ヒートショックとは、予防や対策をしないと死亡するぞ!




寒い季節に熱いお風呂……至福のひとときですよね。

寒い脱衣場で服を脱いで、寒い寒いと思いながら浸かる熱い風呂の幸せなこと――と、ちょっと待ってください。

実は、冬のお風呂ってものすっごく危険なこと、ご存じですか?

「ヒートショック」と呼ばれる症状を引き起こす可能性が高いといわれている寒い時期の入浴。

2011年のデータによるとこのヒートショックによって死亡した人数は年間で1万7千人だったそうです。

その年の交通事故で死亡した人数が5000人弱だったので、およそ3倍……それほど多くの人がこのヒートショックとはどういうものなのでしょうか。

年間で1万人以上が亡くなる恐ろしいこの症状を予防するための対策はあるのでしょうか。

それでは、ヒートショックとはどういうものなのか、またヒートショック予防するための対策についてもご紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

ヒートショックとは

ヒートショックとは温度の急激な変化で血圧が上下に大きく変動する等によって起こる健康被害だといわれています。(出典:東京都健康長寿医療センター研究所)

主な症状は「失神」「心筋梗塞」「脳梗塞」などで、多くの場合入浴中に起こるためそのまま溺死してしまう可能性が高いそうです。

入浴中にヒートショックが起こる原因

そもそもなぜ入浴中にヒートショックが起こるのでしょうか。

その謎を探るべく入浴時の血圧変動について簡単に見ていきましょう。

1.寒い脱衣場で服を脱ぐ→毛細血管が収縮→血圧上昇
2.浴槽内で熱い湯に触れる→交感神経が緊張→血圧上昇
3.肩まで一気にお湯につかる→水圧により心臓に負担増→血圧上昇

と、ここまでぐんぐんと上昇し続けていた血圧が、熱いお湯にゆっくりつかることによって

4.浴槽内で体が隅々まで温まる→血管が拡張→血圧急低下
5.浴槽から一気に出る→水圧がなくなる→血圧低下

と、一気に激しく血圧が低下し最後に暖かい浴室から寒い脱衣場に出ることにより……

6.一気に体が冷える→毛細血管が収縮→血圧上昇

という一連の流れによって血圧は激しく上下します。

その結果ヒートショック状態となり様々な症状を引き起こすそうです。

【スポンサードリンク】

ヒートショックを予防するための対策とは

ヒートショックを防ぐ最も確実な方法は、「部屋間の温度差をなくす」ことだそうです。

冬は日中暮らしている居住空間は暖房器具によって心地よい温度に保たれているかとは思いますが、脱衣場および浴室って意外と非常に寒かったりしますよね。

湯船につかれば温まるから、という理由で脱衣場には特に暖房器具を設置せずに入浴している人も多いと思いますが(筆者もそうです)実はこれがヒートショックを引き起こす最も大きな原因だそうです。

それでは、ヒートショックを予防するための主な対策を5点、ご紹介します。

ヒートショックを予防する5つの対策

  • 脱衣場を暖める
  • 浴室を暖める
  • 浴槽につかる前に
  • 浴槽のつかり方
  • 入浴前の準備

【脱衣場を暖める】

まずは居間と脱衣場との温度差をできる限り少なくしましょう。

脱衣場用に小型の暖房器具を置いて入浴前に暖めておくといいでしょう。

【浴室を暖める】

お湯をはるときに水道の蛇口からではなくシャワーで高い位置から行うと浴室全体が暖まるのでおすすめです。

シャワーでのお湯はりが難しい場合は、服を脱ぐ前に浴室の壁に熱めのお湯をかけるだけでもだいぶん冷気が弱まります。

暖房器具で温めている脱衣場との温度差をできる限り少なくすることが大切です。

【浴槽につかる前に】

お湯につかる前には必ずかけ湯をしましょう。

心臓から遠い位置から少しずつぬるめのお湯をかけて、徐々にお湯の温度に体を慣れさせてください。

自宅のお風呂だけでなく、温泉などでも先にかけ湯をするのはとても大切です。

【浴槽のつかり方】

かけ湯で体がほんのりと温まってきたら、ゆっくりと足から順番にお湯につかりましょう。

お湯の温度は低め(40度ぐらいがベストです)で、少し汗ばむぐらいの入浴時間で切り上げるようにします。

また、お湯から出るときはいきなり立ち上がらずにゆっくりと立ち上がるようにしましょう。

【入浴前の準備】

食事は入浴の一時間以上前に済ませておきます。

お酒を飲んでからの入浴も控えましょう。

また脳梗塞などの予防のために、入浴前後にはコップ一杯ずつの水を飲むようにします(入浴によって失われた水分を補給するため)

尚、ヒートショックを起こしやすいのは主に65歳以上の高齢者です。

家族の中に高齢者がいる場合は、一番風呂を避け(一番風呂が最も浴室の温度が低いため)入浴中にはこまめに声掛け(万が一の時にすぐに助けることができる)を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

実は筆者、浴室で一度倒れたことがあります。

原因はおそらく熱めのお湯に肩までしっかりつかり、長風呂をしすぎたためだと思いますが(妊娠中で体調が万全ではなかったという点も関係しているかもしれません)あの時は本当に怖かったです。

今思い返すとあれもヒートショックだったんだな……と納得しました。

当時まだアラサーだった筆者でもヒートショックになることがあるので、まだ若いから大丈夫だと過信せず是非冬のお風呂には気をつけるようにしてくださいね。

また、ご家族の中に年配の方がいらっしゃる場合は、より一層の注意をお願いします。

もう少し続く寒い冬、ヒートショック対策を万全にしてほっこり暖かいお風呂ライフを楽しみましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ