便秘解消 すぐ出る【原因解消・ツボ・薬・お茶・体操何が効く】




bennpi7

便秘に苦しむ人って週に1度とかそれ以上とかあるんですよね。

苦しいでしょうに。

そんな便秘解消するツボがあるなら活用しないと。

そして原因も探らないと。

最近は腸内環境の健康がよく話題になります。

体の健康の元は腸だとか。

腸内環境をよくするためにも早急に便秘解消してきれいにしましょう。

ツボを押して効くなら、薬も飲まなくて済みますし、なんてったって安価です。

原因解消便秘解消どちらもやってしまいましょう。

【スポンサードリンク】

1.ツボで便秘は解消できる?

ツボを押して腸の働きを促すことで、便秘の解消が期待できると言われています。

便秘の多くは、腸のお働きが低下して排便がうまくされなくなるために起こると言われています。

そのためツボで腸の働きをサポートすることが出来れば、便秘解消・体質強化につなげることも可能とされています。

ただ慢性的な便秘体質の方は、ツボ押しだけでなく食事・運動などの生活習慣を見直すことも大切です。

生活習慣を見直すことと併せて、これから紹介する便秘解消のツボを刺激してみてください。

※ツボで解消できない便秘

血便・激しい腹痛・吐き気などを伴う便秘の方は、何らかの病気のこともあります。

自己判断せず、内科・胃腸内科・消化器内科などを受診して医師に相談しましょう。

2.便秘を解消する7つのツボ

便秘解消に効果的と言われているツボを7つご紹介します。

即効性が期待できるとされるツボもありますので、ぜひお試しください

①天枢(てんすう)

bennpi1-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

腸の働きを整え、直ぐに便通がよくなる即効性の期待できるツボと言われています。

はじめのうちは、トイレに行ったとき・トイレに行ける状態の時に押しましょう。

位置:おへそから、左右両方指3本分外側にあります。

押し方:人差し指・中指・薬指の3本指で、左右同時にゆっくり押します。

体を伸ばさず、くの字に曲げるようにして押しましょう。

②大巨(だいこ)

bennpi4-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

腸・消化器の働きを活発にして便秘解消をサポートすると言われています。

特に、お腹の張りを伴う便秘の方によいツボとされています。

位置:天枢から指3本下にあります。

おへその左右指3本分外側から、さらに指3本分下に下がったところにあります。

押し方:両手の人差し指・中指を重ねて押しながら揉んで刺激します。

この部分を温めることでも、腸の働きが活性化して便秘解消が期待できるといわれています。

③気海(きかい)

bennpi8

体を温めて腸の働きを高め、排便を促すとされています。

体の冷えで便が硬くなって便秘になってしまった方にお勧めのツボと言われています。

位置:おへそから指2本分下にあります。

押し方:人差し指と中指の腹を重ねて当てて、ゆっくり力を入れて刺激します。

【スポンサードリンク】

④合谷(ごうこく)

bennpi3-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

大腸の働きを整える作用があると言われています。

特に、コロコロとした便・ニオイが気になるという方、便秘に伴って肌荒れが生じる方にお勧めしたいツボです。

便秘だけでなく生理痛・体の凝りにもよいとされています。

位置:手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から少し人差し指寄りにあります。

押し方:ツボを押す逆の手の親指を合谷に当て、人差し指の骨の下側に親指を潜り込ませるように刺激します

※ツボを押される手は力を抜いてください。

⑤間使(かんし)

bennpi9

腸の働きを活発にして排便を促すと言われています。

即効性があると言われていますので、トイレの中やトイレに行ける時に刺激しましょう。

位置:手首真ん中の世小じわから指4本下に降りたところ、2本の筋の間にあります。

便秘の方は、刺激したときに少し痛みを感じます。

押し方:親指の腹をあてて、残りの4本で手首を支えます。

ゆっくり押しながら揉むように刺激します。

⑥足三里(あしさんり)

bennpi6

胃腸の働きを整え、消化器の機能をよくするとされる代表的なツボです。

お腹の悩み全般に効果的と言われていて、胃が弱っているときに刺激するとエネルギーを巡らせてくれると考えられています。

位置:ひざの皿の下のくぼみから、指4本分下がった部分の少し外側にあります。

押し方:親指を足三里に当てて、残りの指をふくらはぎに添えます。

少し力を入れて2~3分押しながら揉みます。

⑦太衝(たいしょう)

bennpi5

便秘になるとお腹が張ってしまう方、すっきり排便できず残便感がある、という方におすすめしたいツボです。

巡りをよくして便を柔らかくし、排便しやすくしてくれると言われています。

位置:足の甲の、親指と人差し指の骨がぶつかる少し手前のへこんでいる部分です。

押し方:親指をツボに当て、骨の間に指が入り込むようにゆっくり力を入れて強めに押します。

3.便秘解消のツボの押し方

ツボは力任せに押してしまうと、押した部分の皮膚や筋繊維を傷つけてしまったり、悩みの状態を悪化させてしまうことがあります。

基本のツボの押し方についてご説明します。

★押し方:指の腹を使い、ツボに対して垂直に押す。

ツボの場所によっては、揉んだりつまんだりして刺激します。

★強さ:適度に刺激を感じる程度(やや強め)

★時間・回数:ゆっくり力を入れ、5秒程度押して、ゆっくり5秒程度かけて力を抜く

10回程度繰り返し行います。

左右にあるツボは左右1セットとし、同じ回数行ってください。

もし刺激が足りないと感じたときは、朝と夜などのように時間を空けて行いましょう。

★おすすめのタイミング:入浴後や就寝前

体が温まって、気分も体もリラックスしているときに行うのがおすすめです。

入浴後は、入浴の直後ではなく20~30分経ってからがベストです

入浴直後は汗が出るのを止めてしまうことがあるので、入浴後の発汗が少し落ち着いたタイミングで行うとよいでしょう。

★その他のポイント:押すときは息を吐きながら、話すときは息を吸いながら

ツボを押すときは、深くゆっくりと呼吸しながら行いましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ