iot とは、わかりやすく意味を説明しよう。未来はiotなのだ・・・




IOT3

最近チラチラ見るこの「iot」見て見ぬふりしてましたが、世の流れとして、知っておくべきだということになり、調べましょう。

わかりやすく意味説明する・・・・やっと最近LOLを見慣れたというところなのに・・・・・。

iotってなんだろう・・・わかりやすく意味説明するためにどのあたりから切り込んだらいいんだろう・・・。

悩める脳みそをなだめて、調べることにします。

業界用語なのか?IT用語なのか・・・・。

はたまた。

なんだろう?

【スポンサードリンク】

IoTとは|IoT:Internet of Things(モノのインターネット)

IoT:IoT:Internet of Things(モノのインターネット)とは、従来主にパソコンやサーバー、プリンタなどのIT機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な”モノ”を接続することを意味します。

読み方は、アイオーティーです。

テレビやデジタルビデオカメラ、デジタルカメラ、デジタルオーディオプレイヤー、HDDプレイヤー、DVDプレイヤー等のデジタルオーディオ家電を、インターネットに接続する流れはすでに始まっています。

更にデジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報をインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えています。

現在ではスマートフォンやタブレット端末もインターネットに接続されるのは当たり前で便利に利用されています。

更にインターネットはあらゆる”モノ”がコミュニケーションするための情報伝達路に変化しつつあります。

インターネットに接続される”モノ”は大きく3つに分類できます。

★パソコン類(スマートフォン、タブレット端末を含む)

★機械類

★その他の”モノ”

IOE1

様々な”モノ”、機械、人間の行動や自然現象は膨大な情報を生成しています。

これらの情報を収集して可視化することができれば、様々な問題が解決できます。

見ることや聞くこと、触ることができる情報はもちろんですが、それらができない情報もセンサーにより数値化され、収集可能になります。

従来のように人間がパソコン類を使用して入力したデータ以外に、モノに取り付けられたセンサーが人手を介さずにデーターを入力し、インターネット経由で利用されるものです。

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)により、センサーと通信機能を持ったモノ達、例えば「ドアが今開いているよ」猫が「今寝ているよ」植物が「喉が乾いたよ」等とつぶやき始めるのです。

これらの情報をインターネットを介し様々な場所で活用することができます。

IOT

パソコン以外のモノをインターネットに接続することを、モノのインターネット(Internet of Things : IoT)と呼んでいます。

ちなみに機械同士の通信をM2M(Machine to Machine)と言います。

”モノ”をインターネットにつなぐことにより、以下を実現します。

★離れた場所の状態を知りたい。→離れた”モノ”の状態を知る。

★離れた場所の状態を知りたい。→離れた”モノ”そ操作する。

モノのインターネット(Internet of Things : IoT)では”モノ”に対し各種センサーを付けて、その状態をインターネットを介し、モニターしたり、インターネットを介し、”モノ”をコントロールしたりすることにより、安全で快適な生活を実現しようとしています。

”モノ”をインターネットに接続して計測データ、センサーデータ、制御データの通信をすることでモノのインターネット(Internet of Things : IoT)が実現します。

【スポンサードリンク】

iotで離れた”モノ”を操作する例

★エアコンの電源を入切する

★照明の制限をする。

照明機器やエアコン、ヘルスケア機器やその他の家電をインターネットに接続したり、給湯器、風呂釜などの家電以外のの機器の状態モニターやリモコン制御等をすることも可能です。

更に、工場内、ビル内、店舗内、病院内、学校内や屋外等あらゆる場所に設置された様々なセンサーの情報を取得することも可能です・

600

すごい未来がすぐそこまで来ているようです。

モノ同士が会話するっていう感じがちょっと怖いですが・・・・。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ