アパートとマンションの違いって?何が違うの、メリット・デメリットは・・・・




apa-to

実は引っ越しオタクの私。

でもアパートマンションの厳密な違いを考えたことはありません。

なんとなくっていう違いのイメージであれば、アパートはなんとなく2階建てくらいで、外階段、メリットは家賃が安い。デメリットは、壁も薄いかも・・・ってイメージ。

マンションは造りがしっかりしてて、エレベーターがあり(5階建て以上)エントランスっぽいものもあり、メリットは、壁はそこそこ厚みがあるかな?デメリットは家賃が高いかな~って感じです。

【スポンサードリンク】

マンション・アパート・コーポなどの違い

そもそも法的な明確な基準はありません

実はアパートもマンションも言ったもの勝ちなところがあります。

いかにも木造だろうと言った建物でも、大家が「スーパーセレブマンション横浜Ⅲ」なんて名づけたらもうそれはマンションです。

とは言うものの、一応不動産屋さん的にはそれぞれ基準となるポイントがあります。

一番の違いは建物が何で造られているかと言うところ

簡単に言ってしまうと、マンションは鉄筋コンクリート造りで、アパートは木造(しかし例外があるので最後まで読んでくださいね)です。

ただし、高級マンションなどで名称が「◯◯アパートメント」というようにオシャレでつけている場合もありますが、だいたい見た感じですぐわかるので、間違えることは無いでしょう。

ちなみに◯◯コーポや◯◯ハイツと言うのは建物の名称なので、特に気にする必要はありません。

法律的にはアパートとマンションの区別は別にないので、名付け方次第という適当さです。

ということは・・・・

先ほど書いたように◯◯マンションという名前なのに、木造ということも本当にあるので注意してください。

え?マンションなのに木造?と思いますよね?

マンションとアパートは住んでみると何が違うの?


一般的にマンションのほうが防音性が高く、家賃や共益費(エレベーターの保守代とか)が掛かり、費用も高いです。

apa-to3

アパートは隣の部屋の人のくしゃみが聴こえたりするくらい防音性が低いところもありますが、その分費用は安く済みます。

※マンションでもやたらと安い物件は、壁の厚さとかをケチって造られているので、防音性が異常に低いところもあるので注意してください。

apa-to4

誰がマンションとアパートに分けているの?

「はい!この物件はアパートで、こっちの物件はマンションね!」と決めているのは一体誰でしょう?

それは総理大臣でも近所のおっちゃんでもありません。

適当!

まぁ適当と言っても一応それなりの判断基準はあります。

★アパートと一般的に呼ばれる物件の特徴

 木造建て、軽量鉄骨造

★マンションと一般的に呼ばれる物件の特徴

 鉄筋コンクリート造(RC)、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)、軽量気泡コンクリート(ALC)

 という感じが一般的な分け方とされています。

apa-to5

 ちなみにマンションというのは和製英語なので、外人に言っても通じません。

 アパートは英語で言うところのApartment(アパートメント)ですね。

物件は実際にいろんな時間に下見して決めましょう。

近所を歩いてみるのも住む前に状況を把握するのにいいと思います。

マンション内の注意喚起の張り紙もよくチェックしてください。

私の経験上、よくある、◯畳相当って言うのは当てになりませんので、実寸を測るのをおすすめします。

今ではアプリで測れるものが有りますので、利用するのも良いでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ