ハロウィン始まり・由来!【ハロウィンてナニ・日本と海外の意味の違い!】




kabotya

夏の暑さが少し和らぐと、巷にちらほらと現れるかぼちゃのお化け。

今や秋の一大イベントともいえるハロウィンの必須アイテムですね。

でもちょっと待ってください。ハロウィン始まりっていつかご存じですか?

日本ではここ何年かで急速に盛り上がりを見せていますが、そもそもの由来を知ってる人って実は少なかったりしますよね。

筆者的には日本の『秋祭り』と同じようなものなのかな? と思っていたのですが、調べるとどうやら日本の行事なら『大晦日』と『お盆』を足して二で割ったようなものみたいです。

『大晦日』と『お盆』を足して二で割った行事……ハロウィンとは一体どういう行事なのでしょう。

かぼちゃのお化けはなぜ用意するの? 仮装の意味は? 「トリックオアトリート」と叫んだらどうなる?

それでは、ハロウィン由来や意味、そもそもハロウィンってナニなのか、その謎に迫ってみましょう。

【スポンサードリンク】

ハロウィンのはじまり

そもそも、ハロウィンのはじまりは2000年以上も前にさかのぼります。

当時ヨーロッパの大部分を占めていた古代ケルト人が信仰するドルイド教では11月1日から新しい年が始まると考えられており、前日の10月31日は物事が移り変わる時期で、時間と空間があいまいになることにより霊界から死者が訪れると信じられていました。

つまり、『一年の終わり=大晦日』で、なおかつ『霊界から死者が訪れる=お盆』という認識になりますね。

そして、死者とともに魔女や精霊がやってきて生きている人間に悪さをすると考えられていたので、やってくる悪霊たちを驚かせて寄り付かせないようにするために仮面をかぶったり魔女の格好をしたりと仮装をして街を練り歩いたそうです。

これが、ハロウィンの起源であり、仮装のはじまりだったようですね。

かぼちゃのお化けの意味は?

それでは、秋になると町中にあふれるかぼちゃのお化けはどういう意味があるのでしょう。

実はこのお化け、古代ケルト人がお祭りで使っていた時にはかぼちゃではなくかぶで作られていたそうです。

なぜかぶのお化けを用意していたのか。

それは、仮装と同じく大きなかぶに怖い顔を彫って中に火をともし、家の前に飾ることにより悪霊を遠ざける狙いがありました。

そして、ケルト人の一部、アイルランドに住む人々がアメリカに移住したときに、アメリカに大量にあるかぼちゃを見つけてそのインパクトと細工のしやすさに感動して、ハロウィンにかぼちゃを使うようになったといわれています。

なお、このかぼちゃのお化けは『ジャック・オ・ランタン』と呼ばれており、日本語に訳すと「ジャックの提灯」になります。

なぜジャックなのか? これには諸説ありますが、どうやら日本昔話で使われる「太郎」的位置づけにアメリカでの「ジャック」があるそうです。

桃太郎や金太郎など、日本の昔話に出てくる少年はだいたいが「太郎」という名前なので、「ジャック・オ・ランタン」にジャックという名前が入っているのも納得できるような気がしますね。

トリックオアトリート!

ハロウィンと言えば、仮装した子供たちが元気よく叫ぶ言葉「トリック・オア・トリート!」も有名ですよね。

直訳するといたずら(トリック)かおもてなし(トリート)か』となりますが、実際は『お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!』という意味として使われています。

実はこの決まり文句にも歴史が関係しています。

古来のヨーロッパでは11月2日の「死者の日」に、さまよえる霊魂を鎮めるために「ソウルケーキ」と呼ばれる干しブドウ入りのケーキをもらうために村人を訪ね歩く「ソウリング」と呼ばれる習慣があります。

現代の「トリックオアトリート!」はこの古来ヨーロッパの風習である「ソウリング」が元になっているのではないかと言われています。

ちなみに、子供たちに「トリックオアトリート!」と言われたら、お菓子を渡しながら「ハッピーハロウィン!」と答えてあげるのがアメリカでは定番だそうです。

【スポンサードリンク】

日本でハロウィンの知名度が一気に上がった理由とは?

さてここで余談ですが、なぜこんなにも急激にハロウィンは日本で広がり始めたのでしょうか。

筆者が小さい頃、ハロウィンという行事はまったく未知のものでした。

ある程度の年齢になっても、クリスマスに比べるとまだ一部の人が楽しむお祭り、というイメージがなかなか取れなかったように思います。

でも、最近ではすっかりメジャーになっていて、秋のイベントと言えばお月見よりもハロウィンという人のほうが増えているような気がします。

日本でこんなにも急速にハロウィンが認知されるようになった理由とは一体何なのでしょう。

調べてみると興味深い理由が何点か出てきたので、少しだけご紹介しますね。

日本でハロウィンが流行った三つの理由

  • コスプレ文化
  • 幼児教育の国際化
  • 大型テーマパークの存在

【コスプレ文化】

もともと日本はファッションに対する認識が非常に自由です。宗教的な縛りも少ないため、学校指定の制服がある学生ですら、決められたルールの中で自分らしい着こなしを楽しむ人は多いように感じます。

また、アニメやゲームなどの影響でコスプレに対する抵抗も低い国だと考えられます。

これらの点から、『仮装すること』に対する抵抗が非常に低く、むしろ楽しめる国民性がハロウィンの仮装とマッチングしたのではないかと思われます。

【幼児教育の国際化】

小学校で英語教育が取り入れられることにより、最近では幼児教育にも英語が定着してきました。

それにより、幼い頃から英語圏の文化を知る機会が増え、結果ハロウィンが身近になったと考えられます。

【大型テーマパークの存在】

ここ何年か、東京ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンなど大型のテーマパークでハロウィンイベントが大々的に行われています。

CMでも見かけることが増えましたし、SNSでそのイベントの様子を投稿する人も非常に増えていますね。

大型のテーマパークが率先してハロウィンイベントを行うことにより、ハロウィンの時期ハロウィン=仮装やかぼちゃといったイメージが定着したのではないかと考えられます。

これらのことにより、日本人にとってハロウィンは宗教的な意味合いとしてではなく『仮装して楽しむお祭り』として一気に広まったのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

調べてみると意外と奥が深い「ハロウィン」という行事。

日本でのお盆と似た性質をもつものだと考えるとあまり浮かれてはしゃぐのはどうなのかな? という気もしますが、アメリカでは今でも全力で楽しむお祭りとなっているようです。

「ジャックオランタン」に「トリックオアトリート!」--その背景に思いを馳せることも必要かもしれませんが、ハロウィンそのものを楽しく過ごすのが一番かもしれませんね。

とりあえず今年は、子供たちに「トリックオアトリート!」と叫ばれたら「ハッピーハロウィン!」と返してみてはいかがでしょう?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ