エスプレッソとは、魅力は?コーヒーとは違う?を解説!




コーヒー好きの人はエスプレッソこそ!っておっしゃる方がいらっしゃいますね。

友達の結婚祝いに希望されてエスプレッソマシンを贈ったことがありますが、独特の抽出法ですよね。
圧縮して絞り出す・・・圧搾って感じがしました。

コーヒー豆のすべてを絞り出したうまみの凝縮されたコーヒー。

それが魅力でしょうか?

他のコーヒーとは全く違いますよね。

エスプレッソとは、成分的にどんな違いがあるのでしょう。

そんな魅力あるエスプレッソを調べましょう。

【スポンサードリンク】

そもそも、エスプレッソとは?

エスプレッソの生まれは何処でしょう?

もしかすると、多くの人が北英・シアトルを思い浮かべるのかもしれません。

その要因は”スターバックスコーヒー”にあると思いますが、実は間違いです。

もともと、エスプレッソの発祥はイタリアです。

その文化は今も色あせることなく、イタリアにあるコーヒー店の売り上げの6割がエスプレッソと言われるほどです。

イタリアで生まれたエスプレッソが北米で普及し、日本にも定着したという流れです。

そもそもエスプレッソはイタリア語

急行・特急という意味の言葉で、抽出時間がドリップコーヒーに比べて格段に速いことが語源とされます。

使用するのは7~8gの新鮮な深煎り極細挽きのコーヒー豆。

それを専用のエスプレッソ・マシーンの蒸気圧を利用して抽出する。

要する時間は16~25秒。

ドリップコーヒーだと少なくとも5分はかかることを考えれば、その抽出スピードをお分かりいただけると思います。

イタリアの粋な男性は、エスプレッソを素早く飲んで、すぐさま仕事場へと向かうのが習慣なのです。

エスプレッソの嗜み方とアレンジメニューの数々

スターバックスを利用する人はご存知かと思いますが、エスプレッソを使ったドリンクはとても豊富です。

うまみとこくをぎゅっと濃縮されているので、甘いシロップと混ぜてもコーヒーの味が消えない。

ここからは『デミタスカップ』と『モーニングカップ』の2つのコーヒーカップに分けて、代表的なアレンジ方法をご紹介しましょう。

デミタスカップ

主にエスプレッソ用に使われる小さなコーヒーカップ。

ソロ/ドッピオ/リストレット

これらはエスプレッソの”単位”ととらえても構いません。

ソロは、約30㏄のエスプレッソ。

ドッピオは、その2倍の豆を使う60㏄。

リストレットは15㏄で最初に抽出される濃い部分のみを楽しむ。

いずれもストレートでくいっと胃に流し込む。

または、ブランシュガーをたっぷりと入れて、大人のデザート感覚で。

小柄な『デミタススプーン』で、ザラメのじゃりじゃりとした感触を楽しみましょう。

マキアート

マキアート=染みついたという名前の通り、エスプレッソの上に『フォームドミルク(上記で粟あてた牛乳)』を載せます。

ストレートのエスプレッソより、味がまろやか。

コンパナ

エスプレッソの上にホイップクリームを載せたデザート的なメニュー。

ホイップクリームの甘さと濃厚さが、エスプレッソの強い苦みと絶妙にマッチします。

【スポンサードリンク】

モーニングカップ

カプチーノなどのミルクと合わせたドリンクに使われます。

8oz(約230㏄)のでっぷりとしたコーヒーカップ。

スターバックスコーヒーでいうところの”ショートサイズ”と同じくらいの量が入ります。

カフェラテ

イタリアでは『カフェラッテ』と表記されることが多いです。

エスプレッソと『スチームミルク’上記で温めた牛乳)』を混ぜ、最後にフォームドミルクを載せる。

エスプレッソに使う豆の質はさることながら、スチームミルク・フォームミルクの出来栄え次第で見た目も味も大きく変わります。

カプチーノ

カフェラテよりも、フォームドミルクが多いのが特徴。

ミルクの甘味とエスプレッソの苦みのバランスがちょうどよく、砂糖を使わなくても飲めます。

上からシナモンパウダーを振りかけるのがポイント。

ちなみに、フォームドミルクが通常より多いカプチーノのことを『ドライカプチーノ』、少ないものを『ウェットカプチーノ』と呼びます。

バリスタが常駐するカフェに訪れた際には、是非試してみてください。

アメリカーノ

アメリカ生まれのアメリカーノは、エスプレッソを『お湯』で割ったもの。

エスプレッソのうまみをそのまま味わえる上に、通常のコーヒーに比べてすっきりと飲みやすいです。

どちらかというと麦茶のような感覚を味わえるので、味の濃いコーヒーが嫌いな人におすすめです。

ちなみに、カフェラテとカフェオレの違いはご存知ですか?

スターバックスコーヒーなどで購入できる『カフェラテ』は、エスプレッソを牛乳で割ったもの。

『カフェオレ』は普通のドリップコーヒーを牛乳で割ったものです。

お店によってはどちらか片方しか販売していない場合があるので、注文する際には気を付けましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ