鍵の種類・名称は?あんな鍵、こんな鍵、見たことない鍵・・・・・




kagi5

いつもお世話になっているですが、名称種類を事細かに調べたことはありません。

鍵の種類や名称って、世の中にはどれ位あるんでしょうか?

気になりますよね。あんな鍵、こんな鍵、みたことない鍵、いろいろあると思いませんか。

私ごとですが、昔空き巣に入られたので、その時はの交換を真剣に考えましたが、なにせ賃貸でしたので、勝手に変えるわけにも行かず、とても困った思い出があります。

【スポンサードリンク】

鍵の種類は

・シリンダー錠:一般的な住宅等の鍵

 現在住宅や建物で使用されている鍵は、シリンダー錠と呼ばれる錠前が主流です。

 この”シリンダー”とは、錠前を操作する「鍵穴」、「円筒」のことです。太い円筒(外筒)の中に、細い円筒(内筒)が入っており、鍵を差し込み、内筒を回転させて開閉する構造となっています。

 外筒と内筒を貫くように複数の生涯(タンブラー)があるため、鍵がない状態では、内筒は回転しません。鍵のくぼみとタンブラーが一致する=鍵が一致すると、内筒を回転させることが出来、鍵が開くという仕組みです。シリンダー錠は大きく分けて5種類あります。

 同じシリンダー錠とは言え、タイプに寄って性能も少しずつ異なります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ディスクシリンダー錠(ウェーハータンブラー錠)

 現在日本の一戸建て住宅の5割、マンションの7割がこのディスクシリンダー錠が使用されています。

 このディスクシリンダー錠は普及当時は爆発的に広まったものですが、現在のピッキング犯からすれば”おもちゃ”と呼べるほど簡単に開けてしまえる事ができるタイプです。

当時の普及率の高さから、ピッキング横行以前のものを使い続けているところも多く、防犯の観点では、交換が望ましいところです。一般的によく目にするシンプルなタイプといえます。

ディスクシリンダー錠のタンブラーは、穴の空いた皿のような形をしています。時期が経つに連れて鍵がすり減ったり、塵や埃などが入ったとしても、使い続けることが出来ますが、鍵穴に負担がかかる場合もあります。劣化を感じた場合は新しい鍵を使用するのではなく、鍵そのものを交換してしまいましょう。

(主に使用されているもの:住宅(戸建て・マンション)

kagi1

ピンタンブラー錠(ピンシリンダー錠)

 このピンタンブラー錠も現在の戸建てやマンションで、よく使用されている鍵の一つです。一列に並んだタンブラーの形がピン状になっているためこう呼ばれています。鍵の刻みが一方向にしか無いのが特徴です。こちらも一般的によく目にするタイプです。

現在量産されているのは、主にピンの形状によってピッキングされにくく改良したものです。が、やはり防犯性は低めです。現状の鍵がピンタンブラー錠であれば、防犯性の高い鍵に交換したり、補助錠を使用することをおすすめします。

(主に使用されているもの:住宅(戸建て・マンション)・机の引き出し・ロッカーなど。

kagi2

【スポンサードリンク】

ディンプルシリンダー錠

 ディンプルキーとも呼ばれる。ピンシリンダーがより複雑化したタイプですピンが複数方向から刺さっていて、本数も多いため、ピンタンブラー錠よりも格段にピッキングに強くなっています。

 鍵の表面にデコボコとしたくぼみがあるのが特徴です。鍵の表裏がないものもあります。比較的新しい戸建てやマンションに使用されています。先の2本とは形状が異なり、鈎先は丸いものが多く見られます。

 メジャーなものでは、「ゴール者のV18シリーズ」「KABA社の KABA star neo」シリーズが有ります。防犯性は先の2タイプよりぐっと高くなります。

 中には室の低いディンプルキーも存在しますので、なるべく大手メーカーのディンプルキーを使用するようにしましょう。今のところ防犯性は高いですが、今後鍵の進化とともに、このディンプルキーもピッキングされないう保証はありません。

(主に使用されているもの:住宅(戸建て・マンション)

kagi3

マグネットタンブラーシリンダー錠

マグネットキーとは鍵の側面にマグネットを埋め込んだものです。
鍵表面にも磁石が入っていて、タンブラーと鍵表面の磁石が全て反発しあうことで、内筒が回転する仕組みの鍵です.
S極とN極の配列が一つでも合わないと回転しないため、防犯性が高いです。

タンブラーを鍵穴内に露出させる必要がなく、鍵穴にピックを差し込んでも、磁石のタンブラーを操作することが出来ないので、普通のピックを使用したピッキングは100%不可能です。形状はディンプルシリンダー錠に似ていますが、表面の鍵穴が極端に少ないタイプもあります。

このマグネットタンブラーとピンタンブラーを組み合わせた鍵もありますが。マグネットの磁力が弱まってしまったり、鍵からマグネット自体が、脱落してしまうと鍵が全く開けられないという可能性もあります。

(主に使用されているもの:住宅(戸建て・マンション)・スーツケース・バイクのシャッターキー・コインロッカー等

ロータリーディスクタンブラー錠

ディスクシリンダー錠の後継として開発された防犯性の高い鍵。外筒と内筒を貫く部品(ドッキング・バー)タンブラーが別々になっており、タンブラーは中間部品のような役割を果たしています。正しい鍵を入れると、タンブラーの切り欠きがロッキングバーと合致し、内筒に収まって鍵を開ける仕組みです。代表的なもので言えば、美和ロック社製の U9・PR・PR-Jシリーズなどがあります。

現在の日本では住宅以外にはほとんど使用されていないのが特徴。見た目はディスクシリンダー錠とよく似ていますが、防犯性が高く、スペアキーを作る際などは性格にコピーしないと使えないことが多く、鍵が抜けなくなってしまうというトラブルも発生する場合があります。合鍵を作る際は注意しましょう。

(主に使用されているもの:住宅)

kagi4

こんなに種類があります、自分ちの鍵を眺めつつ、これからの防犯を考えたいと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ