報を伝えてくれているアナウンサーって素晴らしい職業だなと感じました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ