二日酔い頭痛の治し方!吐き気に効く【しじみ】スゲー効果が発覚!!!




Tired Young Man sleep with Bottle of the Beer and Cigarette at the Home

Tired Young Man sleep with Bottle of the Beer and Cigarette at the Home

飲み会や結婚式の時など飲み過ぎますよね!

すると同時に二日酔いに苦しむ人も・・・・。

毎年のことですが、二日酔いはつらいですね。

頭痛、吐き気・・・簡単な治し方無いでしょうか?

朝起きて、ああ二日酔いだ・・・ってめまいを感じたときのあの最悪な気持ち。

あれが簡単に治せるなら、その治し方を知りたいですね。

頭痛吐き気を抱えたまま通勤電車に乗るのは本当につらいです。

【スポンサードリンク】

二日酔いを何とかしたい!効果的な食べ物と対処法まとめ

辛い二日酔いの治し方を知りたい!

ここでは、まず酔いとは何か?

から、二日酔いの症状とその原因を解説します。

次いで二日酔いに効く食べ物・飲み物、ツボ、などをご紹介します。

そして二日酔い防止には何をすればいいのかを考えてみたいと思います。

そもそも「酔い」の正体とは、何?

答え:アルコールによる脳の麻痺です。

そもそも「お酒に酔う」とは私たちの身体にとってどういうことなのでしょう?

お酒を飲むとアルコールは、胃から20%・腸から80%が吸収されて血中に運び込まれます。

血中に入ったアルコールは肝臓で分解されます。

アルコールはまずアセトアルデヒドになり、最終的には無毒化されて無害な酢酸に分解されます。

血中に溶け込んだアルコールは、肝臓で分解代謝されるまで全身を循環し、血中アルコール濃度の上昇とともに脳を麻痺させます。

人間のの意識や精神活動などの理性を司る大脳皮質のコントロールを麻痺させ、よいが進むにつれ、思考力・判断力が鈍くなり、多幸感・自信過剰。寛大など感情はあらわになっていきます。

アルコールは脳を麻痺させることで酔った状態を作り出します。

軽い麻痺で精神の抑制が解かれ、興奮状態が表面化することが酔いの正体です。

アルコールの摂取を続けて、呼吸中枢のある延髄まで麻痺が進むと、呼吸が止まり、命に係わる事態となります。

有害物質で二日酔いになるのです

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されますが、アセトアルデヒドは毒性の強い物質として知られています。

アセトアルデヒドは次にアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により無害な酢酸に分解されるのですが、の工程がスムーズにいかないおと、アセトアルデヒドが代謝されずにたまり、血中濃度が高くなります。

血中濃度が高くなりすぎれば、赤面・吐き気・頭痛・脈拍上昇などの症状を起こし、「悪酔い」状態となります。

従来は二日酔いの原因もたまったアセトアルデヒドと言われていましたが、現在では血中のドーパミン・アドレナリンなどの神経伝達物質量の上昇によるとも考えられています。

アセトアルデヒドを分解するALDHの内、低濃度でも働く2型の酵素が、日本人を含むモンゴロイド人種の約半数には遺伝的に欠損しています。

2型が欠損している人は少量のアルコールを飲んでも、分解機能が欠落しているのですぐに顔が赤くなり、動悸がするなど脳の麻痺症状が出ます。

無理に飲むのは危険です。

二日酔いの5つの症状とは

1:吐き気

二日酔いで辛いのが、吐き気と嘔吐です。

原因はいろいろ考えられます。

アルコールには利尿作用があるため、飲酒により摂取した以上の水分が失われるのです。

脱水症状により吐き気が起こります。

また、体内に残ったアセトアルデヒドのせいで吐き気が起こる事も多いです。

アルコールは胃の活動を活発化するので胃酸が過剰に分泌されます。

胃酸過多による塩酸は胃腸の不調、吐き気などを起こします。

更にワイン・テキーラ・ブランデーなど原材料が果実のお酒の飲みすぎによる二日酔いはメタノールが原因とみられますが、吐き気を伴うことがあります。

2:頭痛

二日酔いで辛いもう一つの症状は頭痛です。

アルコールが肝臓で分解されてできたアセトアルデヒドは頭痛を引き起こします。

そもそもアルコールは、血管を拡張します。

それがズキズキという頭痛をもたらします。

脱水が脳にも影響すると脳に加わる圧力が変化して頭痛を起こし、酸素不足も頭痛を助長します。

また、日本酒に含まれるアデノシンという成分には、リラックス・血管拡張・血行促進(発毛剤に入っているくらいですから)という効果がありますが、この血管拡張作用が頭痛に繋がります。

メタノールを含むアルコール(ワイン:ブランデーなど)は肝臓でホルムアルデヒドに分解されるので頭痛などを起こします。

3:食欲不振・下痢

摂取したアルコール以上の水分が体から失われるために、脱水症状が起こります。

脱水は頭痛や吐き気、食欲不振を起こします。

また、アルコールにより活動的になった胃が胃酸を分泌し、塩酸が盛んに分泌されると、却って胃がますます疲れるので、食欲が減退します。

脱水に続く胃酸過多で、胃腸はバランスが崩れています。

アルコールと酔いに任せて脂っこい揚げ物やよく咀嚼されずに飲み込まれた食べ物、たいがいは食べすぎになっていて消化不良を起こし下痢になることもあります。

4:だるさ

何をするのもだるくて億劫。

二日酔いの特徴です。

脱水症状になっていれば、ある意味当然の症状です。

体中の水分が足りていないのですから、アセトアルデヒドは体内にたまると有害物質らしい悪影響を及ぼします。

だるさもその一つです。

酸素不足もだるさをもたらします。

また、肝臓はアルコールの分解を最優先さえるために、血中の糖質を使ってしまいます。

しかも肝臓は糖の生産は後回しにするので、糖がだんだんと不足していきます。

この低血糖状態が、「ラーメン食べたい」「コンビニでスイーツ買って帰ろう」になるのです。

低血糖状態を改善しようと、脳が糖質を渇望し、炭水化物や糖質を求めてしまうのです。

食べてしまえばカロリーオーバーになるでしょう。

食べなければ、つまり翌日は低血糖状態で、だるくなることが多いという訳です。

5:筋肉痛

低血糖症は筋肉痛をもたらします。

肝臓がアルコール分カイエ手一杯になっている間、党(グリコーゲン)が不足しますが、優先順位として、脳が優先され筋肉は後回しになります。

hutukayoi2

筋肉を動かすにも糖が必要ですから、不足すると影響が出てしまうのです。

また、メタノールを含むアルコールは肝臓で有害なホルムアルデヒドに分解されますが、吐き気や筋肉痛をもたらします。

元来メタノールは燃料・溶剤として使われ・化学薬品・医薬品の原料となる物質ですが、メタノール中毒を起こす注意を要する物質です。

もし目がかすむなど目に症状がでたら、すぐに病院に行ってください。

【スポンサードリンク】

原因別、二日酔いに効く食べ物・飲み物とは?

脱水症状が原因の場合

アルコールを飲んでいると、「水分はたっぷり摂っている」と思い込みがちですが、アルコールの利尿作用により、飲んだアルコール量以上の水分が出て行っています。

たくさん飲んでも出ていく水分に追いつかないという「脱水のスパイラル」に知らぬ間に陥っているのです。

目覚めたらまず水分補給しましょう。

出来るならば飲んだ夜のうちに、水分を摂っておくと、二日酔いが軽減します。

スポーツドリンクは吸収しやすいですし、緑茶やコーヒーのカフェインは頭痛の改善に有効で、肝機能を高めてくれます。

果汁100%のジュースは水分と肝臓のエネルギーの糖分を補給できます。

肝臓で作られる胆汁の分泌を促し、アルコールの代謝機能を助けるアミノ酸やビタミンB12が豊富なしじみは二日酔いに効くと有名ですよね。

他にマイタケやお酢を使った料理も肝機能を高め、アルコールの代謝を促進します。お味噌汁で摂れば、水分も補給できますし、つらい状態でも摂取できそうです。

hutukayoi2

アセトアルデヒドが原因の場合

二日酔いを治すには、体内に残っているアセトアルデヒドの分解を助け、早くたいがいに排出することが重要です。

そのためには、その作業を行う肝臓が十分働けるように手伝ってあげるのが一番です。

そこで、肝臓にいいとされるオルニチンを豊富に含むシジミを摂るといいのです。

肝機能改善には、タウリンやアルギニン、タンパク質なども有効ですが、オルニチンは群を抜いて有効で、それを多く含む食品はシジミなのです。

定番のシジミのお味噌汁で肝臓を助けましょう。

胃の塩酸過多が原因の場合

アルコールは胃の活動を活発にします。

そのため胃酸過多になってしまうと、胃に変調をきたしたり、吐き気、また下痢になってしまうこともあります。

この胃酸を中和するために、重曹を水で溶かした重曹水を飲むとよく効きます。

水200mlに小さじ1~2杯が目安です。

ただ、重曹は一時的な効果です。

飲み続けると、再び胃酸過多を起こさせてしまうので注意が必要です。

重曹が無い場合は、水だけでも代用品として摂ると、胃液が薄まるので胃粘膜の傷が増えることは防げます。

また、胃の働きを活発にするショウガの効果を利用するのもいいでしょう。

摩り下ろしてしょうが汁はスープに入れると胃があったまって効果的です。

低血糖た原因の場合

低血糖をおこしていると、だるくなったり、頭痛やめまいを起こすことがあります。

肝臓が糖(グリコーゲン)を作る暇がないためなのですが、急いで糖を補給してあげる必要があります。

吸収のいいスポーツドリンクには糖分も塩分も入っています。

hutukayoi5

100%の果実ジュースはアセトアルデヒドの分解に必要なビタミンCもたっぷり含んでいますし、果糖も摂れます。

蜂蜜でカロリーもミネラルも摂るのもいいでしょう。

メタノールが原因の場合

メタノールが原因の二日酔いの場合は、津譲渡は違う頭痛・筋肉痛・吐き気などが起こることがあります。

ワイン、ブランデー、テキーラなど果実が原材料のアルコールにはメタノールが含まれていることがあるのです。

中毒を起こした場合はエタノール(普通のアルコール)による酩酊状態と似ています

メタノールは肝臓で分解される際にホルムアルデヒド、蟻酸になりますが、どちらも有害です。

出来るだけ早くたいがいに排出しましょう。

スポーツドリンクや酵素ミネラルウォーターを摂るとよいようです。

メタノールが原因の場合、果実100%ジュースはメタノールの元なので避けた方がいいですね。

二日酔いに効くツボ3つ

1:吐き気には合谷・内関

hutukayoi4

二日酔いを改善するには、肝機能を高めるためのツボを押します。

まず、吐き気を抑えるには、合谷(ごうこく)をマッサージしてみましょう。

合谷は二日酔いの気分の悪さだけでなく、頭痛・腹痛・下痢・便秘など幅広い症状に効くツボです。

場所は、手の親指と人差し指付け根の間、ちょうど親指と人差し指が交わるところです。

もう一つ、内関(内関)は、手首の下、指2~3本の位置にあります。

こぶしを握ると2本の筋が出ます(2本筋とよびます)が、その中央です。

二日酔いによる吐き気を緩和します。

2:頭痛に効くのは百会

百会(ひゃくえ)は頭頂部にあるツボ。

両耳に親指を入れ、両方の手のひら全体で頭をつかもうとした際に中指の先が触れ合う地点です(触れ合わなくても、えんちょうじょうでかんがえてください)。

頭のてっぺん、という位置です。百会は頭痛に効く万能のツボで、自律神経や全身の調整にも適しています。

3:肝機能に効くツボは太衝

bennpi5

このツボは足の親指と中指の勇敢にあります。

足の甲で二つの指の筋が交わるところの少し前にあるツボで、手の合谷のような場所です。

二日酔いに限らず、押すとかなり痛みが来ます。

太衝(たいしょう)は肝臓の機能を高めるツボです。

速やかに体内に残ったアセトアルデヒドを酢酸に分解する働きを促進します。

hutukayoi6

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ