月曜日に【心筋梗塞や脳卒中】になりやすいって本当なの?




1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

日本人の死亡原因の上位を占める心筋梗塞脳卒中。みなさんの周りにもこの病気にかかったことがある人もいるかと思います。

心筋梗塞脳卒中は突然わたしたちの身に降りかかることがあります。一体どういう時になりやすいかご存知でしょうか?

なんと、月曜日心筋梗塞脳卒中になりやすいという話があるようです。本当に月曜日になりやすいの?また、なぜ月曜日になるのでしょうか?

今回は、『月曜日に【心筋梗塞や脳卒中】になりやすいって本当なの?』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

心筋梗塞って?

素早い治療をしないと死に至る怖い病気です。

  • 心筋梗塞とは?
  • 心筋梗塞の原因って?
  • 心筋梗塞の症状は?

【心筋梗塞とは?】

心筋梗塞とは、心臓麻痺や心臓発作とも呼ばれます。冠動脈血管に塞栓や狭窄などが起き、血流が下がることで心筋に血液が流れなくなる状態です。

心筋梗塞になると心筋が虚血状態になり、壊死してしまいます。ちなみに壊死するまでの状態を狭心症と言います。

【心筋梗塞の原因って?】

冠動脈の動脈硬化が心筋梗塞や狭心症を引き起こします。
動脈硬化になった血管の壁はとてももろい状態にあり、壁がはがれて血管が詰まってしまうことがあります。

血管が詰まってしまうと血液が流れないわけで、血液が行き届かない心臓は酸素や栄養不足となり、壊死状態に陥ります

また、原因である動脈硬化は高血圧、脂質異常症、ストレス、食事、喫煙、生活習慣の乱れなどによって起こります。

【心筋梗塞の症状は?】

突然胸を激痛が襲います
呼吸苦、苦悶感、顔面蒼白、冷や汗、徐脈、血圧低下、吐き気などの症状が出ます。

脳卒中って?

脳血管障害とも呼ばれ、様々なタイプがあります。

  • 脳卒中とは?
  • 脳卒中の原因は?
  • 脳卒中の症状は?

【脳卒中とは?】

脳の血管が詰まる『脳梗塞』と血管が破れる『脳出血』に分けられます

脳梗塞とは

脳の血管に塞栓や狭窄が起きる状態です。

動脈硬化によって血管が詰まった状態を『アテローム性血栓性梗塞』、脳の細い血管が詰まった状態を『ラクナ梗塞』と言います。

これらは『脳血栓症』と呼ばれるものです。

脳の血管に心臓からできた血液の塊が詰まり、塞がった状態を『心原性脳塞栓症(脳塞栓症)と言います。

脳出血とは?

脳の中の細い血管が破れた状態を『脳内出血(脳出血)と言います。

脳の表面の動脈にこぶができ、クモ膜の下に破裂した状態を『くも膜下出血』と言います。

【脳卒中の原因は?】

脳梗塞の最大の原因は、動脈硬化です。

脳出血においては高血圧、クモ膜下出血では脳動脈瘤(こぶのようなもの)が原因となります。

【脳卒中の症状は?】

脳梗塞、脳出血ともにダメージを受けた部位によって様々な症状が出ます。
起きる症状としては運動障害(片麻痺)、言語障害、感覚障害、高次脳機能障害、意識障害などがあげられます。

脳出血は発症時に頭痛や嘔吐が起きることがあります。クモ膜下出血に至っては猛烈な頭痛と吐き気、嘔吐が起き意識障害を起こすなどし、命にかかわる症状が特徴です。

【スポンサードリンク】

心筋梗塞や脳卒中、どんな時になりやすいの?

要注意な時間帯、そして曜日があるのです。

  • 起きやすい時間帯って?
  • 起きやすい曜日って?
  • 心筋梗塞や脳卒中を防ぐために

【起きやすい時間帯って?】

急激な温度変化が引き金となる時があります。
早朝、深夜、冬の寒い日は要注意です。

冬場に部屋と浴室の温度差があるのはよくない、と言われているのはこのような理由からきています。

【起きやすい曜日って?】

研究によると、>発症が最も少ない曜日は日曜日で、最も多いのは月曜日なんだそうです。
どうしてなのでしょうか?

サザエさん症候群、なんて言葉があるように、週末にリラックスした心身は週明けの仕事に向けて仕事モードに切り替わっていきます

その際に血圧の変動があることで循環器系の疾患を引き起こすのではないか、と言われています。
ストレスがとても関係しているわけですね。

【心筋梗塞や脳卒中を防ぐために】

日曜日は無理せずゆっくりと過ごし、リラックスする時間を持つこと

日曜日は夜更かしせず早めに就寝すること

など、日曜日の夜から気を配っておくことが大事なようです。
できることなら、月曜日の朝イチから重要な任務は避けたほうがよいかもしれません。

いかがでしたか?
身近になりつつある心筋梗塞や脳卒中、月曜日に起きやすいとは知りませんでした。

曜日時間帯にかかわらず、高血圧や不規則な生活を送っている人は要注意なので、常日頃の規則正しい生活を心がけることが必要なのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ