ガパオの効果・効能はカロリーはどの位!若返り効果があるぞ・・・




gapao1

ガパオ大好きです!だいぶん前になりますが、エスニックブームがあった時、いろんなお店のガパオを食べ歩きました。

でも、その時効果効能とか、カロリーとかは全く考えませんでしたね。

あんな美味しいガパオに良い効果効能があって、もしも・・・・カロリーも控えめ。

とかだったらものすごく嬉しいです。

タイの人って太った人そんなに見たことないので、ものすごくいいものかも?

最近の日本は猛暑続きだから、暑いところの料理を食べるのはとても良い気がします。

効果効能を調べて、よかったら、最近売られているガパオの素とか買いに走らないと。

たしか簡単に作れたはず・・・・。

【スポンサードリンク】

「ガパオ」とはタイ料理の名前ではなく、ハーブの名前です。

日本人の好きなタイ料理のアンケートを取れば、恐らく5位内には入ってくるだろうことが確実と思われる「ガパオ」。

最近では日本でも簡単に「ガパオ」が作れるシーズニング調味料や、レトルト食品も売られるようになり、ますます日本人にとって身近になってきています。

ところで「ガパオ」とは何のことかご存じですか?

多分「ガパオ」をタイ料理の名前と思っている方も居るでしょうが実は「ガパオ」というのはハーブの名前なんです。

gapao2

「シソ」や「三つ葉」や「パセリ」や、タイなら「パクチー」と同じく、主に料理の香りづけなどに使われるハーブの一つなんですね。

ちなみに「ガパオ」は英語では「ホーリーバジル」日本語では「カミメボウキ」と呼ばれるシソ科の植物です。

ということで、日本で認識されている、「ガパオ」は正式には「ガパオ炒め」ということになります。

タイ語で言えば、「バットガパオ」。

タイの食堂で注文する時は、「パッガパオと言ったほうが、通じやすいと思います。

また、「ガパオ炒め」には豚ひき肉入りの「バットガパオムーサップ」や鶏肉入りの「バットガパオガイ」の他にも、イカの入った「バットガパオラームック」やエビの入った「バットガパオクン」、変わったところでは、カエルやきのこ入りもありますので、ぜひお好みの「ガパオ炒め」を見つけてみてください。

【スポンサードリンク】

バジルがポイント!ガパオライスの栄養は?

夏になるとガパオライスのメニューが注目されるのには夏バテにも効く栄養素が含まれているからです。

野菜に含まれる「ビタミンA」「ビタミンC」は体の抵抗力を高めてくれます。

肉に含まれるタンパク質は、しっかりとした身体を作るのに必要な栄養素です。

にんにく・玉ねぎに含まれる「アリシン」はビタミンB1を効率よく摂取するのに必要な栄養素です。

そのビタミンB1は豚肉に含まれるので、ガパオライスで使っているお肉が豚肉だったら更にいいですね。

そしてガパオライスの主役が「カミメボウキ」。

日本でお馴染みのシソが栄養価が高いように、カミメボウキも免疫力向上、新陳代謝促進、風邪の初期症状の抑制、など夏バテを吹き飛ばしてくれる効能がたっぷり。

また、家で作る場合はバジルを代用して作る人が多いようですが、バジルにはβカロテンが多く含まれていて、アンチエイジングの効能もあります。

夏バテを予防できて、奇麗に慣れるなんて、女子に人気があるのが頷けます。

ガパオライス一食分のカロリーは450~550kcal程度

ガパオライス一食分のカロリーは450~550kcal程度です。

丼ものと考えればややカロリーは控えめな気がします。

ご飯の炭水化物、鶏肉と卵のタンパク質をしっかり摂ることができる一方で、野菜が少なめです。

サイドメニューにプチサラダや、野菜スープを添えると、バランスが良くなるでしょう。

カロリーを引き上げる原因となっているのは主食となるご飯です。

炭水化物は体と脳を動かす重要なエネルギー源なので、適度に摂取することが大切です。

もし御飯の量が多いのであれば、その分を野菜に置き換えましょう。

最初にキャベツの千切りや、レタスのサラダなど生野菜をしっかり噛んで食べると、満腹感が早く訪れるため、食べ過ぎを防げます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ