DHAの効果、効能は?サプリメントは飲めば効く?




8b2147683c45047acb898cefe4745922_s

【スポンサードリンク】

みなさんDHAという言葉はご存知ですか?何年か前から耳にするようになった言葉ですね。

身体によさそうなものだというイメージがありますが、DHA効果効能までは実はよくわからない方の方が多いのではないでしょうか。

DHA効果効能、いろいろとあるようです。驚くような発見もあるかもしれませんよ。

今回は『DHAの効果、効能は?サプリメントは飲めば効く?』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

DHAとはなんでしょう

DHAはドコサヘキサエン酸の略です

  • DHAって?
  • DHAの役割って?
  • DHAの効果・効能って?

【DHAって?】

DHAはドコサヘキサエン酸(Docosahexaenoic acid)の略であり、不飽和脂肪酸のひとつでω—3脂肪酸に分類される化合物です。

ω—3脂肪酸に分類される化合物にはDHAの他、EPAα—リノレン酸があります。

魚油に多く含まれており、ヒトは魚類を食べることによってDHAを摂取します。

ヒトの体内で合成することができないα—リノレン酸から体内でDHAを合成しており、必須脂肪酸となります。

DHAは魚油食品、イワシやサバなどの青魚に多く含まれています。

【DHAの役割って?】

DHAは脳内の神経細胞の細胞膜を柔らかくし樹状突起を増やしたり軸索の成長を促すことで脳や神経系の活性化に大きな影響を与えます

DHAは脳を構成している細胞膜に約140億個もあると言われています。

またDHAを摂取することで血中の中性脂肪やコレステロール量が減少すると言われています。

一方で摂取量が減少すると脳内のセロトニンが不足し、様々な疾患を引き起こすことがあります。

【DHAの効果・効能って?】

DHAの効果や効能には様々なものがあります

血液サラサラ

DHAは血管や赤血球の細胞膜を柔らかくする働きがあり、これによって血流を促すようになります。

赤血球に柔軟性がなくなってしまうと血流が悪くなり、身体も不調となってしまうのですが、DHAの働きにより血流が良くなり、血液がサラサラになるといううれしい効果を発揮してくれます。

中性脂肪、コレステロールの減少

DHAは余分な中性脂肪を減らしたり、コレステロール値の上昇を抑える効果があります。

動脈硬化の予防

動脈硬化は中性脂肪やコレステロールが血管に溜まることで引き起こされますが、上記のように中性脂肪を減らしたりコレステロール値の上昇を抑えるため、動脈硬化の予防も期待できます。

抗アレルギー作用

DHAにはアレルギーを促進させる酵素のシクロオキシゲナーゼを抑制する働きを持っています。

そのため、アレルギーの予防と改善に効果があるとされています。

脳の活性化

DHAと聞いて一番思い浮かぶのが『頭がよくなる』といった効果ではないでしょうか。

DHAは脳を構成している細胞膜に約140億個もある、ということでしたが、特に脳内の海馬と呼ばれる個所に多く存在しています。

海馬は脳内の記憶や学習能力に関係する重要な部分です。海馬にDHAがたくさん存在するのは脳の活性化に大きく影響を与えるということになります。

また、脳の神経細胞の情報伝達が活発になることで、脳や神経系の活性化につながり、集中力や記憶力、判断力などが向上するとされています。

認知症の予防

アルツハイマー型認知症に対する効果が期待されている物質のひとつにNGFというものがあります。これは神経成長因子と呼ばれるものであり、DHAにNGFを増やす働きがあることがわかりました。

また、脳血管性認知症においてもDHAが脳の活性化を促したり、脳血管性認知症の原因のひとつでもある動脈硬化などを抑制する働きを持っているため、予防や改善が期待できるとされています。

サプリメントは効果があるの?

足りない部分は補いましょう

  • DHAの摂取量
  • サプリメントの効果
  • サプリメントを摂取するにあたって注意すべきこと

【DHAの摂取量】

1日あたりの理想的なDHAの摂取量は1~2gとされています。現実は0.6g程しか摂取できていないようです。

マグロの刺身では5切れで約2g、サバの開きは半分で約3g、カツオのたたきは6切れで約1gのDHAが含まれています。

青魚など意識して食べることで補えそうですが、毎日そう多くは食事の中では摂取しにくいですね。

そのような場合、サプリメントの活用が効果的かといえるのではないでしょうか。

【サプリメントの効果】

DHAはEPAと一緒に摂取することが効果的とされています。両方合わせて、0.4~0.5g摂取できるのが理想です。

気軽に、食事よりも効率的に摂取できることがメリットです。

サプリメントは酸化しやすいため、酸化防止成分としてビタミンEやセサミン、アスタキサンチンなどが配合されていることが多く、より多岐に渡った効果が期待できます。

【サプリメントを摂取するにあたって注意すべきこと】

どのようなものでもそうですが、過剰摂取は禁物です。

血液サラサラ効果が強まり、逆に血液が固まりにくくなって出血が止まらない、ということがあります。

サプリメントは通常の食事に足りない栄養分を補うためのものなので、薬を服用されている方は注意されることが望ましいです。

いかがでしたか?

思っていたよりもたくさんの効果や効能があり、DHAってすごい物質なんだなと改めて思いました。

いろいろと研究されていることも多くて、まだこれから発見されていくこともあるかもしれません。

脳の活性化のために、わたしもサプリメントを活用してみようかな?なんて思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ