インバウンドとは、意味は?観光需要のことなの?




innbaunndo1

インバウンドって最近聞き始めた新しい言葉のように思います。

たいがいは、インバウンド観光って聞きますが、意味はどういうのでしょうか?

インバウンド観光需要ってどういうふうに調べるのでしょう?

そもそものインバウンド意味から調べましょう。

全くの初の試みです。

インバウンド観光に及ぼす影響は?

意味は?需要は?

【スポンサードリンク】

旅行業界では特に重要!インバウンドの意味や重要性を知ろう

インバウンドって何

インバウンドとは「外から入ってくるもの」という意味で、マーケティングにおいてはホームページを充実させたり、魅力的な商品を創りだすなどして「顧客の方から来てもらう」ように働きかけることを言います。

IT業界では、外部からデータを受信することを言うようです。

また、顧客からの電話や来訪を受け付けることも意味するため、コールセンターやお客様センターの業務区分としても使われており、言葉としても幅広い用法を持っているものです。

今回取り上げる旅行業界においては、外国人観光客を呼びこんだり、海外から日本へ訪れる観光客そのものを表す用語で、昨今では特に重視されています。

★インバウンドは外から中に入ってくるという意味

元々は「外から中に入り込む」という意味だが、一般的に外国人の訪日旅行の意味で使われることが多い。

対義語は日本からの海外旅行を指すアウトバンド(outbound)。

★一般企業・旅行業界・IT業界など様々な場面で用法が違う。

  • ビジネス一般:企業側が顧客からの電話や来訪を受け付ける形態の業務。コールセンターの業務区分にも用いられる。
  • 旅行・ホテル業界:外国人旅行者を自国へ誘致することの意。日本においては海外から日本に来る観光客を指すことが多い。
  • 通信、ネットワークやコンピュータ、AS(インターネットにおける自律システムautonomous system-)などに対する内向きの通信。外部からデータを受信すること。

(例)サービスごとの具体例

  【通信】

システムやネットワークが外部からデータを受信することを「インバウンドデータ」「インバウンドトラフィック」

  【メール】

添付し、受信されるファイルを「インバウンドファイル」、同様に添付し受信されるファイルを「インバウンドグラフィック」

  【ウェブ】

インターネット上のハイパーリンクから自サイトに向かって張られたリンク(外部リンク)を「インバウンドリンク」

  【カスタマーサポート】

顧客からのコミュニケーションをコールセンター(企業側)で受ける行動を「インバウンド」

innbaundo2

  【旅行】

外国の旅行者が日本に訪れる=「インバウンド」

★昨今では「インバウンドマーケティング」も注目されている。

外国人が快適に過ごせる環境を整えて海外から旅行客を呼びこむのと同じように、ホームページなどに良質な情報を用意して「顧客の方から来てもらう」ようにするマーケティングが「インバウンドマーケティング」

インバウンドマーケティングとは

  • 消費者がイニシアチブを取り始めた
  • 企業が消費者に役立つことを考える
  • 企業が消費者から情報を見つけてもらう
  • 企業と消費者が情報をやり取りする

【スポンサードリンク】

旅行業者における「インバウンド需要」とは

前述したとおり、インバウンドは使われる業界によってそれぞれ違う意味をもつ言葉です。

中でも昨今注目されているのが、旅行業界における「インバウンド需要」

外国人観光客や海外からの観光客を日本に呼び込み、日本国内でどれだけ消費活動をしてくれたか、というのが「インバウンド需要」(インバウンド消費)です。

外国人が使うお金が何故重要なの?日本人にとっては「日本から海外へ」の方が身近なんだけど・・・・と思うかもしれませんが、インバウンド需要は国にとって貴重な収益になります。

昨今では中国人の「爆買い」が話題になりましたが、観光客は基本的に使うお金が大きいので、日本国内の経済を潤わせる一要素にもなりえるのですね。

innbaunndo3

インバウンド需要を高めるには、どういう方法がある?

最後に、インバウンド需要を今以上に高めるため、企業や店舗にどのような努力が求められるのかを見てみましょう。

まず、中国人観光客に代表される「爆買い」を促進するため、日本製品ならではの丁寧で丈夫、かつ便利なものづくりをすることが前提だとされています。

よく売れるからと言って薄利多売を狙って品質を落とすと外国人にとってメリットが無くなるため、次回からは売れなくなってしまうでしょう。

また、国別にツアーを用意し、できるだけ観光客に快適な環境を整えるという工夫をしている旅行会社が評判だとして話題になっていますね。

今後は外国語に明るいスタッフを揃え、的確にコミュニケーションが取れるようにする。

外国人観光客が情報を得るためのパンフレットやサイト、ガイドブックなどに記載される言語を更に増やすといった取り組みも期待されます。

インバウンドの意味を理解し、知識として頭にとどめておこう

いかがでしょうか?

インバウンドは非常に広い意味で使われている言葉ですが、昨今では特に旅行業界における重要性が注目されているのですね。

外国人旅行者は日に日に増えて行っていますから、今後は旅行業界のみならず、多数の職種でインバウンド需要が話題になることでしょう。

もしかしたらみなさんのお仕事にもいずれは関わってくるかもしれませんので、インバウンドとはどういう意味かというのを頭に留め、インバウンド需要に必要なことは何かを考えてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ