ハゲの原因(予防や対策は・ハゲの原因は遺伝なの?究明した!)




hage2

【スポンサードリンク】

ハゲ」は、日本では嫌がられていますよね。

薄くなってきた男性たちは(最近では女性も)育毛剤を使ったり、いろんな努力をしています。

わが父親もハゲてしまいました。

でもその叔父はもう90歳手前だというのに、黒髪でふさふさ、彼曰く、地肌が柔らかいとハゲない・・・だそうです。

そういえばハゲている人の地肌はピンと張っててかてかしてますよね。

一理あるのだと思います、女性にもハゲる人が増えているそうなので、私は地肌が硬くならないようにマッサージしてます。

父はその父(祖父)が30歳くらいでハゲてしまったので、遺伝だと信じています。

でも遺伝だけでしょうか?

やはり地肌のマッサージなどの予防対策ができる気がします。

あと、地肌や毛根を清潔にするというのも予防対策に含まれていると思います。

毛根が詰まったらやはりハゲても仕方ないように思います。

血行をよくして毛根に栄養が行くようにやはりマッサージとかは対策として有効だと思いますし、洗髪の時にも、地肌をもむだけでよいと聞きました。

遺伝だからと嘆く前に、いろいろ対策を講じてみる必要がありそうです。

他にもいろんなことが出来そうなので調べます。

【スポンサードリンク】

原因を知ることで、対策に繋がります

髪の毛は、衝撃や強い太陽光から頭を守ったり、体温調節の為に生えています。

衝撃や、体温調節のためと聞くと、万人に共通して必要と考えることが出来ますが、なぜハゲてしまう人と、ハゲない人に別れてしまうのでしょう?

もちろん守る価値がなくなったわけでも、見捨てられてしまったわけでもありません。

ハゲる原因がしっかりと存在します。

それでは、髪が抜けてしまう原因を紹介しますのでご覧ください。

不規則な生活習慣はハゲの原因

睡眠不足

髪は寝ている間に育ちます

寝ている時間にダメージを修復するので、睡眠時間が少ないと元気のない髪の毛になってしまいます。

また、頭皮の血行も寝ている間の方がいいので、睡眠時間が短い生活は、薄毛や抜け毛の原因の一つとして挙げられます。

偏った食生活

肉類など高脂肪、高コレステロールの食品を食べることが多いと、皮脂の分泌が過剰になる原因になってしまいます。

そして毛穴に老廃物が詰まりやすくなり、毛根が酸欠状態いなってしましますので、ハゲの原因になります。

髪をそだてる栄養も摂ることが大切なので、毎日バランスの良い食事を心がけましょう。

亜鉛不足

亜鉛は、男性ホルモン(テストステロン)を脱毛物質(ジヒドロテストステロン:DHT)に変換する作用を阻害する働きがあり、髪が成長するために重要な役割を担う成分です。

1日の目安は15㎎ですので、不足しないようにすることが大切。

食事では補いにくい亜鉛ですが、食材の中には多く含まれているものもありますので、積極的に食事に取り入れましょう。

食事で摂取するのが難しい場合は、サプリメントを利用するのも有効です。

タバコ

ニコチンの作用で、毛細血管が収縮してしまいます。

血流が悪くなり、栄養が毛根まで届かなくなってしまうので、抜け毛が増えたり、発毛がうまくいかなくなります。

ストレス

ストレスは血行が悪くなりますのでよくありません。

現代社会において、ストレスをなくすのは難しいと思いますが、趣味を見つけたり、こまめに楽しむ時間を作るなどして、ストレスをため込まないようにしましょう。

遺伝、ホルモンバランスがハゲの原因

遺伝

ハゲは遺伝すると聞いたことがある方も多いと思います。

確かに遺伝の影響は大きいようですが、必ず遺伝するわけではありません。

「ハゲやすい体質」が遺伝するので、早めに対策することで、進行を遅らせたり、発毛を促進できます。

遺伝以外の原因でハゲが進行しているのに、「遺伝だから仕方ない!」といって予防や対策をしないでいると、取り返しのつかないことにもなりかねませんので気を付けましょう。

両親の髪がフサフサしていても自分はハゲてしまったり、両親がハゲていても自分には薄毛の兆候が無かったりと、人によって症状が現れるかどうかは様々です。

隔世遺伝(かくせいいでん)するケースも多いので、何世代かさかのぼってみないと判断がつきにくいと考えられています。

また、母方の家系にハゲている人が居る場合は、自分もハゲてしまう可能性が高いとも言われており、遺伝によって将来自分がハゲるかどうかの判断は困難なのです。

家族や親戚にハゲている人が居る場合は、リスクを減らすためにも早めの対策を心がけた方がいいかもしれませんね。

男性ホルモンの影響

髪の毛は、その部位によって影響を受けているホルモンが違います。

そのため男性と女性ではハゲ方が違います。

生え際の後退や、頭頂部(つむじ)が薄くなるのは男性ホルモンが関係している可能性が高いです。

女性は男性ホルモンの影響を受けにくいので頭全体が薄くなる傾向にあるようです。

毛深い人はハゲるという言葉があるように、男性ホルモンが多いと、それだけハゲる可能性が高くなると考えられています。(正確には男性ホルモンが多くても、必ずハゲるわけではありません。)

AGAは、男性ホルモンが関係しています。

ハゲに悩む方なら、誰もが知っているAGA,ハゲ方にもよりますが、ハゲてしまう原因の多くは、このAGAです。

特に若くから髪が薄くなる若ハゲの場合は、まずAGAであると考えていいでしょう。

髪や頭皮へのダメージもハゲの原因

毎日のケアの方法によって頭皮へのダメージが積み重なり、抜け毛や薄毛の原因になる可能性があります。

ヘアスタイル

いつも同じところで分け目を作ると、地肌が見える頭皮は、紫外線などの刺激を受けやすくなります。

また、髪の毛を無理に引っ張ったり、いつも同じ縛り方をするようなヘアスタイルは、毛根に負担がかかりますので、抜け毛の原因となります。

hage4

直ぐに薄毛になるわけではありませんし、ヘアスタイルを変えることで改善しますので、原因としてはそれほど大きな問題ではないと言えます。

刺激が強いシャンプー

最近では頭皮にやさしいシャンプーが増えてきたようですが、それでも市販されているシャンプーの中には香りやつやを出すために、頭皮への刺激が強い成分や、泡が多く出るような成分が含まれていることが多いようです。

根本的な原因とは言えませんが、長く続けると抜け毛の原因になってしまいます。

髪を洗いすぎる

1日に何度も洗髪すると、頭皮が清潔になる感じがしますが、理想は1日1回夜だけと言われています。

皮脂を取り過ぎると、ばい菌の侵入を抑制するために皮脂の過剰分泌を招く恐れがあります。

刺激の与えすぎ

かつては育毛と言えばブラシで頭をトントン刺激して血行を良くすることが大切と言われていた時代もありました。

しかし、最近ではブラシで頭をたたいてもあまり効果がないと考えられているのです。

hage1

それどころか、最近では逆効果という説が有力です。

頭皮が物理的な刺激を受けると皮膚を修復する際に分裂・増殖した表皮細胞がフケとなって蓄積されてしまいます。

爪を立てた洗髪がダメと言われるのもこのような理由があるからです。

マッサージなど緩やかな刺激はプラスになりますが、頭皮を傷つけるような強い刺激は辞めた方がよいでしょう。

髪を乾かさずに放置

洗髪のあとに髪を乾かさないと、湿気によって頭皮に微生物や菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

繁殖する微生物や菌の種類によっては、皮脂腺に入り込んで毛髪の栄養分を食べてしまうと言われていますので、抜け毛の原因にもなると考えることができます。

フケや、頭皮のカユミの原因になることもありますので、よく乾かしてしっかりと水分を取りましょう。

また、髪が濡れた状態は「キューティクル」がめくれあがっていますので、髪が痛みやすい状態と言えます。

特に、濡れたまま寝てしまうと、髪を枕と頭で圧迫してしまいますので、擦れ合った髪のキューティクルがはがれてしまい、髪が痛んでしまいます。

帽子を長時間かぶり続ける。

帽子やヘルメットはどうしても頭皮が蒸れやすくなります。

蒸れた状態が長く続くと注意です。

頭皮下に溜まったフケなどの老廃物は時間がたつと、皮脂と混ざり角栓と呼ばれる油のようなものに変わります。

これによって毛穴が詰まり抜け毛の原因になります。

さらに、頭皮が蒸れると、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

また、締め付けがきつい帽子は頭皮が圧迫されて血行が悪くなってしまうと考えられますので長時間かぶるのはよくありません。

帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけないときは、頭皮の為にも時々脱いで換気をしましょう

紫外線に長時間髪や頭皮をさらす

お肌と同じく、紫外線を長時間浴びるのは髪や頭皮によくありません。

紫外線自体はビタミンDを合成するのに必要という一面もあるので悪いものではありませんが、浴び過ぎは禁物。

紫外線によって毛髪のキューティクルが傷つけられて、髪が痛んで切れ毛や枝毛の原因になります。

また、頭皮から分泌された皮脂を酸化させる作用もありますので、毛穴を詰まらせてしまったり、毛根を委縮させるなどの悪影響をあたえてしまいます。

hage3

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ