エルニーニョ現象とは わかりやすく教えちゃいます。夏の冷夏の原因が・・・・




b5b48e9e49ae957f0f489064d2a89c82_s

エルニーニョ現象って聞いたことはありますか?聞いたことはあるけれども、わかりやすく説明できる人、あまりいないのではないでしょうか。

エルニーニョ現象って一体なに?夏の冷夏が関係してるって本当?冷夏ってどんな状態?

そんな疑問にわかりやすく答えます。

今回は『エルニーニョ現象とは わかりやすく教えちゃいます。夏の冷夏の原因が・・・・』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

エルニーニョ現象とは

南米ペルーとエクアドルの沖合の広い海域の海面の水温が上昇する現象です

  • エルニーニョ現象って?
  • エルニーニョ現象の発生機序
  • エルニーニョ現象と南方振動

【エルニーニョ現象って?】

太平洋東部の赤道付近、ペルー沖の海面水温が平年よりも高くなる現象です。ペルーとエクアドルの沖合から西の日付変更線にかけた広い範囲の海域で起こります。

だいたい4~5年に一度の頻度で発生し、海面水温は平年より1~2度、または2~5度も高くなります。期間は半年から1年にもおよびます。

逆に海面水温が平年より低くなる現象をラニーニャ現象といいます

【エルニーニョ現象の発生機序】

太平洋では貿易風が吹いており、これによって赤道上で暖められた海水が太平洋の西側に寄せられます。これは赤道海流の動きによるものです。

一方、太平洋の東側には湧昇流と呼ばれる冷たい海水が湧きあがっています。

エルニーニョが発生すると何らかの原因で赤道海流の動きが弱まり、それに付随するように貿易風が弱まっていきます暖められた海水が太平洋の中央部や太平洋の東側であるペルー沖に滞留することになります。

そうなると通常は冷たいはずのペルー沖の海面水温が暖められたものに変わってしまうというわけです。

エルニーニョ現象が発生している時は、積乱雲が発生しやすい海域が通常時よりも東側へ移動します。

そして、世界各地で連動するように気候が通常時より変化していきます

【エルニーニョ現象と南方振動】

南方振動と呼ばれる海面の気圧の変動と密接に関係しています

太平洋の東側で海面水温が上昇した時、太平洋の西側であるインドネシアのあたりでは海面水温は下降します。

一方、太平洋の東側の海面水温が下降した時には、太平洋の西側の海面水温は上昇します。

このようにシーソー状に状態が変動する現象を南方振動と言います。

【スポンサードリンク】

エルニーニョ現象と日本の関係って?

夏は冷夏、冬は暖冬となる傾向があります

  • 日本が受ける影響は?
  • エルニーニョ現象発生時の日本の気候
  • 冷夏による影響

【日本が受ける影響は?】

エルニーニョ現象が発生した時、世界中の気候が不安定に変化します。そのため、 世界中は干ばつや洪水、気温が不安定などの異常気象が発生しやすくなるといわれています。

日本においても例外ではなく、日本列島は暖かく湿った空気に包まれ、低温・多雨になりやすいとされます。

エルニーニョ現象の直接的な影響を受けるのは太平洋の赤道付近であり、 日本のような中緯度や高緯度の太平洋以外の赤道付近においては必ずしもはっきりとした異常気象が出現するわけではありません

そのため、エルニーニョだから冷夏、または暖冬になるとは限らないようです。

【エルニーニョ現象発生時の日本の気候】

日本の気候は降雨量が増え、日照時間が短くなります。

天気が崩れやすくなり、降雨量が増えることで集中豪雨や土砂崩れなどの自然災害が発生しやすくなります。

また 梅雨入り・梅雨明けの時期が遅くなることで冷夏になる可能性が高くなるのです。

【冷夏による影響】

冷夏になると農作物の生産が不作になりやすく、結果として 価格高騰や品不足といった状態を引きおこします。

また、クーラーなどの暑さ対策の電化製品の売れ行きは落ち、経済情勢にも大きな損害を与えることとなります。

冷夏になった年の冬は西高東低の気圧配置が不安定で寒さも厳しくなり、大雪や寒波をもたらします。

近年では日本の一部の地域でのみ冷夏となる年はあっても、全国的に冷夏となることはほとんどみられなくなりました

この一番の要因は地球温暖化の影響によるものだといわれていますが、ほかにもまだまだ解明されていない要因がたくさんあるそうです。

いかがでしたか?

エルニーニョ現象、なかなか奥が深いものですね。
自然現象とはいえ、世界中にさまざまな影響を与えるなんて驚異を感じます

個人的には夏は涼しい方が楽でいいなと思いますが、 農作物や経済のことを考えると、夏はそれなりに暑く・・・というのが一番過ごしやすいのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ