確率とは?確率の意味を教えて【確率の不思議を検証】




kakuritu4

算数だったかな?数学だったかな?

あんまり好きじゃなかったな~、確率

順列だの組み合わせだの無かったかな?

教えてほしいわ。

今、何時使うのか。

簡単なのだったらそんな苦労しなくても計算できるし、あんなに苦労したのは何のためだったんだろう?

ホント教えて

あの勉強の意味あったのかな?

そして順列組み合わせの・・・確率を勉強する意味は?

色々使わないこと覚えたけどこれもそのうちの1つだわ。

今までの人生で使った試しがないわ。

意味ない。

【スポンサードリンク】

中学数学で勉強する「確率」の意味って何?

中学で「確率」って勉強しますよね?

中学2年生で勉強する単元ですけど、結構難しいというかとっつきにくいですよね?

「確率」の単元を攻略していくために、中学数学で習う確率の意味、をわかりやすく解説してみます。

中学数学で出てくる「確率」の意味とは?

教科書を見てみましょう。

確率の意味とは、

「ある事柄の怒ることが期待される程度を表す数」と書いてあります。

つまり、「あることがら」がどれくらい確かに起こりうるのか??

ということを数値、しかも割合(率)で表したものです。

ある事柄が「確」かに起こりうるのか?

割合・「率」で表したもの。

なので、確率(かくりつ)と呼んでいます。

例えば、コインを1回投げて表が出る確率を考えてみましょう。

kakuritu1

後で勉強していきますが、その確率は1/2です。

つまり50%です。

この確率は何を表しているのかというと、コインを2回投げたら1回出るくらいの確率で、表が出ると言っているのです。

でも、3回連続で投げても全部裏ということもあるのでは?

そうですね、確かにあります。

でも、コインを100回、1000回と投げていくとどうでしょう。

だいたい2回に1回が表が出るようになっていきいます。

つまり、表も裏も出やすさは同じということですね。

これが確率のだいたいの意味です。

【スポンサードリンク】

確率ってなんの役に立つの?意味不明!

確率を中学で勉強する意味がわからない?

たしかにその気持は良くわかります。

実は確率は日常で役に立っているのです。

なぜなら私たちは確率を元に行動を起こしていますからね。

確率を知っているとスマートに人生を過ごすことが出来ます。

たとえば・・・そうですね。

サイコロをしたとしましょう、友達と。

kakuritu2

友達がディーラーです。

彼が提示してきたゲームのルールはこうです。

「1回だけサイコロを振って、3の倍数が出たらジュースをごちそうして上げるよ。
でも、無理だったらそっちがごちそうして」

この時あなたは勝負に乗るのか迷うはずです。

だって、ごちそうになるのはいいけど、ごちそうはしたくないからね。

でも、ここで確率を知らないときついです。

「サイコロで3の倍数の出やすさ」を計算出来ないとダメです。

美味しい勝負なのか何なのかわからないですからね。

サイコロを1回振って3の倍数の出る確率は1/3になりますね。

だから、友達のほうが勝つ確率が高くなっていますね。

こういう時はきっぱりと、

「いや、無理」と答えてあげましょう。

このシチュエーションで実は勝つ確率が1/3だから勝負に乗らないっていうことを示したのです。

ね?確率を元に行動を起こしているでしょう?

あと、天気予報の降水確率でも同じです。

kakuritu3

例えばあなたが関東地方に住んでいるとして今日の降水確率は90%です。

ってお天気キャスターが言ったらどうします?

そうですよね?傘を持って行こうとしますよね?

逆に、降水確率は10%ですって言われたら。

傘なんて持って行きませんよね?

こんな感じで、傘を持っていく、持って行かないって言う小さな行動も確率を参考にしているんですね。

人の行動に影響をあたえるものとして「確率」を覚えておきましょう。

中学数学の確率は楽しい!

確率の意味は

「ある事柄が起きやすい程度を表したもの」でしたね。

確率の意味を抑えて問題を解いていくといいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ