カニの種類って、旬はいつ?カニは茹でると赤くなるのは何故!




kani5

カニは子供の頃からごちそうでしたね。

は多分冬?

カニ鍋にしたりすることが多かったから。

おみやげに貰ったり、北海道の親戚から送ってもらったり。

なんか自分で飼うものじゃなかったような気がします。

私の食べたことのあるカニの種類なんて数種類ですね。

子供の時に、鍋に入れたら赤くなるのが不思議で、ゆっくり入れてゆっくり赤くなるのを楽しんだりしました。

なぜなんでしょうね?タコもだけど・・・・。

自然のものだからやっぱり旬に頂くのが一番美味しいんですよね。

今や何故か甲殻類アレルギーですよ・・・・。

【スポンサードリンク】

カニの旬って何時なの?

カニの旬といえば多くの人が冬を思い浮かべるでしょう。

冬は鍋などでカニを楽しむことが多いですし、北海道など北国の味覚としてもカニは有名です。

でも、カニの漁獲地は日本海全域で、福井や兵庫、鳥取などの沖合でも獲られます。

蟹を楽しむには日本海側の漁獲地を目指せば良いのですね。

カニの旬は蟹の種類によって異なります。

ズワイガニ、タラバガニなど種類別に旬を見ていきましょう。

ズワイガニの旬

kani1

ズワイガニの猟期は、新潟県以北の海域では10月1日~翌年5月31日、富山県以西の海域では、雌が11月6日~翌年1月10日。

雄が11月6日~翌年3月20日となっています。

この猟期を見てわかるとおり、ズワイガニの旬は日本海のものが11月~1月頃の冬ですが、北海道やオホーツク海などのズワイガニの旬は春なのです。

日本海の漁獲地で食べるなら冬ですが、北海道のズワイガニを食べるなら3月ころの少し暖かくなってきた頃がおすすめです。

タラバガニの旬

????????????????????????????????????????????

タラバガニは生物学上はカニではなく、ヤドカリです。

生息域がタラの漁場と一緒なのでタラバガニとなったようです。

タラバガニの産卵期は4月~6月で、北海道の猟期は1月~5月、その他の漁獲地では9月、10月などもあります。

タラバガニの旬も漁獲地によって異なります。

北海道では冬から春にかけてですが、オホーツク海やアラスカなどのタラの漁場ではもう少し早い時期から旬になります。

全体としては11月頃から3月がタラバガニの旬でしょう。

毛ガニの旬

kani4

毛ガニは、春はオホーツク海、夏は噴火(内浦)湾、秋は釧路及び根室沿岸、冬は日高沖と十勝沿岸など年中どこかで漁が行われています。

毛ガニの旬は漁獲地によって異なりますが、国内産で多い時期は12月~3月です。

ワタリガニの旬

ワタリガニは北海道から九州まで漁場があるということから、通年で食べることができるカニです。

太平洋岸では秋から冬にかけて、日本海側では春から秋が旬です。

【スポンサードリンク】

カニを茹でると赤くなるのはどうしてでしょう

生の状態である活きガニや姿ガニは、茹でる直前までは茶色のような色をしています。

kani2

そのカニを茹でた時になぜ赤に変色してしまうのか?

実はカニに含まれる成分が大いに関わっていることで、、茶色から赤色に変わってしまうのです。

カニの殻には「アスタキサンチン」という特殊な成分が入っていますが、このアスタキサンチンは常にタンパク質と密着しています。

密着している状態の場合は、茶色のままで色に変化は起こりません。

しかしカニを茹でることによって、アスタキサンチンがタンパク質と離れるため、殻が真っ赤になるという現象が起きるのです。

これはカニだけではなく、エビも加熱されると同じ反応を起こします。

【アスタキサンチンは女性の味方?】

アスタキサンチンはカニの他にも色々な食材の中に配合されていますが、健康をサポートしてくれる大切な役割をもたらしてくれています。

よくダイエットに効果的だと紹介されているのは脂肪を付きにくくさせる働きを持っているからなのです。

また、20代~40代女性の間で、「美肌効果も期待できる」と言った話題を集め、サプリメントとして服用される方も多いようです。

免疫力を高めてくれるだけでなく、軽い病を初め、命に関わる重い病気など、様々な病状を改善するとともに、予防できるとも言われています。

★身が赤いのもアスタキサンチンのせい?

カニを加熱した時に赤くなる部分には、アスタキサンチンが存在します。

生とボイルのむき身を比較するとわかりやすいのですが、生の状態では少し肌色のような色をしていて、ボイル(茹でた後)では赤い色をしています。

これは殻と同様で、アスタキサンチンが分離したことによって赤く変化したのだと思われます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ