エイプリルフールとは、由来や語源はこうだった?




エイプリルフールをはじめ、ハロウィンとか、日本人がお祭り好きだと言うことが海外にばれてしまって、あんな群衆が集まっているのに、暴動が起きないって素晴らしい!とか、日本人から見たら的外れなところを褒められているようです。

エイプリルフールは何が由来語源は何なんでしょうね。

最近ではグーグルやNASAもおおノリでふざけたニュース流したりしてますね。

害のないウソをつくのは世界的に広まっていますね。

元々何が始まりでエイプリルフールが始まったのかという由来と、なぜ「四月馬鹿」という名前なのかっていう語源を探ってみましょう。

【スポンサードリンク】

エイプリルフールの由来は?午前中だけうそをついてもいい?

エイプリルフールの由来は

世界中の誰もが知っているエイプリルフール。

いったいいつごろから始まったのでしょうか?

実は正確にこれがエイプリルフールの起源だ!というのははっきりとはわかっていません。

いくつか説があるので紹介します。

エイプリルフールの由来 その1 国王に反抗説

16世紀の西欧では、3月25日が新年で、4月1日まで、新年を祝うお祭りをしていました。

ところが1564年、フランスのシャルル9世が、1月1日を新年とする新しい暦を採用しました。

これに反発したのが、国民たちです。

皮肉を込めて4月1日を嘘の信念として、バカ騒ぎをするようになりました。

これに怒ったシャルル9世は、国民を処刑してしまいます。

フランスの人々は、この事件への抗議の意味を込めて、4月1日にバカ騒ぎをするようになりました。

エイプリルフールの由来 その2 ノアの方舟説

ノアの方舟と言えば、だれもが知っている旧約聖書に書かれている、大洪水から逃れるために作られた舟ですよね。

この時にノアが陸地を探すため、ハトを放つのですが、何も見つけれずにハトが戻ってきます。

その日が4月1日。

このことから、無駄なこと=嘘ということで、4月1日には嘘をついてもいいこととなったそうです。

【スポンサードリンク】

エイプリルフールの由来 その3 バカな魚説

フランスでは4月1日は、『Poisson d’Avril (ポワソン・ダブリル)』と呼ばれています。

意味は「4月の魚」

どういう訳かフランスでは、4月に”サバ”が良く釣れます。

あまりにも簡単に、大量に釣れるため、サバのことを馬鹿な魚と呼ぶそうです。

ちなみにエイプリルフールの日には、フランスの子供たちは、気づかれないように魚の形をした紙を、背中に貼り付ける遊びをするそうです。

子供のころ、こういったいたずらはよくやりましたけどね。

エイプリルフールの由来 その4 キリスト説

イエス・キリストの命日にあたるため、ユダに裏切られたこと(ウソ)を忘れないために、作られたと言われています。

う~ん・・・

この説からするとエイプリルフールとはいえ、あまり大っぴらに嘘をついてはいけないことになりますよね。

エイプリルフールの由来 その5 インドの修行僧説

インドでは修行僧が、春分の日から1週間、過酷な悟りの修練を行います。

その修業が終わる日が4月1日。

せっかく悟りの境地に達したのに、直ぐに現世に戻ってくることから、「修業が無駄になる」として、笑いの種になっていました。

この修業期間が明けた日を、「揶揄節(やゆせつ)」と呼び、他人に無駄なことをさせてからかう習慣が、エイプリルフールとして定着したそうです。

ここに挙げた説以外にも、調べればまだまだエイプリルフールの由来は出てきます。

日本ではどうでしょうか

日本では大正時代に広まり、今では世界中の多くの地域で行われていますが、その由来ははっきりしていません。(日本ではあんまり流行ってるとも思えないけどね。洒落のわからないまじめな人が多いのかな)。

余談ですが、日本に伝わった当時は、4月1日は「不義理の日」といい、普段義理を欠いていた失礼を、手紙などで詫びる日でした。

世界でいろいろですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ