ヘルパンギーナ はうつるの?[症状は、ただの夏風邪なのか?]




herupanngi-na3

私が初めてヘルパンギーナを知ったのは、子どもたちが幼稚園に通っている時でした。

仲の良かった子がヘルパンギーナにかかってしまい、感染源とか症状とか、あまり聞けないまま、お休みになっちゃって。

夏風邪みたいな感じで病院に行ったと思うんだけど・・・・。

どんな風に伝染るんでしょう?

症状は詳しくはどんな感じ?

夏風邪のひどいのみたいよ。とか他のママたちは言ってましたけど。

伝染るの嫌だな~ってとりあえず手洗いとかさせて、様子を見ていた思い出がありますね。

【スポンサードリンク】

夏風邪の代表疾患ヘルパンギーナとは


ヘルパンギーナとは、主に乳幼児や子供を対象として、発症しやすいウイルス感染症で、俗にいう「夏風邪」と呼ばれる疾患です。

季節・時期的な特徴としては毎年6月下旬あたりから、8月中に掛けて流行する特徴を持ちます。

ヘルパンギーナを発症すると、突然高熱を発症するケースが多くあります。

夏場になって突然前触れもなく、高熱を発症するケースでは、ヘルパンギーナを発祥している可能性も検討する必要があるでしょう。

症状としては、口内に水ぶくれ、のどちんこに炎症症状が確認されるようになり、食べ物を摂取する際に、強い痛みを伴うケースが大半です。

herupanngi-na1

ヘルパンギーナの原因ウイルスを知ろう

ヘルパンギーナは前述したとおり、ウイルスを感染源とするウイルス感染症です。

感染原因になる原因ウイルスは「エンテロウイルス」と呼ばれるウイルス群に属するウイルスです。

尚、ヘルパンギーナはエンテロウイルス群の中でも特に「コクサッキーウイルス」が原因となって発症します。

(※ヘルパンギーナの発症原因となるエンテロウイルスはいくつも確認されており、コクサッキーウイルスだけとは限りません)

主なエンテロウイルス群

  • コクサッキーウイルスA群
  • コクサッキーウイルスB群
  • エコーウイルス
  • エンテロウイルス(68型~72型)

ヘルパンギーナの原因であるコクサッキーウイルスとは、ピコルナウイルス科エンテロウイルス属に含まれるで、RNA遺伝子情報を持つ、ウイルスの一種です。

コクサッキーウイルスはA群(CA)・B群(CB)に分類されますが、ヘルパンギーナや同様の夏風邪症状をもたらす「手足口病」などの原因ウイルスは主にA型コクサッキーウイルスです。

ヘルパンギーナはこのようにウイルスを感染源とするウイルス感染症ですから、2次感染についても注意が必要です。

※ヘルパンギーナの原因ウイルスとは?

※コクサッキーウイルスの感染が主な原因です。

【スポンサードリンク】

代表的な症状の特徴は、口内炎や水泡

ヘルパンギーナの主な症状は口腔内を中心に、水泡や強い炎症を発症する点です。

この症状は前述したヘルパンギーナの原因となるコクサッキーウイルスなどのエンテロウイルス群が口腔内の咽や、腸管内で増殖する特徴を持つためです。

※エンテロウイルスのエンテロとは腸管の意味です。

ではここで、ヘルパンギーナの主な症状について確認しておきま作用。

ヘルパンギーナの主な症状

  • 発熱(38度以上雄、時には39度~40度近い高熱を発症するケースも)
  • 口内の口内炎、水泡が破れた後のただれ
  • 咽・口蓋垂の炎症症状
  • 高熱による倦怠感・関節の痛み
  • まれに急激な高熱に伴う熱性痙攣

以上はヘルパンギーナを発祥した際に確認されている主な症状の一覧です。

特に「急激な高熱」と「口内炎や水泡」そして「咽や口蓋垂の炎症症状」はヘルパンギーナの代表的な3つの症状だといえます。

熱は比較的高熱を発症する傾向にある点に関しては、しっかりと把握しておく必要があります。

ヘルパンギーナの独特な症状といえる、口内に発生する水泡は、口腔内の上顎の部分や、咽頭部周辺に多く発症する傾向がある点も症状のポイントと言えます。

尚、水泡は一つだけとは限らず、多数発生するケースも多く、水泡の直径は2ミリ~4ミリ程度の大きさであるのも特徴の一つで、小さい水疱ではありますが、お母さんが目視で十分確認できる大きさです。

※子供にヘルパンギーナの可能性が検討される場合は、口腔内を確認してみると、水泡や口内炎などの独特な症状を確認できるケースもあります。

しかし接触感染・飛沫感染を感染経路とするウイルスでもあるため、直接手で触れたり、マスクをせずに覗きこむことは極力避けましょう。

herupanngi-na2

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ