ドライアイ で頭痛になる!目の疲れや肩こりの原因・・改善方法!




Business woman with tired eyes and stress

Business woman with tired eyes and stress

最近ドライアイで悩んでる方多いですね~私も含めて。

眼科に行っても皆さんおっしゃってます。

パソコン作業する、しないにかかわらずドライアイ

困るのが、肩こりからドライアイ頭痛って広がっていくことが多いんですよね。

目の疲れから肩こり頭痛って言うのもありますね。

目の疲れから目の周りが痙攣って言うのもあります。

あれも辛いんですよ。

他人にはあまりわからないみたいですけど。

目を温めたり、冷したり、どうやったら症状は改善するんでしょうか?

【スポンサードリンク】

ドライアイを改善したい!涙の量を増やす魔法のトレーニング法

表情の中でも目は命です。

最近では目を大きく見せるためにアイメイクに力を入れたり、黒目を大きく見せるためのカラーコンタクトをしたり、努力を惜しみません。

いつまでも輝く瞳を保ちたいものです。

現代人は長時間パソコンで作業をし、本を読み、テレビを見て、毎日目を酷使しています。

近年ドライアイの人が増えています。

ドライアイを引き起こすと、目の輝きは失われてしまいます。

doraiai1

輝く瞳を失いたくない方のためのトレーニング法をご紹介します。

輝きのある瞳になるアイトレーニング法

まず、目を開いたまま眉毛をゆっくり上げてください。

だいたい約5秒間かけて行ってください。

薄目を開けた状態にし、そのまま5秒間キープしましょう。

ゆっくり目を元に戻したらおしまいです。

このアイトレーニングを3回繰り返してください。

簡単に出来ますので毎日空いた時間に行いましょう。

アイトレーニングで輝きのあるパッチリとした目を手に入れてください。

顔の表情や目の輝きで、あなたの第一印象が変わります。

【スポンサードリンク】

眼精疲労を解消し、目の潤いを保つことができるアイトレーニング法

毎日目を酷使してしまうと、ドライアイを引き起こします。

長時間一点を見つめていると、瞬きの回数が減ります。

瞬きの回数が減ることで、涙の分泌量が減少し、目が乾きます。

目の乾燥は、眼の奥に異物があるような感覚が続き、眼精疲労における頭痛や肩こりなどの症状も引き起こします。

そこで、瞬きの回数を増やすことで、涙腺を刺激し、目の乾きを解消したり、眼精疲労を解消したり、目のセルフケアを行ってください。

パソコン作業で目が疲れたら、モニターの画面を見続けずに、ときどきでいいので、モニターから目をそらし、遠くのものを観るようにしましょう。

doraiai3

パソコン作業を1時間続けたら、約10~15分間の休憩をするように心がけましょう。

眼精疲労やドライアイは、様々な病気を引き起こしますので、甘く見ないでください。

まず、濡れタオルを電子レンジで温めてください。

目を閉じてホットタオルを当てます。

doraiai4

目の周りの血行を良くしてから、アイトレーニングをします。

この時首筋も同時にホットタオルで暖めると、より血の巡りが良くなり、眼精疲労における肩こりも解消できます。

目を温めることで、血管が広がり、血行が良くなると、涙の分泌量を増やすことが出来ます。

目が疲れて辛い時は、瞬きの回数を増やしたり、ホットタオルで温めましょう。

目の血行を良くしたら1分間、ゆっくりと瞬きを繰り返してください。

瞬きを早く繰り返すと、目が疲れてしまいますので、ゆっくり行い、目をぎゅっと閉じることで休ませることがポイントです。

短時間で簡単にできるので、毎日行いましょう。

このアイトレーニングは涙腺に即効果を与えてくれます。

アイトレーニングの注意点

コンタクトレンズを使用している方は、必ず外してから行ってください。

コンタクトレンズをつけたまま行うと、眼球を傷つけ、コンタクトレンズを落としてしまうかもしれません。

高速で瞬きをしてしまうと、目が疲れてしまい、逆効果です。

目をゆっくり開け閉めしてください。

ホットタオルを作る時、エッセンシャルオイルを垂らすと、リラックス効果があります。

良い香りを嗅ぎながら眼精疲労を解消しましょう。

エッセンシャルオイルを使用する方は、パッチテストをしてからご使用ください。

エッセンシャルオイルが肌に合わない方や、敏感肌の方は、目に当たる面は避け、香り付け程度に垂らすか、ご使用を控えてください。

目の周りはとてもデリケートなので慎重に行いましょう。

ドライアイを改善するトレーニング方法で、いつまでも輝く瞳を失わないでください。

doraiai2

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ