人工知能とは何ですか?【AIって、人間が作ったんだよね・・】




jinnkoutinou1

【スポンサードリンク】

最近良く聞く人工知能とはでしょうか?

AIと呼ばれていますね。

家庭用のロボットが出来たり・・・・あ、そうそう、スマートフォンに入ってる、siriだったりOK googleとか。

あれもAIですよね。

簡単な会話出来ますから人工知能ですよね?

まだ完璧な会話は出来ませんが、ほんの数年前にこんなことが予想できたでしょうか?

私の子供の頃には全く未来のお話でした。

もうすぐいろんな事がAIに取って代わられると言われています。

そもそも何のために人工知能とは考えられたのでしょうね。

少し調べてみましょう。

【スポンサードリンク】

人工知能「AI」とは、非エンジニアのための「よく分かる人工知能」

人工知能(AI)の分野では米国の大学や企業が研究開発をリードしている。

ディープラーニングやビッグデータなどの新技術を駆使し、GoogleやFacebook、Microsoftなどの大手プレイヤーが鎬を削る。人口じ脳の全体像と世界の先進プレイヤーの取り組みを、一般のビジネスマンに向けてわかりやすく説明します。

人工知能(AI)とは

人工知能

jinnkoutinou4

人工知能(じんこうちのう 英:artificial intelligence,AI)とは人工的コンピューターなどで、人間と同様の知識を実現させようという試み、あるいはそのための一連の科学技術を指す。

人工知能の活用が進み始めている

このところ毎日のように人工知能やAI(Artificial Intelligence)という言葉を見聞きするようになった。

将棋やチェスよりはるかに難しいとされる囲碁で、人工知能「Alphago]が世界最強のイ・セドル棋士に勝ったという記憶も新しい。

市場変化の予測まで織り込まれた自動株取引、コールセンターの自動対応、ロボットタクシーや窓口受付ロボット、製造や物流の高度な自動化など、これまで人間が対応せざるを得なかった様々な場において、人工知能の活動が進み始めている。

人の言語理解や、推論能力が高まれば、スターウォーズのR2-D2のようなドロイドの実現も夢絵は無くなりそうだ。

ディープラーニング(深層学習)やビッグデータなどの新技術と人工知能

過去の人工知能は、膨大な知識やルールなどを人間がすべて教える必要があり、現実社会で通用するレベルにはなかなか近づけなかった。

だが、最近の人工知能は「機械学習」つまり、コンピューターが勝手にルールを学んでくれる、技術が軸となっている。

特に、大量のデータから自分で物事を分類するルール(特微量と言われる)を見つけ出す、「ディープラーニング(深層学習)」という技術のおかげで、人工知能の能力が飛躍的に進化し、実用レベル、適用の幅、可能性が大きく広がったと言われている。

周辺技術の進化も人工知能の発展の大きな要因だ。

「ビッグデータ」や「クラウドファンディング」など大量にネットワークから集めて処理する技術、ネットワーク自体の高速化、人から機械まですべてつながるIoT(Internet of Things)、大量の画像を高速処理できるGPU(Graphics Processing Unit)の進化など、近頃よく話題になるITの進化が、実は人工知能の発展、実用化にも直結している。

jinnkoutinou2

大手各社に共通する3つのポイント

大手ITプレイヤー各社の取り組みを俯瞰すると、人工知能の能力向上、実用化を加速させるために、以下の3点が共通していることがわかる。

★それぞれに、大きな狙い、目指す姿を持っている。

★より多くのデータを集められるように仲間をより多く集める工夫をしている。

★特にデータが集まる「ヒトの接点/インターフェース」に仕掛けを作っている。

人工知能の使い方をITプレイヤー側だけでなく、利用者や企業側の知恵を集めて考えるという行動はとても合理的であるし、多くの仲間を囲い込んだプラットフォームを築くための覇権争いともいえる。

なお、これら大手ITプレイヤーの後ろには多くの人工知能関連ベンチャーが、存在している。

ある米国ベンチャーキャピタリストによると、2015年時点で世界にアクティブな人工知能関連ベンチャーは1800社以上存在し、うち半数強が米国に集中している。

大手ITプレイヤーたちは自身に足りない技術、あるいは人材を、そのようなネットワークの中から、競いあうように取り込んで補完し、それぞれが描く、将来構造の実現を目指している。

jinnkoutinou3

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ