ひな祭りとは由来や意味は?ひな人形や桃の花を飾るのはナゼ?




女の子のお祭り「ひな祭り」ですよね。

私はガラスケースに入ったお内裏様とお雛様、三人官女に右大臣。左大臣が入ったものでしたが。

テレビで見るような7段飾りとかは近所では見たことありませんでしたね。

たぶん、もともと女性の地位が低かったんではないかと思います。

こいのぼりはものすごかったですし。

人形の形っていうのは結構怖いんですが、ひな祭り由来意味を調べると余計怖くなりそうな予感がします。

ひな人形ってしまわれている間絶対に話し合いしてますよ。

由来は平安時代の追儺の儀式。

だと思うんですよね~人型に厄を移して流してしまうとかなんとか。

そんな意味とか由来があったような気がする・・・・

【スポンサードリンク】

ひな祭りの由来は意味!なぜ雛人形や桃の花を飾るのか?

女の子の伝統行事「ひな祭り」の由来や意味!

「ひな祭り」と言えば、ひな人形を飾り、ちらしずしやハマグリのお吸い物を食べて女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。

しかしこのひな祭り、元は今とは少し違う行事だったのをご存知でしょう毛か。

ひな祭りの起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、よりより幕開けを願うための節句が始まりとされています。

また、ひな祭りに欠かせないひな人形も、昔は飾るのではなく川に流されていたと聞いたら、驚くのではないでしょうか?

日本には数多いうの伝統行事がありますが、現代に生きる多くの方はその本当の意味を知らずにいます。

ひな祭りもまたその一つだと思いますが、今回はここで、ひなまつりについて、詳しく知る機会をえてはみませんか?

ひな祭りの由来は

ひな祭りの由来を知るには、2つの話を説明する必要があります。

まず一つ目の話は、「上巳の節句(じょうしのせっく)」につてです。

上巳の節句とは中国から伝わった五節供の一つで、三月上旬の巳の日に、草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の身体を撫でて穢れを移し、それを川に流すことで厄払いや邪気払いを行う風習がありました。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、今でいうところの「おままごと」が流行っていました。

これを「ひいな遊び」というのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流しびな」が誕生しました。

更に江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく、家で飾るように変化していきました。

これが、ひな祭りの由来と言われています。

ひな祭りの意味は?なぜひな祭りをするの?

ひな祭りの元となっている上巳の節句では、特に女の子のための日という概念はなく、男女共通の行事として厄払いや邪気払いが行われていました。

しかし江戸幕府は、それまで日付が変動していた上司の節句を3月3日と定め、さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の人決めたのです。

こうしたことから、ひな祭りとは単なると祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う人変化していき、今のひな祭りとなっていったのです。

【スポンサードリンク】

なぜ、ひな祭りに桃の花や雛人形を飾るの?

ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人型(ひとがた)や流し雛の風習の通り、お雛様に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。

また、厄払いの意味があるので、一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされ、遅くとも2月の中旬くらい前には飾らないといけないと言われているのです。

また、桃の花には元々「魔よけ」や「長寿」のパワーがあるとされていました。

中国では上司の節句には、桃の花を愛で、桃の花をつけたお茶を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気払いを行っており、また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです、

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ