フルマラソンの距離が42.195㎞ナゼ?【ロンドン王妃のワガママだった】




marasonn1

学生時代に年に一回全校生徒でのマラソンがあったのですが、あれって却って身体に悪かったんじゃないでしょうか?
普段走ってない子たちも走るって。

男子10キロ、女子5キロ?7キロ?だったのですが、そりゃもう・・・・。

まさかフルマラソン42.195キロは走りませんが、息も絶え絶えになってましたね。

何故42.195キロなんて中途半端な距離になったのでしょう。

だったらもう42キロとか、きっぱりした方がいいですよね。

フルマラソンナゼです。

子供のころ距離を聞いた時から本当に疑問に思ってました。

【スポンサードリンク】

マラソンが42.195㎞になるまで

マラソンの名前の起源は、ギリシアにおけるマラトンの闘いにあると伝えられています。

紀元前490年、マラトンに上陸したペルシャ軍をアテナイ軍が破り、勝報をフェイディピデスという兵士(一説にプロの飛脚)が伝令となってアテナイに伝えました。

彼は城門に至って「我が軍勝てり!」と叫んでこと切れたとか。

marasonn3

その距離は約40㎞だったとのことです。

この故事にちなみ、1986年にアテネで第一回のオリンピックが開催されるにあたり、その目玉レースとして長距離走を実施しました。

その長距離走をクーベルタン(一説にフランスの言語学者で歴史家のミシェル・ブレアル提唱)は「マラソン競走」と名付けました。

では、オリンピックでのマラソンの距離は何㎞なのか?

第1回アテネ大会(1894年)での距離は、36-909㎞、その後再計測され36.75㎞でした。

優勝タイムは2時間58分50秒だったので、もしフルマラソンならあと23~24分はかかっているはず。

サブスリーにも遠い記録でした。

この後、第7回アントワープ大会(1920年)まで、荒孫の距離は、40㎞前後と一定していませんでした。

その中で第4回ロンドン大会が42.195㎞でした。

本来、42㎞で設定していたものが、王女アレキサンドラの「スタートを白の窓から観たい、ゴールは競技場の我がロイヤルボックスの前に」との注文に距離が延び、42.195㎞になったと言います。

marasonn4

のち、第8回パリ大会からマラソンの距離を固定しようということになった時、ロンドン大会での42.195㎞が採用されました。

もし、王女がマラソンに興味を持っていなければ、マラソンは40㎞になっていたかもしれません。

アテネでのマラソンは欧米諸国の陸上ファンに大きな影響を与えました。

各地で40キロメートルほどのレースが行われるようになります。

その一つが今に続くボストンマラソンであり、その第1回大会は1897年のことです。

マラソンはドラマティック・ディスタンス

さて、ロンドン大会で最初にゴールしたピエトリ(イタリア)の記録は、2時間54分46秒。

最初のフルマラソンサブスリーランナーがフルマラソン金メダリスト、と言いたいところですが悲劇が待っていました。

彼はゴール直前にふらふらになり、係員が手を貸したのです。

このために失格となり、ジョン・ヘイズ(米国)が繰り上げ優勝となりました。

タイムは2時間55分19秒。

最初にアテネまで走り絶命したフェイディピデスにせよ、ピエトリにせよ、おそらく脱水症状か熱中症で倒れたのだと思いますが、マラソンのドラマ性はこの競技の因縁と無関係ではないでしょう

そしてこの42.195㎞という距離も。

【スポンサードリンク】

マラソンコース42.195㎞の測り方

しかし、しかしです。

マラソンは本当に42.195㎞なのかというと、本当のところはわかりません。

それはなぜか、陸上競技連盟によるルールブックを覗いてみましょう。

日本陸上競技競技連盟は、組織の運営、協議に関わる多くのルールや手順を2冊の本にまとめて出版しています。

陸上競技に関わるものにとっては、憲法であり法律です。

町のちいさな大会でも、陸上競技協会が主催や主管する大会ならば、開会式で「本大会は平成〇〇年日本陸上競技連盟競技規則に則り」と宣言します。

法律と違うのは、ゴルフと同じで、ローカルルールがあればローカルルールが優先されることでしょうか。

さて、このルールに従うと、マラソンコースはどのように計測されているのでしょうか?

㎞となると844回マラソンについては、ほかの道路を使用する長距離走や競歩の鴻巣計測に含まれ、「長距離走路並びに競歩路後任に関する細則」という規則に規定されています。

これによると「コースは道路の端から30㎝中に入った部分を測る」ということになっています。

S字に屈曲している部分は屈曲部の内側から30㎝中に入った部分の頂点を結ぶ最短ライン、ということになります。

道端に側溝などのある場合は側溝の縁から30㎝入ったポイントです。

marasonn2

したがってコーナーなどは30㎝より内側を走ればそれだけ十走行距離は短くなるし、外側を走れば長くなります。

しかし、これはランナーが勝手にコースを選んでいるだけで、コースとしての長さが変わるわけではありません。

計測方法は、「陸上競技審判ハンドブック」に説明されています。

それによると、ワイヤーロープを用いるか自転車にカウンター計を取り付けて計測する、事になっています。

現在の日本ではワイヤーロープが主流のよう。

直径5㎜、50mの鋼鉄製のワイヤーをメジャー都市、尺取虫のごとく測ります。

42.195㎞となると844回、1回5分でも70時間かかるという恐ろしい作業です。

しかも、スタッフは頭数さえそろえればいいというものではありません。

計測は検定員、区域技術役員が行います。

車が頻繁に通る道路を斜めに横断ということがいくらでもあるので、事前に道路使用許可賞を取得しておくことは当然、作業者全員傷害保険に加入することが明記されています。

最後の仕上げに陸連に公認してもらわなければなりません。

検定をパスして合格すると公認料を払います。

フルマラソンコースの場合、新設時に210.000円(税込み)、に2年ごとの継続時に、105.000円(税込み)が必要です。

お金もかかるのです。

昔、日本では竹で測定していたと言います。

かつて竹は最も一般的な物差しの素材でした。

細く削れば屈曲するから使いやすかったかもしれません。

国際陸連が統一した計測方法を示したのは1986年のことでした。

そんなに昔ではありません。

今後はGPSなど、デジタル計測機器を用いた計測が一般的になると思われます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ