バカ(馬鹿)なのか?語源は、どうして『馬と鹿』なのかを解説




馬鹿!っていうのは私の住む関西圏ではあまり使わないんですが、バカって言われたらものすごくきつく言われた気がします。

きっとこういう言葉の語源は中国の故事だったりするのでしょうけど、鹿には同情を感じずにはいられません。

以前何かのテレビ番組であほバカ分布図というのを番組でリサーチしたのが結構学術的に貴重な資料になったと聞きました。

なんにせよ鹿にはとても迷惑なバカ語源を調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

馬鹿の由来

この語源はサンスクリット語で、無知や迷妄を意味する「baka」「moha」の音写「莫迦(ばくか)」「募何(ぼか)」から転じたものだとか。

日本では、鎌倉時代末期ごろから「バカ」の用例があり、室町中期の「文明本説用集」には、馬鹿の異表記として、「母娘」「馬娘」「破家」をあげ、「とんでもない」の意味で「狼藉之義也」と説明しています。

・・・・「母娘」は失礼ですね。

以上のことから、「ばか」を「馬鹿」と書くのは、当て字と考えられるそうです。

ちなみに馬鹿の語源のもう一つの説として、「鹿を指して馬と為す」(史記(秦始皇本紀)」の故事)があります。

これは、古代の秦の時代。

始皇帝がなくなった後、権力をにぎっていた宦官の趙高が、果たして自分はどれほど恐れられているか確かめるため、二世皇帝である胡亥に鹿を「馬である」と言って献じました。

二世皇帝は「何を馬鹿なことを言っておる、鹿ではないか、なぁ」と群臣たちに言ったものの、群臣たちは趙高の権勢を恐れ、「陛下、あれが馬であることをお分かりになりませぬか」と答えたとか。

もちろん勇気あるもの、もしくはその場の空気を読ん営なかったものの中には、「陛下のおっしゃる通り鹿でございます」といったものもいましたが、それは趙高に処刑されました。

このことより、「馬鹿」とは自分の権勢をよいことに矛盾したことを押し通す意味から転じたとか。

これは中国史好きなら結構有名な話ですね。

そんなわけで何気に使う日本語でも、実はサンスクリット語や外来語が由来あったり、「まじで~~~?」という若者言葉は、実際には平安時代から「まじから」「まじけれ」としてつかわれていたりとか、いろいろ面白い発見がありますよ。

ではもう一説

【スポンサードリンク】

馬鹿は当て字、「ばか」の語源には諸説ある

一般的によく口に出る「ばか」という言葉。

漢字にすると「馬鹿」になりますが、見れば見るほど不思議です。

馬鹿の使い方は「馬鹿やろう!」と怒ったり、「バーカ」とからかわれたり、「四月馬鹿」「「馬鹿やろう解散」というのもあります。

人を卑下する意味で馬鹿をよく使うのは関東が中心で、人をほめたりかわいがったりする際に馬鹿を使うのは、関西が中心のようです、地方によっても使われ方が違う面白い言葉です。

馬鹿の語源で有力な説は楚語のモハ(愚か者)の音写というもの。

それに中国では「莫詞」「莫何」「婆迦」「馬嫁」などの漢字を当てていましたが、日本に入って「ばか」と読むようになりました。

もとのモハの意味は、迷い、無知、暗愚のこと。

つまり、釈尊の教えを聞いても、さっぱり理解できない愚か者を「馬鹿」という訳です。

ところで「彼はバカに歌が上手い」といった場合のバカは、莫詞(無知)という意味ではありません。

この場合のバカは魔訶であり、偉大なとか、大変に、という意味があります。

馬鹿とハサミは使いよう、とはいうのの馬鹿の解釈も一通りでゃありません。

どうもならない気持ちを表現した「むしゃくしゃ」

悪い意味で馬鹿と言われると、気分がむしゃくしゃして、どうにもこうにも収まらなくなってしまうことがあります。

「むしゃくしゃするときは、ぱぁーっと買い物すると、スッキリするわよ」とは、女性のむしゃくしゃ解消法。

腹が立って我慢がならないさまを言うが、JK,Jcの間では、こういう時「むかつく」とか「激おこ」とかを使うことが多いようです。

「むかつく」は、胸がむかむかするの意で、吐き気を催させるるというとだから、乙女にふさわしい語ではありません。

「むしゃくしゃ」はどうかと言えば、むしゃは「むさし」の意で、汚らしい、不潔であることを指します。 

くしゃは「臭し」で、不快な臭いの意の他に、胡散臭い、怪しいという意味があります。

心の中がむさし+臭しとあっては、髪をかきむしったり、酒を飲んだぐらいでは収まらないとは、うまく表現したものです。

赤い目裏を見せて「あかんべい」

何かいたずらをして、相手に見つかった時に、ペコちゃんのように舌をちょっと出した表情をする「てへぺろ」っていうのが現代の若者のかわいい仕草です。

今はあかんべいをするのは、小さな子供でもあまり見かけなくなりました。

小さな子供がいたずらして逃げる時に、下瞼を引き下げて赤い部分を見せて「あかんべ」という。

昔は人をからかうときによくやる仕草ですが、時には遠慮のない女性が「デートしない?」の返事として、コケティッシュに、あかんべいをして見せてくれたりするとかわいらしい。

「あかんべい」の語源は、仕草そのものの「赤目」です。

赤い目裏を見せることで、侮蔑あるいは拒否の意を示しています。

赤目が「めあかう」「まかかう」「あかべ」「あかすかべ」と転じて、あかんべい、またはあかんべになったそうです。

あかすかべを使った例では『東海道中膝栗毛』に「そんならさあ、お泊り」「あかすかべい」と逃げる弾みに言ったと書かれています。

「あかんべ」と同意の言葉に、「べっかんこし」「べっかんこう」があります。

もともとは「目がご」で、転じて、べかこう、くつかんこうとなりました。

目がごのがご」は、化け物の意

夏目漱石の『坊っちゃん』は、うらなりの送別会で、「向こう側に座っていた山嵐が、俺の頭を見て、ちょっと稲光をさした。俺は返電として、人差し指で別館校をしてみせた」というくだりがあります。

本当に最近見なくなりましたね。

そういえば叔母が「あんまりあかんべをし過ぎると私のように下の瞼と目玉の間に隙間ができるよ。」って言ってました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ