呼吸の種類って色々だよね!浅い呼吸だと苦しいよね・・・




friss-levego

普段何気なくやっている「呼吸」

生き物は呼吸をしないと生きていけませんが、この呼吸にも種類があること、ご存知ですか?

深呼吸は字の通り、深くするものですが、浅い呼吸は?

身体に良い呼吸とは、どんな種類の呼吸でしょう?

浅い呼吸は身体に悪い?

そこんトコ、ちょっと検証してみましょう。

【スポンサードリンク】

呼吸の種類

一般的に知られているのが、「腹式呼吸」「胸式呼吸」の2種類かと思います。

日常的に生活をしている時は「胸式呼吸」を、眠っている時には「腹式呼吸」を行っていると言われています。

呼吸は人間に必要不可欠な行為ですが、腹式と胸式で何が違ってくるのでしょう?

胸式呼吸

  • 肋骨を広げたり閉じたりする
  • 肋間筋と呼ばれる、胸郭の肋骨(ろっこつ)に付いている筋によって呼吸
  • 息を吸うと胸が膨らむ

腹式呼吸

  • 横隔膜を上下させる
  • 肋骨(ろっこつ)でなく腹部を出したり引っ込めたりさせることで、横隔膜を上下させることにより呼吸
  • 息を吸うと腹が膨らむ

日常的にも男性は腹式呼吸を行うことが多いそうですが、男性は内臓脂肪が多く皮下脂肪が付きにくいと言われています。

この事も呼吸法の違いから腹式呼吸を行っている男性は、皮下脂肪の代謝が多いのではないかと言う説もあります。

最近ではダイエット効果もあると言われる「腹式呼吸」、ちょっと調べてみました♪

【スポンサードリンク】

腹式呼吸のメリット

腹式呼吸はインナーマッスルを鍛え、代謝をUPさせ、ダイエット効果を出すものです。

インナーマッスルを鍛えられることや、お腹が動くので便秘解消に繋がること、深い呼吸によりリラクゼーション効果があることなどが上げられます。

腹式呼吸はカラオケやボイス・トレーニングに用いられることが多い呼吸法です。

横隔膜が下がって肺が広がることで、多くの息を吸い込め歌唱方法では必要な呼吸であると言えます。

息をするだけでダイエット効果が得られる!

夢のような呼吸法ですが、どんな方法で息を吸えばいいのでしょう?

腹式呼吸のやり方

胸や肩を上げるように息を吸うのではなく、お腹の膨らみへこみを意識して呼吸します。

息を吸う際にはお腹を膨らますことを意識します。

通常の呼吸では胸を膨らませますが、腹式呼吸では胸は動かさずお腹に息を貯め込むように行います。

息を吐く際には、息をただ吐くと言うよりはお腹をへこませながら、吐き出すことを意識し続けなければいけません。

お腹の筋肉を使わなければこの動きはできないため、はじめは息とお腹の動きを合わせるコトを意識して行います。

ダイエット効果のために

続ける事が大事です。

でも、初めのうちはなかなかコツを掴むことが難しいので、4秒ずつ吸って吐く感覚で行い、これを10セット程度行うようにしましょう。

コツが掴めてきて慣れてきたらできるだけ細く長い呼吸を続けるようにします。

息を吐きながらお腹を凹ませる、息を吸いながらお腹を膨らませると言ったように、呼吸とお腹の動きを合わせ、同時に行うのがポイントです。

しっかりと吸い切る、吐き切ることが大切です。時間は吸う時よりも吐く時間を長くする方が望ましいとされています。

また最近流行りの「ヨガ」っぽく、「瞑想」と組み合わせることで、リラックス効果も得られます。

腹式呼吸のコツは呼吸に意識を集中することなので、余計なことを考えずに呼吸にだけ意識を集中させます。

瞑想は精神面での安定が得られ、冷静さや集中力を高めることが出来ますよ。

お気に入りの音楽とアロマ、その中で集中して腹式呼吸。

自分だけの、リラックス&ダイエット、最高の時間じゃないですか♪

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ