大学ノートの由来?【東大生しか使えない、庶民は使えなかった】




大学ノートと言えば、学生時代に授業で使う罫線のノートを思い浮かべる人も多いと思います。

でも、不思議に思ったことありませんか?

なんの変哲もない罫線のノートをどうして『大学ノート』と呼ぶのか。

そもそも、大学ノート由来とはなんなのでしょうか。

東大生しか使えなかったからだとか庶民には手が届かない貴重なノートだったからとか言われていますが、実際のところどうなんでしょう。

それでは、皆さんにもなじみの深い大学ノート由来についてご紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

大学ノートとは

まず、大学ノートとはどういったものをいうのか見ていきましょう。

大学ノートの定義

  • 使用目的
  • 様式

【使用目的】

特に定められておらず、多目的ノートと呼ばれています。

中学生から大学生が授業に使用することが多いようです。

【様式】

表紙を開くと罫線があり、上部に日付と見出し記入欄があることが多いです。

罫線の種類はA罫の7mmB罫の6mmが一般的ですが、C罫(5mm)U罫(8mm)UL罫(10mm)もあります。

サイズは一般的に使われるB5判の他、A4判などもあります。

大学ノートのはじまり

このように、いろんな用途に使用できる大学ノートですが、そのはじまりは1884年(明治18年)にさかのぼります。

当時、東京帝国大学(現在の東京大学)の近くにあった松屋という文具店が新しいノートを売り出しました。

これは、海外に留学していた大学教授のアドバイスをもとに当時イギリスで作られていた筆記専用の高級紙であるフールス紙を用いて作られたといいます。

そのため当時のノート(帳面)の価格帯で考えると非常に高額だったため、一般の庶民が手に入れるのは難しいといわれていました。

東京帝国大学の近くのお店でのみ販売されており、なおかつ『(東京帝国)大学生ぐらい賢くないとつかうことができないぐらい高価なノート』という意味もあり、このノートは『大学ノート』と呼ばれるようになったそうです。

【スポンサードリンク】

大学ノートの今

このように、販売当初は非常に「高価なノート」というイメージの大学ノートですが、筆者が学生時代にはむしろ安価で手軽に使えるノートだったように記憶しています。

とくに、コクヨS&Tが販売している「キャンパスノート」に至っては、日本人の90%が一度は使ったことがある大学ノートとして非常に有名ですよね。

A罫が暖色(赤やオレンジ)、B罫が寒色(青や水色)のカラー展開で表紙に大きく「Campus」とロゴが入っているノート、と言えばほとんどの方が「ああ!」と思い浮かべることができると思います。

このキャンパスノート、1975年に発売されてから今までで5回デザインを変更しているそうです。何でも使用していたデザインから年齢層がバレルとか。(ちなみに筆者は2代目と3代目のヘビーユーザーでした。懐かしい)

このように、私たちの生活に密着している大学ノートですが、パソコンやスマホが普及した現在でアナログの紙に書く文具なんて必要なのか? と思いませんか?

実は筆者はそう思っていました。

でも、2006年ごろからノートの市場は右肩上がりらしいんです。

最近の学生は授業内容をスマホでメモするという話も聞いていたので大学ノートの出番なんて全然ないんだろうなーと思っていたんですが、実は2008年に登場した「ドット入り罫線ノート」という存在がノート市場を一気に盛り上げたそうです。

この「ドット入り罫線ノート」とは、簡単に言うと罫線に等間隔でドット(目印)が入っており、文字はもちろん図形やイラストも美しくかけるというのが売りだそうです。

確かに、罫線に等間隔で目印があれば、学生時代に非常に困った短い定規でノートの上から下まで縦の線を書く、というミッションも難なくクリアできますよね。

……筆者が学生時代に出てほしかったです、このドット入り罫線ノート。

尚、大学ノートと言えばコクヨS&Tのキャンパスノートがメジャーですが、他にも様々なメーカーが多種多様なノートを販売しています。

大学ノートとは少し方向性が違うかもしれませんが、上級者ノートとして有名な「モレスキン」や「ロディア」、書き心地にこだわった「ミドリ」や「ライフ」も見過ごせません。

また、大学ノートだけを作り続けているツバメノート株式会社という会社の大学ノート(その名もツバメノート)も必見です。

こちらは昭和22年からずーっと同じデザイン、同じ手法で作られた大学ノートです。薄いグレーの表紙に黒い背表紙……と聞くと思い浮かぶ人もいるかもしれません。

このツバメノート、大学ノートが作られた当初と同様のフールス紙をさらに改良して作られた「ツバメフールス紙」を使用しているのですが、この紙がとにかくスゴイ。

なんと、この紙に文字を書くと一万年以上も保存が可能らしいです。

長く大切に使いたい人にはピッタリのノートですよね。

まとめ

いかがでしたか?

たかがノート、されどノート。今回いろいろ調べていてノートの奥深さになかなか驚かされました。

パソコンやスマホが普及してすっかり自分で文字を残すという習慣がなくなりましたが、久しぶりにノートを買ってきちんと日常の様々なことを書いてみようかしら、と思ったりも。

とりあえず、ドット入り罫線ノートとツバメノートは一度手に取ってみたいので、次のお休みには大きな文房具屋さんに足を運んでみようかな、と考えています。

もし町で大学ノートを見かけたら、こんなうんちくをチラリと思い出していただけたらと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ