ジェネリック医薬品は効かない・ジェネリックの効果・効能は同じなの




jenerikku1

薬局で「ジェネリックでいいですか?」って聞かれますね。

いいですよ、って答えて、ジェネリックにしてもらって、効かないってことあるんですよね。

それは先生に言って、戻してもらったりもするんですが、一つ変わった時はわかりますが、数種類ジェネリックになったときなんかは、効いてるかどうか確証が持てないときあるんですよ。

同じ成分ですって言いますが、効かない薬を飲んでお金払って、っていう方が危険な気がします。

効果の確認が本来の薬と違うと聞いたこともあります。

だいたい効果が確定してないものを同じものですよと言って売るというのもどうなのかと思います。

【スポンサードリンク】

今更聞けない、ジェネリック医薬品って何?

新薬を開発した医薬品メーカーには、独占的に販売できる特許期間(20~25年)が与えられています。

ジェネリック医薬品とは、ほかの医薬品メーカーが、その特許期間が終了した後に、国(厚生労働大臣)の承認を得て、新薬と同じ有効成分で効能・効果・用法・容量が原則同じものとして販売したお薬です。

ジェネリック医薬品によっては先進医薬品と効能・用法が異なる場合もあります。

ジェネリック医薬品はなぜ安い?

新薬の開発には、約9~17年ほどかかり、約300億円以上もの莫大なコストがかかります。

ジェネリック医薬品は、すでに有効性や安全性が確立されている有効成分を使用するため、研究開発費用を約1億円に抑えられ、約3~5年という短い期間で開発が可能となります。

そのため、ジェネリック医薬品は、開発コストが抑えられている分、お薬の値段を新薬より安く設定することが出来ます。

【スポンサードリンク】

教えて!ジェネリック医薬品って本当に同じなの?

1、お薬の効果、有効性、安全性は同じ

新薬と、有効成分が同じで、効果、有効性や安全性について違いはありません。

又、国(厚生労働省)の厳しい審査を経て、新薬と同じ効き目・安全性・品質であることが証明されてから初めて、販売することが認められています。

ただ、お薬によっては、先発医薬品の効能・効果の一部がないものがあります。

理由としては、「先発医薬品に新しい効能・効果が追加され、再審査期間が設けられている」または「用途に対して特許がある」などが考えられます。

※特許出願後、およそ20年の特許期間があります。

2.お薬の添加物が違う?

お薬の色、味、形状、添加物、などにおいて新薬と違う場合があります。

理由としては、別の医薬品メーカーが特許を持っており、同じものが利用できなかったり、飲みやすくするための工夫をしている場合や、安定性をよくするために変更していること等が挙げられます。

※お薬は、基本的に長期で保管するため、温度や湿度などの環境の影響の中で、お薬の品質を保つことが出来るかどうかの安定性が重要になります。

お子さんが飲まれる粉薬などは、より飲みやすいように味を変え、甘味が調整されている場合もあります。

しかし、この場合も、国(厚生労働省)によって、安全性が確認された添加剤が使用され、新薬(先発医薬品)と同じ効き目・安全性・品質であることが、証明されてから販売が認められています。

4.調剤薬局でジェネリック医薬品に変更できる?

突然処方箋に記載されているお薬の名前が、いつもと違うお薬の名前になっていることに気づき、戸惑ったことがある方がいるかもしれません。

これはお薬の名前の表記が商品名ではなく、「成分の名前=一般名」に変更されている可能性があります。

この場合は患者さんとの相談の上、調剤薬局の薬剤師の判断で、その成分に相当するジェネリック医薬品を選び、お渡しできるようになっています。

また、ジェネリック医薬品の名称の起債で、「変更不可」となっていない場合も同様に、調剤薬局で変更することができます。

5.ジェネリックに変更するとどれくらいの費用の差が出る?

高血圧のお薬(1日1回1錠、30日間服用)での1年間

お薬の価格は、種類によって全く違ってきます。

1錠、数円のものから千円以上するものなどがあります。

また、医療保険のご自分が負担する金額の割合によっても、安くなるという実感が変わってきます。

一概にはどれぐらいの費用の差が出るかは言えないのですが、長期で服用しているお薬は、1年のスパンで考えるとだいぶ金額に差が出てきます。

2つのお薬を参考に記載しておきます。

先発品  1錠54.50円  30日間で1.635円

後発品  1錠12.80円  30日間で 384円

(1割負担)  1.502円の差

(2割負担)  3.003円の差

(3割負担)  4.504円の差

前立腺のお薬(1日1回1錠、30日間服用)での1年間

先発品  1錠910.4円  30日間で27.312円

後発品  1錠398.10円  30日間で11.943円

30日間で15.369円の差、1年間で184.428円の差

(1割負担)  18.443円の差

(2割負担)  36.886円の差

(3割負担)  55.329円の差

金額の差は、先発医薬品の価格、ジェネリック医薬品の価格、保険の負担割合、処方期間などによっても多く変わってきます。

また、ジェネリック医薬品の中でも価格が違うものがあります。

そのため、実際にご自分が飲まれているお薬が変更でどれぐらい安くなるかは、薬局に相談するようにしましょう。

jenerikku2

6.希望のジェネリック医薬品があるのだけれど・・

たまに、ジェネリック医薬品の中でも、「指定のメーカーが良い」、また、「より安いものが良い」とご希望される患者さんもいらっしゃいます。

ただ、必ずしも薬局にご希望のジェネリック医薬品があるとは限らないので注意が必要です。

薬局の取引先の状況や流通状況、薬局が品質の良いジェネリック医薬品を選出しておいてあるなどの様々な理由で、在庫を置いてない場合が多くあります。

そのため、希望のジェネリック医薬品がある場合は、事前に薬局に相談するようにしましょう。

7.ジェネリック医薬品委変更後の注意事項

患者さんの体質によっては、添加剤の違いにより、アレルギー反応などの副作用を引き起こすことがまれにあります。

これは、ジェネリック医薬品に限らず、新薬であっても同様に起こりうることです。

もし、体調に変化がみられた場合は、直ぐにかかりつけの病院を受診しましょう。

また、変更したところ、今まで得られていたお薬の効果が得られなくなったという場合、ジェネリック医薬品への不安感による心理的要因も考えられます。

また、お薬そのものに問題がある可能性も完全に否定はできません。

そのような場合は、かかりつけの医師、薬剤師に相談してみましょう。

jenerikku3

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ