糖尿病とは?【合併症には気を付けて糖尿病ホントの原因を解説】




%ef%bc%92%ef%bc%92%ef%bc%92%ef%bc%92

数年前からよく聞くようになった「糖尿病」

糖尿病って一体どんな病気で、何が原因なんでしょう?

本当の原因と、その対策、予防や合併症など、糖尿病を詳しく見てみましょう。

糖尿病を知って、予防はもちろん、対策や合併症の事例など、対抗する知識を付けませんか?

【スポンサードリンク】

糖尿病とは?

糖尿病とは、血糖濃度すなわち血糖値が高い、つまり血液中のブドウ糖の増加により、腎臓や血管、神経など、全身の様々な組織や機能に支障が出る病気です。

糖尿病になった人は、腎臓でろ過されるブドウ糖の量が多すぎて、尿に糖が出てしまいます。

それで「糖尿病」と呼ばれています

糖尿病の原因

ブドウ糖を血液中で分解(糖代謝)するのが「インスリン」です。

このインスリンの作用(糖代謝)が十分でないために血糖値が上がるので、よく言われる「カロリーの摂り過ぎ」や「運動不足」ばかりが原因ではないのです!

逆を言えば、カロリーを多少摂り過ぎてても、インスリンさえ良く作用していれば、過剰な「糖」が尿と一緒に排出されることはないのです(しかし、カロリーは取り過ぎなので、肥満という別の病気を引き出しますが・・・)。

糖尿病の患者さんというと太った人のイメージがありますが、そうじゃない人もよく見かけますよね?

それは「カロリー過剰摂取」が原因ではなく、「糖代謝の異常」が原因だからです。

【スポンサードリンク】

インスリンの役目

インスリンを作るのは膵臓(すいぞう)です。

食事をした後、血糖値が上がる(血液中のブドウ糖の量が増える)と、すい臓が反応して、すぐにインスリンを分泌します。

インスリンの働きによって、臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり、たくわえたり、さらにタンパク質の合成や細胞の増殖を促したりするのです。

こうして、食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれています

しかし、このインスリン分泌の量や機能が異常な場合、血糖は臓器に取り込まれず、流れて尿として放出されてしまうのです。

また、インスリンの分泌が正常だったとしても、カロリー過剰摂取のため、インスリンが通常の量では足りないという場合にも、糖尿病になってしまいます。

糖尿病の症状、合併症

糖尿病は自覚症状がほとんどない(自分では気づきにくい)病気です。

「生活が不規則になって、疲れやすく、急にやせたので病院にかかってみたら実は糖尿病だった」

「治療が遅れたために、すでに病気(合併症)がかなり進んでしまっていた」

「心筋梗塞で入院したら糖尿病だったことがわかった」

というように、糖尿病によるさまざまな合併症が起こってから、はじめて糖尿病と診断されることも多いのです。

しかし、変化が現れてからでは遅いのです!

これが「糖尿病」の恐ろしいトコロなのです。

生活習慣をご確認!

症状(合併症)が出てからでは遅い、しかし、自覚症状が分かりにくい。

ですが、以下の事をチェックしてみてください。

  • 尿の量が増える
  • のどが渇きやすくなる
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる

また、生活習慣とも密接な関わりがあると言われています。

  • 肥満、カロリー過剰摂取
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • 加齢

じわじわ忍び寄って来る糖尿病。

皆さんも生活習慣を改めて、健康で明るい生活を!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ