2017年お彼岸とは?時期はいつ、なぜ春と秋にあるのかな?




higann4

【スポンサードリンク】

お彼岸時期的には春と秋ですよね。

春分の日と秋分の日あたりって思ってるんですけど、どうでしたっけ?

いつって聞かれたら即答は出来ないですね。

お彼岸といえばお彼岸団子。

これって地域差があるんですよね?

違ったかな?

お団子も何時からあるんでしょうかね?

お彼岸時期は近所の巨大墓地の周りの道が混みます。

結構皆さんちゃんとお参りしてるんですね。

【スポンサードリンク】

お彼岸とは

彼岸という言葉はサンスクリット語の「パーラミター」を漢字で表した、「到彼岸」の略です。

元々は仏教の用語で、「煩悩に満ちた現世である此岸(しがん)を離れて修行を積むことで煩悩を脱して、悟りの境地に達した世界(彼の岸)に到達する」という意味です。

お彼岸に墓参りをする習慣は日本だけの独特のものです。

お彼岸の中日である春分の日の意味は「自然を称え、生物を慈しむ」、秋分の日が「祖先を敬い、なくなった人々を偲ぶ」という意味を持っています。

その昔西は「西方浄土」と呼ばれ、仏様が居る極楽浄土の世界として、西に向かって念仏すれば必ず往生できると信じられていました。

そのため。

太陽が「真東から昇って真西に沈む」春分

「彼岸」と「此岸」が通じやすくなる秋分。

※「此岸」(しがん(・・・人間が住む世界という意味。

この日をお彼岸とするようになりました。

また、親類が亡くなってから、初めて迎えるお彼岸を「初彼岸(はつひがん)」と言います。

彼岸の時期や期間は

このように彼岸は、春分の日の春彼岸と、秋分の日の秋彼岸があります。

それぞれを中日として前後3日間を合わせた7日間。

これが「お彼岸」と呼ばれる期間となります。

また、お彼岸が始まる日のことを「彼岸の入り・彼岸入り」といい、お彼岸が終わる日のことを「彼岸明け・彼岸の明け」といいます。

今年2016年のお彼岸は次のとおりです。

★春彼岸 

3月17日(木)・・・彼岸入り

3月20日(日)・・・彼岸の中日(春分の日)

3月23日(水)・・・彼岸明け

★秋彼岸

9月19日(月)・・・彼岸入り

9月22日(木)・・・彼岸の中日(秋分の日)

9月25日(日)・・・彼岸明け

彼岸のお供え物や、墓参りで必要な物は何?

この彼岸の時期には仏壇を掃除し、お団子・花等をお供えします。

また、

春にはぼたもち、秋にはおはぎ。

をお供えするのが一般的。

ぼたもちとおはぎは同じものですが、ぼたもちは春のボタンの季節に食べ、おはぎは秋の萩の季節に食べると言うことが由来です。

higann6

higann5

その他には季節の果物やお酒など、お供え物は様々です。

故人の好物を供えるのも良いですね。

また、お墓参りに持っていくものも忘れないように事前に確認しておきましょう。

・数珠

・線香

・ろうそく

・マッチ(ライター)

・お花

・お供え物(お菓子や果物、故人が好きだったものなど)

お墓にはどんなものをお供えしても構いませんが、お参りをした後はお花以外の物は、もちかえるようにしましょう。

日本のお彼岸の歴史

806年(大同元年)日本で初めての彼岸会が行われました。

この時崇道天皇(早良親王)のために諸国の国分寺の僧に命じて「七日金剛般若経を読まわしむ(転読)」と「日本後記」に記述されています。

※転読というのは、経本を一巻一巻正面に広げて、読むことで、普通より効果・ありがたさが増すのです。

崇道天皇という方は、天皇の系譜には載っていません。

桓武天皇の弟、早良親王のことで、日本三大怨霊とされる「平将門」「菅原道真」「崇徳天皇」にも負けない大怨霊の一人です。

崇徳天皇が大怨霊となった経緯

長岡京を造営し、延暦3年(748年)に桓武天皇がまだ造営途中の長岡京への遷都を強行していた頃。

当時は光仁天皇の遺言で、皇太子には桓武天皇の弟、早良親王が立っていました。

しかし、当然の事ながら、桓武天皇としては、息子の安殿(あて)親王(後の平城天皇)に後を継がせたいと思っていました。

親としては当然のことではありますが、悲劇はここから始まります。

そんな折、奇しくも「新都の造営長官が暗殺される」という大事件が起きます。

暗殺されてしまったのは桓武天皇が大切にしていた部下で、藤原種継(ふじわらのたねつぐ)と言います。

名前を見ればわかりますが、当時有名な、かの藤原一族の人です。

犯人探しを始めたところ、有力候補として、名が挙がったのが、当時藤原一族と対立していた大伴一族と、その関係者たち。

そして、大伴一族の背後には、光仁天皇の遺言で皇太子に指名されていた、桓武天皇の弟、早良親王。

今の世の中では許されないことですが、桓武天皇は問答無用で弟の早良親王から皇太子の身分を剥奪、寺へと幽閉してしまいます。

幽閉された早良親王は何を考えたのか無実の訴えのため、「断食」を行い、抗議を始めました。

当然、陥れるための疑いであるため、晴れることはなく、早良親王は淡路島へ流刑になってしまいます。

ところが、無実の訴えからずっと食事をしていなかったため、淡路島へたどり着く前に餓死してしまいます。

その後、桓武天皇は息子の安殿(あて)親王を皇太子にしてしまいます。

しかし、騒動から3年の月日がたったある日。

何が起こったのか?

higann2

延暦7年(788年)、桓武天皇の夫人、藤原旅子が亡くなったことから恐怖が始まります。

すぐその後には妃のうちの1人が、翌年には母、高野新笠が、更にその翌年、延暦9年には皇后と妃の2人が亡くなりました。

そして、ダメ押しのように苦労して皇太子に立てた、息子の安殿(あて)親王まで病気になってしまいます。

こうなるともう、桓武天皇は次は自分かと恐怖におののく日々です。

そんな中にあってか、淡路島の早良親王のお墓の周りに堀をめぐらして、怨霊が外に出ないようにします。

higann1

全く効果は無く、更に運の悪いことに、飢饉・天然痘が都を襲い、桓武天皇は出来上がって間もない長岡京を捨てることになります。

都を捨てたその後

今度は風水・占い・迷信・・・ありとあらゆるものを駆使して、

東方に、青龍=川があり

西方に、白虎=大路があり

南方に、朱雀=池があり

北方に、玄武=山がある

四神、4つの聖獣に守られた、完璧に怨霊を防げる土地に都を遷すこととなります。

そして「長岡京」の代わりとなる都、現在の京都に「平安京」を用意します。

更に怨霊には荒ぶる神をあてがってしまえということで、スサノオノミコトを祀った、4つの「大将軍神社」を都の東西南北に配置し、上御霊神社と下御霊神社に早良親王自身を祀り、鬼門とされる北東には、幸神社(さいのかみやしろ)・上賀茂神社・下鴨神社・貴船神社が奉られました。

そして最後に早良親王の鎮魂を願って「崇道天皇」という追名を送りました。

そして冒頭で書いたように、7日間の昼夜を問わずの読経となり、怨霊問題が解決へとつながります。

これが、彼岸会のはじまりでした。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ