くしゃみ、原因は?止まらないのは(風邪、花粉、病気)




私が全身で春の到来を感じるのは、花粉症の始まりですね。

風邪かな?なんて思うんだけど、くしゃみ止まらないし、鼻水はサラサラ。

ここが大切ですよね。

滝のように出る鼻水は花粉症の大きな症状です。

それも、止まらない

エンドレスに出るくしゃみと鼻水。

原因になる花粉は毎年今年の花粉原因:スギ、ヒノキのみ>は・・・・っていう予報が出ますが、大なり小なり症状は出て、間違えて風邪薬を飲む人もいますね。

今年は楽でありますようにと、祈らずにはおられません。

【スポンサードリンク】

花粉症の治療法

花粉症の治療薬

現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。

ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどを軽くする効果があります。

指示通りにきちんと飲み続けることが大切なので、花粉の飛ぶ量が少なく、症状が軽い費なども自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。

くしゃみ・鼻水・鼻づまり

〇飲み薬

抗ヒスタミン薬

鼻の粘液でヒスタミンの働きをブロックし、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを軽くします。

抗ヒスタミン薬の中でも、硬貨に優れ、眠気などの副作用が軽減された「第2世代抗ヒスタミン薬」が主流になっています。

遊離抑制薬

鼻の粘膜で肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンが出てくるのを抑える薬です。

症状が比較的軽い時に使われます。

抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤

抗ヒスタミン薬と、血管を収縮させる働きのあるα交感神経刺激薬の配合剤です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりに対して、優れた効果が期待できます。

〇点鼻薬(鼻の中に直接噴霧する薬)

鼻噴霧用ステロイド薬

抗炎症作用によりくしゃみ、鼻水、鼻づまりに対して優れた効果が期待できます。

点鼻用のα交感神経刺激薬

血管を収縮させることで、鼻づまりを解消する点鼻薬です。

鼻づまり

抗ロイコトリエン薬

鼻づまりを軽くする薬で、主に他の薬と組み合わせて使われます。

飛散量と症状の会かに応じた薬の選択

花粉シーズン前・・・予防的な治療

例年症状が強く出る人は、この時期から予防的に治療を始める「初期療法」いにょり、シーズン中の症状を軽くすることが出来ます。

主な治療法:飲み薬が中心

抗ヒスタミン薬・遊離抑制薬・抗ロイコトリエン薬

本格花粉シーズン・・・症状に応じ十分な対策

花粉飛散開始日には、既に約60%の患者さんは症状が出ていると言われています。

症状が出たら早めに病院へ行き、治療を始める必要があります。

また、急な花粉飛散数の増加に備え、症状の重さに応じて治療薬を替えたり、組み合わせることが大切なので、受診のさいには自分の症状を医師に伝えましょう。

日ごろから、その日の飛散量や症状をチェックする習慣をつけておくとよいでしょう。

主な治療法:飲み薬・点鼻薬などの薬を組み合わせた併用療法が中心

抗ヒスタミン薬・鼻噴霧用ステロイド薬・抗ロイコトリエン薬・抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤

花粉シーズン終盤・・・・症状に応じ薬を減らす

スギ花粉の飛散数は減ってくる時期です。

症状が軽くなってきたら、それに応じて本格飛散期で使用した薬を減らすことがあります。

ただし、この時期はヒノキ花粉の飛散が始まっています。

症状が長引く場合は、ヒノキ花粉で症状が出ていることも考えられます。

主な治療法:抗ヒスタミン薬・美噴霧用ステロイド薬・抗ロイコトリエン薬・抗ヒスタミン薬/α交感神経刺激薬配合剤

【スポンサードリンク】

花粉対策

室内に入る花粉を防ぐ

花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。

また、家に入る前には、衣類や紙に付着した花粉をはたき落とす。

室内での飛散を防ぐ

スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。

このため加湿器を利用し、室内の湿度を挙げれば空中での浮遊を防ぐことが出来ます。

身体に入る花粉を防ぐ

外出時にはマスクやメガネ、帽子を着用すること江体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。

普通のメガネでも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用のメガネは4分の1くらいまで減少できると言われます。

また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。

普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中に挟むことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ