エアコンの自動運転で電気代が安くなる。弱運転より自動運転がいいぞ!




eakon4

昔はエアコンは冷房より除湿の方が電気代安いと言われてきましたが、ここ10数年位製造のものは冷房のほうが安いとか。

家に数台エアコンがあったら夏の電気代が数万円になるって言う時代は過ぎ去ったのかもしれません。

うちの息子が一時家電量販店に務めていまして、その時にエアコンは自動運転させておいたほうが電気代が安いよ。自分であれこれ考えて弱運転とかを選ぶよりエアコン任せの自動運転にしとき。って言われました。

へーと思いながら、それからずっと自動運転です、暑い時はマイナス1度にしたり寒い時は+1度にしたり・・・って言うくらい。

なるほどエアコンの自動運転は賢くて、電気代もほぼきにならないやすいように思います。

もう中の掃除も何もかもエアコン任せの時代が来ましたね~。

【スポンサードリンク】

エアコンで一番気になる電気代!そんな電気代と自動運転の関係

猛暑・厳冬そんな時には絶対に欠かせなくなった家電となったエアコン。

しかもエアコンのネックとも言えるのが電気代の高さです。

省エネエアコンも増えてきましたが、それでもまだまだ気になる電気代。

そこで注目するのが自動運転。自動の可能性を探ります。

エアコンにおける自動運転の役割

まずはエアコンの自動運転について、ざっと説明をしますと、自動という名前の通りエアコン側が室内の温度などを測定して、適切と思われる強さを判断して、運転してくれる機能です。

このようにエアコン内部に温度センサーがあって、それが自動運転に活かされています。

eakonn6

近年のエアコンの電気代

近年のエアコンは省エネ化が進み、昔と比べるとかなり電気代が安くなったと言われています。

この画像にあるように、「◯年前のエアコンと比較すると~」と、エアコンの宣伝ではよく言われています。

実際安くなっているとは思うのですが、しかしやはり夏場や冬場にずっとエアコンをつけっぱなしていると、普段の月と比べて電気代がかなり高くなります。

実際にこんなデータも出ていて、いかにエアコンが電気代を高くしているかがよくわかります。

これだけ電気代のかかるエアコン、少しでも電気代を安くしたいのが人情ですよね。そこで生きてくるのが「自動」なんです。

eakon3

【スポンサードリンク】

一体エアコンの自動運転の何がいいのか?

さて、エアコンの自動運転のモードですが、一体何がいいのでしょうか?最初に書いたとおり、温度センサーで温度を感知し、適切な温度にするよう、運転してくれるモードなのですが、電気代とは関係ないのではないのか?

エアコンには自動の他に弱中強のモードが有りますが、どれが一番電気代がやすいと思いますか?

やっぱり弱?

いえいえ一番安いのは「自動」なんです。電気代を抑えるには自動が一番いいのです

一体何故エアコンは自動が一番安くなるのか?

ここでは何故一番自動が安くなるのかをご説明します。

外から帰ってきて「はー暑い(寒い)」とエアコンをON.

しかし、節電のためと「弱」にしてしまっては逆効果。

エアコンは徐々に部屋を涼しくするのではなく、いっきに冷やしてくる特性があります。なのでエアコンを入れて最初が一番電気代がかかるのです。

いっきに冷やした後は、その温度を保つために微風になるのがエアコンです。最初と微風状態の1時間では倍以上の電気代になります。

これがエアコンの特性なわけですが、電気代を下げるには、最初にいっきに冷やして以降は微風状態を保つことが大切なんです。

しかし、最初から弱だとなかなか冷えず、不要に電気代が高くなってしまいます。逆に強だと冷えた後の電気代が高くなってしまうわけです。

eakon2

これが自動運転では最初の一気に下げる・上げるの後は、微風状態を保つ、ということを勝手に行ってくれているわけです。

変に弱だ強だといじるよりも、自動に任せてしまえば、エアコンをまさに自動的に理想の状態へを持って行ってくれるわけです。

ただ、フィルターの掃除はまめに行ってくださいね。

部屋の空気を撹拌するサーキュレーターの使用も有効です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ