電子マネーとは?今さら聞けない電子マネーを教えちゃう!




densimane-3

【スポンサードリンク】

最近、駅の改札を通るとき切符を買わずに通る人、増えましたよね。

スーパーやコンビニのレジでも、小銭をジャラジャラと出さずにカードをかざしている人、結構見かけます。

実は今、日本は電子マネー時代へと突入しつつあるんです。

電子マネーとは一体どういうもの?

そもそも、電子のお金だなんてなくなったりしないの?

小さなそのカードにどうすればお金を入れれるの?

使いなれた人には今更聞けない電子マネーのアレコレ……。ちょっと気になりますよね?

実は筆者も何種類かの電子マネーを使い分けていますが、その実イマイチよくわかっていなかったりします。

というわけで、「電子マネーとは?」ということで色々調べていました。

種類や使い方、そして電子マネーならではのお得情報も見つけてきたので、みなさんにもお教えしますね!

【スポンサードリンク】

電子マネーの種類

まずは巷に出回っている電子マネーの種類をご紹介しますね。

「電子マネーって?」と首をかしげている方も、これらの種類を見ればきっと「ああ!」と思わず膝を打つと思います。

電子マネーの種類

  • 交通系
  • 流通系
  • クレジットカード系
  • 電子マネー発行会社系

【交通系】

JR東日本の「Suica(スイカ)」JR西日本の「ICOCA(イコカ)」などが有名どころだと思いますが、実は日本全国様々なご当地カードが発行されています。

北は北海道の「Kitaca(キタカ)」から南は九州の「SUGOCA(スゴカ)」まで。

しかも、これらの交通系カード、今は相互利用が可能だそうです。(筆者が「PiTaPa(ピタパ、関西私鉄系)」を使い始めたころは、JRすら乗れなかったのに……)

それだけ鉄道各社が電子マネーに力を入れているということですね。

【流通系】

セブン&アイグループが発行している「nanaco(ナナコ)」とイオングループが発行している「WAON(ワオン)」があります。

グループ会社の店舗立地的に、東日本は「nanaco」が、西日本は「WAON」の利用者が多いような気がします。

【クレジットカード系】

NTTドコモが発行している「ID(アイディー)」やJCBが発行する「QUICPay(クイックペイ)」、あと最近話題になっているKDDI発行の「au WALLET(エーユーウォレット)」などがありますね。

「ID」はマクドナルドとの提携で少し知名度が上がったような気もしますが、やはりまだまだ敷居が高いイメージです。

【電子マネー発行会社系】

おそらく知名度ではNO.1と思われる電子マネーが「Edy(エディ)」です。

2012年にソニーから楽天に移動して、現在では「楽天Edy(らくてんエディ)」という名称に変更していますが実はこの「Edy」が、電子マネー第一号なのです。

ソニーが開発したICチップ「FeliCa(フェリカ)」。この「FeliCa」を搭載した日本で最初の電子マネーが、ソニー系列のビットワレットが発行した「Edy」です。

何となく名前だけは聞いたことがある、と思う人もいらっしゃるでしょう。

尚、電子マネーの元祖ともいえるこの「楽天Edy」、発行総数や利用できる加盟店舗は他社の電子マネーに比べて格段に多いのですが、なぜか利用者数はそこまで多くないという不思議な現象が起きています。

電子マネーの使い方

では、具体的に電子マネーの使い方を見ていきましょう。

基本的には、電子マネーのカード(もしくはそれに代わるもの)にお金をデータ化して入金して使います。

(※カードにお金を入れることを「チャージ」と呼びます)

電子マネーにお金を入れる方法二種

  • プリペイド型
  • ポストペイ型

【プリペイド型】

先にチャージありき。ある程度カード等にお金をチャージして、そこから引き算方式で使います。カード等の中にお金がなくなるとチャージしなければ使用不可。

交通系の「PiTaPa」以外全てと流通系の「nanaco」「WAON」、クレジットカード系の「auWALLET」楽天Edy」がこのタイプ。

チャージ不足になると使用できなくなるので、現金派の人に向いてますね。

【ポストペイ型】

チャージは後払い方式。つまり、使ったら使った分だけあとで口座からの引き落としとなります。チャージ不要で使用できる利便性の高い電子マネー。

交通系の「PiTaPa」とクレジットカード系の「ID」「QUICPay」などがこちら。

後払い方式なので、チャージの手間がなくてとても便利なのですが、ついつい使いすぎてしまうという欠点も。

こちらはどちらかというとクレジットカード派の人向けです。

プリペイド型でも便利に使えるオートチャージ機能

上記のように比べると、プリペイド型は少し不便なように感じますよね。

毎回チャージするのもめんどくさいし、レジで残高が足りない場合は結局現金を出さなければなりません。

そのため、「楽天Edy」「WAON」「Suica」「PASMO(パスモ、関東私鉄系)」などではオートチャージ機能というものがつけられるようになっています。

これは、電子マネー内の残高が一定以下になると、自動的に一定金額とチャージしてくれるというすぐれもの。

これなら残高を気にせず電子マネーを使えて便利ですが、このオートチャージ機能には基本的にそれぞれの会社が指定するクレジットカードが必要になります。

クレジットカードからチャージをするという方法なので、どちらかというとポストペイ型に近い存在になりますね。

電子マネーのいいところとは

さて。このように多種多様な電子マネーですが、なぜ今日本で急速に普及されることになったのでしょうか。

その背景には二つの「理由」がありました。

電子マネーが広まった二つの理由

  • 手軽さ
  • お得感

【手軽さ】

電子マネーが広まった理由は、何よりもまずはその「手軽さ」にあります。

最初に多くの利用者を獲得できたのは交通系の「Suica」ですが、これは一体なぜなのでしょう。

電車をのるときに切符を買って改札を通って電車に乗る――。この動きの中で「切符を買う」という行動が省略されたらどうでしょう。

特に電車に乗るときは急いでいることも多いですし、無駄な動きはできるだけ避けたいですよね。

また、通常の定期券と違い、ICチップが組み込まれた電子マネーカードはタッチするだけで改札を通ることが可能です。

これは、実際に経験すると感じると思いますが、本当に手軽で便利なんです。

筆者も今ではすっかり「PiTaPa」ユーザーですが、電車もバスもかざすだけで乗り降りできるこのカードは、外出時には本当に手放せません。

【お得感】

交通系が「手軽さ」で利用者を獲得したのに対して、それ以外、特に流通系は「お得感」で多くの利用者を獲得しています。

レジで小銭を出す手間をなくした「手軽さ」ももちろん重要ですが、それだけでは家計を預かる主婦層を取り込むことは難しいと考えた流通系は、電子マネーならではのポイント制度を確立しました。

つまり、購入金額のうちいくらかをポイントバックするという方法で『現金<電子マネー』という図式を作りあげたのです。

例えば、「nanaco」なら100円で1ポイント、「WAON」なら200円で1ポイントの還元があります。

また、それぞれ対象商品を買うと特定のポイントが加算されたり、ポイント倍付の特定日を設けたり電子マネーを持っているからこその優待を積極的に行うことにより利用者の獲得に成功しています。

普段よく使うお店がこのようにお得な電子マネーを扱っているとなったら、「一枚ぐらい持っておこうかな」と思ってしまいますよね。

ちなみに筆者は生活圏内にイオンモールがあるので、もれなく「WAON」ユーザーです。「WAON」はイオンクレジットからのオートチャージ機能もついているので本当に便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

今更人には聞けない電子マネーのアレコレ、解決しましたか?

そう言えば、この秋登場するiPhone7にはなんと「フェリカ」が搭載されるそうですね。フェリカが搭載されるということは、おサイフケータイが使用可能になる可能性が高いということです。

まだはっきりと公言されていないようですが、交通系の「Suica」がiPhoneで使えるとか……?!

日本人のおよそ六割はiPhoneユーザーとのことなので、この新機種導入はこれからより一層電子マネー社会が発展するという予兆かもしれませんね。

使い方によってはとってもお得で便利な電子マネー。日々の生活に合わせて効率よく利用していきたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ