花粉症の症状・時期は、原因や対策?【こうするとベストだった!】




最近では春に限らず、春も夏も冬も・・・それぞれアレルギーが起きて、年中対策が欠かせません。

中でもやっぱり代表的なのは「花粉症症状は、鼻水、涙、くしゃみ、頭がぼんやりする。など、たく
さんのいやな症状に悩まされている人がたくさんいらっしゃいます。

時期としては、お正月を過ぎたころからもう早い人は、ヒノキかなんかに反応して早々と、くしゃんくしゃんとかわいそうな感じになってますね。

時期は本当に年中。

なんだかんだに反応してほぼ。1年中苦しみますよね。

原因も、花粉だけではなく、中国からやってくる黄砂。PM2.5もういろんなものに反応してしまいますよね。

対策と言えばマスクと花粉症用のサングラス。

後は・・・・液体マスクやら、鼻の一口に塗る軟膏とか、鼻の中に仕込むマスクとか・・・・。

仕事でマスクがつけられない人はもっと苦労してらっしゃるんでしょうけど、年々進化しているので、ドラッグストアをこまめに探索して探しましょう。

【スポンサードリンク】

花粉症ー花粉症には早めの治療が大切~あなたに会った花粉症対策を始めましょう

ご自身ご家族の症状について、心配や疑問を持たれた場合には、ご自分で判断されずにお医者さんにご相談ください。

はじめに

花粉症の生じる仕組みを知って、早めの「花粉症対策」を心がけましょう。

今や4人に1人は花粉症。

スギやヒノキなどの花粉によってくしゃみ、鼻水、鼻詰まりなどのアレルギー症状が出ます。

では一体、どのようなメカニズムで花粉症は生じているのでしょうか。

花粉症の生じる仕組みを知って、早めの「花粉症対策」を心がけましょう。

これって風邪?もしかして花粉症?

花粉症の症状は、風邪の症状に似ています。

そのため、花粉症であるにもかかわらず、風邪だと思い込んで、症状を悪化させてしまうケースも。

花粉症に特有な症状を知り、おかしいなと思ったら、早めに医師に診てもらい、症状の軽いうちに治療しましょう。

花粉症の症状

  • くしゃみ
  • 立て続けに何回も出る。風邪では、あまり立て続けには出ない。

  • 鼻水
  • 透明でさらさらしている。風邪では、はじめはサラサラでも、数日で黄色くなってネバネバしてくる。

  • 鼻づまり
  • 両方の鼻が詰まり、鼻で息が出来ないこともある。風邪では、比較的症状は軽い。

花粉症の症状が出るのは?

私たちの身体では、花粉が身体の内に侵入してくると、その花粉(異物)に反応するIgE抗体というものが作られ、そのIgE抗体は肥満細胞の表面に付着します。
再び侵入してきた花粉がIgE抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌されて、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出てくるのです。

スギやヒノキに注意して!

花粉症の原因植物には樹木と草木があり、日本では約60種類もあるとされています。

主なものとしては、過ぎ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、シラカンバ、ハンノキなどがあります。

本州、四国,九州では、一番の原因植物はスギとヒノキです。

スギやヒノキの花粉は、大量に風に乗って数十キロも飛んでくるので、どこにいても花粉症対策をしっかり行うことが大切です。

北海道や沖縄ではスギは少ないので、スギによる花粉症はあまりありません。

ただし、北海道では、シラカンバやハンノキなど、スギに代わる多くの花粉症の原因植物があるので注意してください。


【スポンサードリンク】

1月下旬には飛び始めます

一般的に、スギ花粉は、九州や関東では1月下旬から、関西では2月上旬から飛び始めます。

花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を開始(初期療法と言います)することが最も効果的とされています。

そのため、1月中旬までには、医師に相談して、あなたの生活スタイルに合った花粉症対策を始めることが重要です。

※日本は南北に長いので、地域によって気候に差があります。

そのため、花粉の飛散時期は多少異なるので、テレビや新聞、インターネット上の花粉情報にも注意してください。

あなたの症状も初期療法で軽くしましょう

花粉症の症状が出る前から、お薬による花粉症の初期療法を始めていると、症状の発症を遅らせ、飛散シーズン中の症状を和らげることが出来ます。

また、初期療法は早期に症状を改善させることも出来、結果として、処方される全体のお薬の量を減らすことも出来ます。

あなたに合った治療法で花粉症を治療しましょう

層状が出てしまったら、はじめは症状がひどい部位の診察科の先生に診てもらいましょう。

花粉症の治療薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などがあります。

その中には、副作用として眠くなったり、喉が渇いたりするものがあります。

また、1日1回服用するものと1日2回以上服用するものがあります。

しかし、眠気やだるさもほとんどなく、自転車の運転や危険を伴う機会の操作に対する影響が少ない第2世代抗ヒスタミン薬もあります。

さらに、口の中ですぐ溶けて、何処でも水梨で飲める口腔内崩壊錠や、小児も飲みやすい、ほのかに甘いドライシロップも出ています。

早めに医師に診てもらい、あなたの症状に合った治療を始めましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ