昼寝の効果は?【時間は、体にはいいの】昼寝で感動!!!




hirune3

最近学校や職場でも昼寝を取り入れているところが増えていると聞いています。

昔から短時間の昼寝は効率が上がる効果があると言われていましたが、現実になってきましたね。

が欲しているから眠くなるんだと思うので、きっとにいいんですよ。

眠いですもんね、午後の授業とか。

すっきりして脳がぱっちり目覚める効果とかあると思いますよ。

昼寝と言えばシエスタ、日本でもシエスタ取り入れられるといいですね。

【スポンサードリンク】

知ってましたか?昼寝の効果が体にもたらすとっておきの3つの効果!

昼寝の雑学!海外の昼寝事情!

初めに少しだけ、昼寝事情について説明させていただきます。

ヨーロッパの一部地域では、シエスタという制度が導入されています。

シエスタとは昼休憩を表す言葉になっています。

だいたい、2~3時間くらいの休憩時間が与えられるようで、昼寝をする人も多いようです。

日本でもシエスタを導入している企業もあるようで、作業効率が上がったという企業もあるようです。

しかし、今の日本ではそこまで浸透はしていないようです。

大げさかもしれませんが、日本でシエスタを浸透させることによって、作業効率がUPする企業が増え、日本の景気回復にもつながるかもしれません。

昼寝がもたらす効果

昼寝が良いとよく耳にしますが、それでは一体昼寝がもたらす効果とはどういったものがあると思いますか。

具体的に紹介していきます。

①疲労回復

昼寝をすることで疲労回復すると言われています。

短い時間の昼寝でもだいぶすっきりしたことってないですか。

一説によると、昼寝1時間分は、通常の睡眠3時間分とだいたい同じ効果があるとも言われているようです。

なので、昼寝をする習慣がある人は習慣が無い人と比べ疲れがたまりにくいようです。

②記憶力・集中力アップ

昼寝をすることで、脳の中にある情報が整理されるようです。

受験勉強などで、昼寝をした後に勉強したら脳の中にどんどん記憶されていくって思ったことないですか。

昼寝してから行う勉強は効率的だと言えるでしょう。

実際にアメリカの大学の研究で、昼寝をする・市内のグループに分けてテストを行ったところ、昼寝をするグループの方が点数が高かったという研究結果も出ているようです

③ストレスの軽減

現代では、ブラック企業によるサービス残業などが常態化したり、給料が安かったりと様々な変化により、ストレスが発生しやすい社会となっています

ストレスは精神的にダメージを与えてしまうのと同時に、モチベーションも下げてしまい、ますます悪循環に陥ってしまいます。

昼寝をすることで、気分転換になると同時にストレスの軽減にもつながるようです。

【スポンサードリンク】

効果的な昼寝の仕方

一口に昼寝と言っても寝る補法や時間などによって、だいぶ効果の現れ方にも影響するようです。

では、昼寝をする際、最大限の効果を発揮するための方法を詳しく見ていきましょう。

①昼寝の時の姿勢

hirune1

まず、昼寝の時の姿勢ですが、横になるのではなく、椅子に座るなどして寝る方がよいでしょう。

横になると長時間睡眠をとる可能性があり、夜に寝れなくなってしまう恐れがあります。

そうなると本末転倒なので座って昼寝をしましょう。

また、座って寝るとどうしても、たまに首が痛くなったりすることもあります。

首用の枕やクッションなどを使うと、気持ちよく寝れるでしょう

②昼寝をする時間

昼寝をする時間帯ですが、13時~16時の間で昼寝をするのが良いようです。

夜にしっかり睡眠をとるためにも16時までには起きて行動開始する方がいいようです。

また、13時から15時の間にする作業は、ケアレスミスが起きやすいというデータも出ているようなので、昼寝をした方がいいでしょう。

そして、昼寝をする時間ですがだいたい20分から30分程度の昼寝が良いようです。

多く寝すぎると、ぼーっとしてしまい、起床後もずっと眠たい状況が続いてしまい、起床後の行動に悪影響を及ぼしてしまいます。

③昼寝前のカフェインは控える

昼寝前にコーヒーなどおカフェインが入っているものは控えましょう。

昼寝しようと思ってもなかなか寝ることが出来なくなってしまい、眠気を引きずったまま夕方になってしまう可能性があります。

それを毎日のようにやっていると、カフェイン中毒の状態になってしまう可能性が高く、昼寝したくても結局カフェインを口にしてしまい昼寝が出来なくなってしまいます。

昼寝をしたいと決めたら、カフェインの摂取を控えた方がよいでしょう。

hirune2

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ