原爆とは、何故作られた?原子爆弾の秘密に迫る。そこには凄い・・・




オバマ大統領も広島を訪れられ、平和を願ったりしたのですが、ほんとうに日本は唯一の核を落とされた国ですので、原爆のひどさを後世に伝える使命があります。

何故あんなひどいものが作られたのか。

原爆何故落とされたのか。

原爆投下の裏にある秘密は何なのか。

むごいだけの戦争と、原爆の恐ろしさ、その裏に隠された秘密など探ります。

内容は過激になりそうです。

【スポンサードリンク】

ブログ「かつて日本は美しかった」湯川秀樹さんの「湯川秀樹と原子爆弾」より

湯川秀樹は語らなかった。

湯川秀樹と言えば、昭和24年(1949年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した理論物理学者です。

大東亜戦争配線間もなくのころ、ノーベル賞受賞は日本国民を勇気づけた、と学校で習った記憶があります。

大東亜戦争当時、ユダヤ研究機関「国際政経学会」の監事をしていた渡部悌治氏(著書「ユダヤは日本に何をしたか」より)

戦時中、日本で一日も早くその完成が待たれていた、マッチ箱一つの大きさで戦艦一つを沈めうると言われていた新兵器は、強でいう原子爆弾のことであった。そして仁科芳雄博士の研究では、実験段階ではすでに完成していた。しかし、その基礎理論が完結を見ないでおり、理研内では研究員たちが手分けして研究に当たっていた。それが一応のまとまりを見たとき、これを一つの学説として発表してはどうかという案も出たが、軍の機密に属することでもあり、早計に外部に漏らしてはならぬという仁科博士の意見で発表は厳禁されていた。ところがそれを、当時理研にいた研究補助員の湯川秀樹が米国に売り渡したのである。米国は終戦後、湯川の功績の論功行賞としてノーベル賞を授与させている。米国の為になったということで褒美がもらえたのだ。まさに国賊である

実は日本でも原子爆弾の研究開発が進められており、海軍は京大の荒勝研究室、陸軍は理化学研究所(仁科芳雄博士)に依頼していました。

湯川秀樹は京大の研究でも理論面で協力していました。

しかし、予算はアメリカのマンハッタン計画に比べると微々たるもので、この研究を知り、原子爆弾の危険性を知った昭和天皇が「人類滅亡の原因が我ら大和民族であってはならない」と研究の禁止を通告していました。

そして最終的には終戦を待たずに研究禁止となっています。

この湯川秀樹の闇にジャーナリストの鬼塚英昭氏が迫っています。

以下、京大の冶金教室の学生だった永田泰次さんの証言。

原爆が投下される3か月前の1945年5月のある日、冶金(やきん)教室の主任教授の西村英雄先生に突然呼び出されました。先生によると、アメリカの学会から秘密裏にニュースが先生に送られきて、当時原爆政策をしていた日本より先にアメリカで成功したというのです。そして、その第一回現地テストを広島で行う予定が決まった。出来るだけ早く両親を疎開させなさいと言うことでした」

「先生に呼び出されたとき、先生の横に原子物理の湯川秀樹教授が座っておられた」

アメリカでは広島・長崎原爆投下の半年前に「原爆使用反対」の声が一部の科学者より出ており、その中心になったのがシカゴ大学の冶金研究所のアーサー・コンプトン所長でした。

シカゴ大学と京大の両冶金研究はスイス辺りを経由して情報交換したという可能性があると言うのです。

そして湯川秀樹はアーサー・コンプトン所長と親しく、戦前の昭和14年(1939年)、シカゴに訪ねています。

【スポンサードリンク】

鬼塚英昭氏は湯川の理論面での原爆研究データがシカゴ大学のコンプトン博士に何らかのルートで流れ、その見返りとして、広島に原爆を落とすというアメリカの極秘情報がコンプトン博士から伝わったと推理しています。

このほか、鬼塚英昭氏は広島の高師付属中学校の化学学級というのは湯川秀樹の進言により設けられたもので、勤労動員をうけることなく、疎開して被爆から逃れることが出来ている、という点を指摘しています。

また、本来、ノーベル賞は仁科芳雄博士と二人で受賞するべきだったものが湯川秀樹一人になっていることも挙げています。

いずれも証言証拠、状況証拠であり、まだ内容が弱い。

確実なことは言えません。

戦後、湯川秀樹は原子爆弾の研究開発に関わったことについては黙し、核兵器廃絶を訴える平和運動に積極的に携わりました。

核兵器廃絶・科学技術の平和利用を訴えたラッセル=アインシュタイン宣言に共同宣言者として名を連ねています。

広島平和公園にある若葉の像の台座。

「まがつぴよ ふたたびここに くるなかれ 平和をいのる 人のみぞここは」(「まがつぴ」とは、災害凶事を起こす神)

この言葉は懺悔なのか、欺瞞なのか、それとも湯川博士は売国行為とは無関係で純粋な心からでたものか・・・

真相は闇の中で終わるのでしょうか?

このお話はあまりにもショックで残酷で、本当に恐ろしいものです。

私はこの話がぜひとも嘘であってほしい、でも他にもいろんな情報が湧き出てきます。

どれを信じればいいのやら、どれも信じてはいけないのか。

判断は皆様にお任せします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ