乾杯は毒味の儀式【由来や意味を調べて見た】マジだった・・・




kanpai1

最近参加する乾杯と言えば、忘年会か新年会くらいしかないですね~。

後、家族の誕生日。

乾杯はいつごろからあるのでしょうか?由来は何でしょうね。

毒味が始まり?え~~~?嘘っぽい・・・・。

なんか毒味ってこっそり後ろでやりそうなもんですけど。

儀式に使うっていうのは今でもそうですよね。

儀式の最初っていうかあいさつの後に!って感じですね。

【スポンサードリンク】

1.日本の「乾杯」の起源

実を言うと、日本で乾杯!とするようになったのは、比較的最近のことです。

と、言っても起源は江戸の幕末のこと。

1854(安政元)年、日米和親条約ならぬ、日英和親条約を協約した後で、イギリスはエルギン伯を日本に派遣し、通称約款の補足をさせることになりました。

kannpai2

一方で幕府は井上信濃守清直らを派遣し、交渉にあたらせ、それが終了した後で晩餐をすることになりました。

そこでエルギン伯、「わが国では国王の健康を祝して、杯をかわす習慣があるのだが、是非やろうではないか」と提案します。

井上清直らは、当然そんな習慣は日本にないので戸惑いますが、ともあれ失礼のないようにやることにしました。

と、そこで会話が途切れ静まり返った時、井上清直が突然立ち上がり、「乾杯!」と大きな声で叫び、静かに着席。

エルギン伯をはじめ、みな大笑いで、それがゆえに記録されてしまったんでしょうね。

ともあれ、これが杯をかわすときに「乾杯!」という起源になったと言われています。

2.余談:井上清直の名誉の為に・・・・

ところで、これでは井上清直は単なるお馬鹿さんということになってしまいますが、ハリスと日米修好通商条約を結ぶなど、幕府の主要な外国との条約交渉の責任者として激務をこなした官僚です。

kannpai3

1810年生まれ.

弟に有名な川路聖謨が居ますが、この人物については歴史のコーナーではないので省略します。

そして、この乾杯事件の翌年、安政年に下田奉行に任命され、ハリス日米修好通商条約の交渉を開始し、これを安政5年に締結されます。

同年、外国奉行にも任命され兼務。

同僚の岩瀬忠震と共に対外交渉の責任者になり、日ロ修好通商条約や、日英修好通商条約を調印させます。

そして、町奉行になった後、1863(文久2)年には、小笠原長行に従い兵を共に上洛し、更に戻るとまた外国奉行になったり、関東都代兼帯や勘定奉行になったりと、大忙しで(実は政変で左遷なんかも繰り返しています)、1867(慶應3)年に死去しました。・・・・・過労死じゃないでしょうか。

ちなみに開国派の人物で、井伊直弼と直談判したり、勝海舟を太平洋横断させるなど人物眼もあります。

ちなみに、先ほど出た、岩瀬忠震というのは、やはりほとんどの外交交渉にかかわった人物で、頭脳明晰かつ直球で物を言うタイプ。

井上清直は、乾杯!と叫んでしまいましたが、本来は謹厳実直な人物で、この2人はまさに名コンビと言ったところでしょう。

ただ、岩瀬忠震はその性格ゆえに将軍継嗣問題時に徳川慶喜を強く推薦、結果、ご存知の通り後の徳川家茂が将軍になるので、井伊直弼ににらまれ安政の投獄で投獄され、亡くなってしまいました。

そんなわけで、これは幕府滅亡から随分経った後の徳川慶喜の発言ですが、幕府には人材が居ないわけではないんです。

問題は良いポストに登用する手段がなかなかないんだって。

さて、話が随分ずれてしまいましたが・・・。

では、グラスをチーン!とさせる、日本語でいう乾杯という儀式の起源はどうなんでしょう?

これは、古代に神や死者の為に神酒を飲んだ宗教的儀式が起源らしく、転じてやがて人々の健康や成功を祝福する儀礼に変化したそうです。

では、なんでチーンとグラスを合わせるのか。

これは諸説ありますが・・・・・。

・酒の中に宿っている悪魔を追い払うために、グラスを合わせて音を立てる。

・グラスを勢いよくぶつけ合うことで、互いの酒を混ぜ合わせ、毒が混入していないことを証明。

・家の主と客が乾杯し、同時に飲み干すことで、客にすすめる酒に毒が入っていないことを証明。だそうです。

さて、それが日本に入ってきたんですが、では類似のことは日本人はそれまでやらなかったのでしょうか。

いやいや、酒をよく飲む日本です。

当然あります。

一番有名なのは、戦国時代。

出陣するときに杯を手に持ち、みんなで高く掲げ、それを飲んで、肺をたたき割る!

そしていざ出陣!

大河ドラマなんかではたまに出るシーンです。

【スポンサードリンク】

4.外国語でいう乾杯

では、日本語でいう乾杯を外国語に訳すとどうなるのでしょうか。

意味は基本的に、どの国も健康を祝して!といった感じです。

イギリス・アメリカ・カナダでは Cheers!(チアーズ

フランスでは A votre sante!(アボートゥルサンテ

ドイツでは、Prosit!(プロージット) もしくは、ProstFi sihhitak!(プロースト)

スペイン・メキシコでは、ISalud!(サルー)

エジプトでは、Fi Sihhitak!(フィ シヒタック)

と、ここで面白いのがイタリア。

Cin Cin(チンチン)だそうです。

そういえば、下ネタとして聞いたことがあります。

あと、これは私はなぜだか知らないんですけど、中国では乾杯!(カンペイ)というそうです。

井上清直は、これを元に発言したんでしょうか・・・・それとも、中国が井上の「乾杯!」という言葉を輸入したのでしょうか????

また、タイでは、Chai Yoo!(チャイユー)・・・万歳!という意味だそうです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ