第三のビールとは、発泡酒、ビールと何が違う、あなたは答えられるか?




第三のビールもやっと認知されるようになってきましたね。

酒税が上がる中、助け舟のように出てきた第三のビール

何が違うのかって聞かれたら、原材料じゃない?

ってくらいしか答えられません。

発泡酒も十分美味しいですし、日本人は努力家だなぁってつくづく思います。

ビールを久しぶりに飲むと味は濃いなぁ~ってくらいの違いしか感じません。

だからと言って家で飲むのはビールにこだわることもありません。

発泡酒で十分な安い私。

【スポンサードリンク】

原材料で変わるビールの種類

ビールの原材料は麦芽とホップのみです。

この二つが100%のものをビールと呼んでよいのです。

まず判り易いところから、原材料にどんな違いがあるか、日本の大手ビールのメーカーで見てみましょう。

ビールの原材料

  • ビールの原材料
  • 麦芽・ホップ

  • 発泡酒の原材料
  • 麦芽・ホップ・大麦・米・コーンスターチ・糖類

  • 第3のビールの原材料
  • ホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス

  • 第4のビールの原材料
  • 発泡酒(麦芽エキス・ホップ・糖類・食物繊維・大豆たんぱく・赤ワインエキス・香料・乳化剤・甘味料(アセスルファムK))・大麦スピリッツ)

確かに原材料はこの4つでは異なっていることがわかりますね。

発泡酒や第3のビールについて

発泡酒と呼ばれるものは、ビールの原材料の他に4つの原材料を使うことが出来ます。

また、副原料に関しても、ビールの副原料として認められている米・トウモロコシ・でんぷん類以外のものも用いることが出来ます。

更に麦芽の比率によって酒税も違ってきます。

第3のビールにはビールに欠かせない麦芽は全く入っておらず、その他の原材料が使われます。

もうひとつ、新ジャンルの第4のビールでは使われる原材料はさらに増えます。

これらは原料に発泡酒を原料にし、アルコールや炭酸ガスを加えてビールに似せたものです。

酒税法ではビールの部類にはなく、リキュール(発泡性)1の部類に当たります。

つまりビールではないということです。

どうしてこんなに種類があるのか、それは小売価格を決めるのに酒税も関係しているからと考えられます。

下のビールの価格に含まれる税額の表をご覧ください。

平均的な小売価格のものでその中に含まれる税額の比較です。

よく売れていると思われる350mlの缶ビールで比べてみます。

ビール→発泡酒→第3のビールと原材料がビールから離れていくにつれて税額が減っていき、その分小売価格も安くなっていくのがよくわかります。

表にはありませんが、新ジャンルビールはビールではなくリキュールの扱いになるので、税額も低く抑えられて小売価格も低く設定できます。

【スポンサードリンク】

本場ドイツと同じく副原料無しの銘柄

一番税率の高いビールの場合は副原料が使われているのか、気になったので調べてみることにしました。

例:キリンビール(一番搾り)

副原料は使っていないということでした。

これにはちょっと感動ですね。

本場のドイツと同じです。

ビールは絶対にここのメーカーが好きだとか、発泡酒は嫌いとか、第3のビールでも十分だとか、それぞれ意見はあると思います。

しかし厳密に言えばビール以外はフェイク(もどき)商品であり、ビールに似せたアルコール飲料です。

余談ですが、本場ドイツではビールに副原料は認められていません。

しかし日本ではビールにすら副原料を認められているので、ドイツ人から見れば日本のビールは「ビールもどき」と言われるでしょう。

もどきでも構いませんが、糖類や香料・乳化剤・甘味料はできたら入れてほしくない添加物です。

よく見る香料は、一括表示と言って複数の成分をいくつも合わせ、まとめて1つの成分名で表示することが許されています。

つまりパッと見ただけでは1つの添加物に見えますが、その中には何種類も入っているのです。

例えば10種類も20種類も組み合わせて製品に添加していたとしても、表示は「香料」だけで済んでしまうのですね。

香料の怖さはアレルギー性だけではなく環境汚染にまで及んでいます。

乳化剤も香料同様に一括表示が許されており、何がどれだけ入れられているかは不明です。

安全性ははっきりしていません。

フェイク商品であるビールに似たの実物は、添加物も一緒に飲んでいると理解した方が良いかもしれません。

いずれにしても、花見を心から楽しむためにはアルコールの摂り過ぎには気を付けなければいけませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ