米寿とは、意味は【お祝いの仕方ってあるの!】教えます!




beiju1

米寿ってかなり長命ですよね。

もうここまで来たらお祝いお祝い、すごいことになりそうです。

♪夏も近づく八十八夜~♪ってありますが、お米には88の手間がかかっているといわれています。

なので米という文字も88と書くのですね。

どっちが先かわかりませんが、ともあれ米寿は88歳です。

米寿意味はなんでしょうか?

お祝いはどうすればよいのでしょうか。

意味と一緒に探ります。

【スポンサードリンク】

米寿祝いとは

米寿祝いとは数え年で88歳の長寿のお祝いです。

米寿の由来は「米」の文字を分けると八、十、八となるためです。

この由来がとても分かりやすいため、覚えている人が多い長寿祝いの代表かもしれません。

米寿を祝う88歳は、男女ともに平均寿命を超えていますから、本当の意味で長寿の祝いと言えるでしょう。

長生きされるかtが増えている現代でも、88歳迄健康で米寿祝を受けられるとすれば、尊敬に値しますし、家族全員の幸せでもあります。

ご本人に負担のない範囲で、ぜひ盛大にお祝いしてあげるとよういのではないでしょうか。

米寿祝いのしきたり

還暦祝いには赤いちゃんちゃんこなどを贈るしきたりがあり、一般的にもよく知られていますね。

これは「暦が一巡し、赤ちゃんに戻る」という意味から来ているのです。

米寿の場合は色が赤ではなくて、金茶色になるというのが一般的です。

また「米の祝い」と呼ばれることもあるようで、昔は祝いの会を催し、招待者に枡の斗掻や火吹き竹を贈る風習があったとも言われます。

最近では金茶色の衣装や日用品を贈ったり、お米にまつわる商品を贈るなど工夫を凝らしているケースも多いようです。

いずれにしても、大切なのは米寿を迎えるまで元気で長生きしたことへの感謝と尊敬を表現すること。

おめでたい日でもありますから、賑やかにお祝いする気持ちを大切にしましょう。

もちろんご本人の現在の生活や意向を確認してから計画してあげるのは当然のこと。

疲労の具合や、好きなものの個人差が大きい年齢ですから、十分に確認してご本人が喜んでくれることを優先することで、ほんと魚の意義のある米寿祝いとなるでしょう。

beiju3

寿の祝宴に招待されたら

米寿祝いの会に招待され、お祝いを包んでいく場合表書きは「長寿御祝」「寿福」「祝米寿」等とします。

米寿祝い当日に参加せずに品物を贈る場合、遅くても米寿祝いの会前日までには届けるようにするのが礼儀です。

【スポンサードリンク】

米寿祝いの歴史

米寿祝いも古希祝い同様に、平均寿命が伸びたことによって日本で独自にできた長寿祝いであると言われています。

古希祝いと違い米寿祝いが始まった時期は不明とされていますが、寿命が延びていくとともにお祝いが増えていったことを考えると、室町時代以降の江戸時代あたりから始まったのでしょうか。

不明ではありますが、米寿は地域によっては還暦以上に盛大にお祝いをするところもあり、日本に古くから根付いた長寿祝いであると言えます。

賀寿

賀寿は、その人の長寿を喜び、さらに元気でいてほしいという願いを込めて祝うのが昔からの習わしです。

もともとは中国の風習で、元は元服、婚礼と並んで三大祝儀となっていました。

賀寿祝の歴史は、奈良時代までさかのぼることができます。

天平12年に、僧の良弁が金鍾寺でそう・審祥を招いて、華厳経をあげて、聖武天皇40歳の御齢をお祝いしたのが始まりと言われています。

人生50年と言われた当時は、60歳以上は長寿と考えられ、40歳では立派な初老でした。「初老の賀」は「五八之賀」とも呼ばれました。

当時は「初老の賀」のあと、10年ごとに「五十の賀」「六十の賀」が祝われました。

この算賀の儀礼が受け継がれて、中世になって60歳の「還暦」、77歳の「喜寿」、88歳の「米寿」が、江戸時代から一般庶民の間でも祝われるようになりました。

賀寿の祝いは、誕生日やそれ以降の吉日や休日。敬老の日に行われることが多くなっています。

beiju2

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ