ふるさと納税 仕組みは簡単、やり方を分かり易く紹介!




今流行っていますよね「ふるさと納税」納税したら何やらお土産みたいなのを送っていただけるところが多いようで、普通に納税しても何ももらえませんもんね。

これがまた豪華なものをくれるところがあるので、人気のようです。

さて、ふるさと納税をするのは簡単なのでしょうか?

結論から言うと簡単です。

わかりにくかったりすると納税してもらえませんもんね。

でもどういう仕組みになっているのでしょうね。

お返しが豪華だと、納税したお金残らないんじゃないでしょうか。

心配してしまいます。

それとも、お土産品として税金で買うことで経済も活性化すると言う仕組みとかでしょうか。

【スポンサードリンク】

ふるさと納税とは

あなたが好きな自治体を応援する寄付金。

寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じて新たな地域の魅力を知る。

寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。

ふるさと納税の仕組みとは

ふるさと納税は、納税とは言いますが、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できることを言います。

自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった地域や応援したい地方など、好きな自治体に寄付金を贈ることが出来るのが特徴です。

そして、そのお礼として、その土地のお米やお肉といった特産品や名産品が「お礼品」としてもらえることから人気を集めています。

ふるさと納税の仕組みは簡単です。

上の図を使って説明します。

始めに(図①)寄付を地方自治体に行います。

すると、(図②)ふるさと納税先団体からお礼品が遠き、しばらくすると、寄付を証明する「受領書(寄附金受領証明書)」が送付されてきます。

寄附後、(図③)「確定申告」の手続きをすると、寄付者の収入等により寄付の上限額(控除上限額)が定まると言った条件がありますが、(図④)所得税の還付や個人住民税の控除が受けられ、実質的な自己負担額を2000円にすることが出来ます。

所得税の場合は当年分から、個人住民税の場合、翌年6月以降分から減額されます。

ふるさと納税は、基本的に年内に何回でも行うことが出来ます。

条件等を確認して、楽しくふるさと納税を活用してください。

ワンストップ特例とは

「ワンストップ特例」とは、寄付をした年の所得について確定申告の必要がなく、ふるさと納税の寄付先の字自体から5つまでの人が利用できる、簡単にふるさと納税後の税額控除の手続きができる制度のことです。

この仕組みを、上の図で説明します。

利用者はふるさと納税をするたびに(図①)「ワンストップ特例申請書(寄附金税額控除に係る深刻特例申請書)」「マイナンバー提供に必要な本人確認書類(番号確認と身元(「実在)確認の書類)」を寄付先の自治体(ふるさと納税先団体)に郵送します。

すると、(図2)自治体はふるさと納税をした人(寄付者)の控除に必要な情報を寄付者の住む住所地(市区町村)に連絡し、(図③)寄付者はふるさと納税をした翌年度分の個人住民税の減額(控除)が受けられます。

複雑なようですが、寄付者側から見ると、手続きは書類の提出(図①)だけで完了するので簡単です。

ワンストップと言われるのもこのためです。

また、ワンストップ特例の申請締め切り(1月10日必着)に間に合わなかった場合などは、確定申告を行うと所得税からの還付と翌年の個人住民税の控除が受けられます。

一般的な給与所得者(サラリーマン)の方は、条件を満たしやすいため、便利に活用できる制度となっています。

ふるさと納税が注目される5つの理由

  • 寄附することで応援すると・・お礼品がもらえる
  • 自己負担は実質2000円!確定申告で税金還付・控除
  • 好きな地域を選べる
  • 寄附の用途も選べる
  • 複数地域に寄付できる

更に

控除上限額がこれまでの約2倍に。

サラリーマンなら確定申告が不要に。

【スポンサードリンク】

扱っているサイト

ふるさと納税サイト「さとふる」では

さとふる利用が便利な5つの理由

  • 申し込み手続きが簡単(お申し込みから決済まで、ふるさと納税がWEBで完結します。)
  • お礼品が魅力的(全国の魅力的なお礼品を簡単に探せます)
  • お礼品は迅速にお届け(申し込みから最短1週間程度でお礼品が届きます)
  • マイページで寄付を管理「(寄付履歴やお礼品の発送状況なども確認できます)
  • 安心のサポート体制(お問い合わせはメールの他に会員専用の「サポートセンター」にて受け付けています

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ