還暦とは?【還暦祝いはどうするの】【なぜ赤いちゃんちゃんこなの】




49f3437c0b325da20acffe8888a24a73_s

還暦とは赤いちゃんちゃんこがすぐ頭に浮かぶ、という人も多いのではないでしょうか。

還暦のお祝いの席で赤いちゃんちゃんこをこどもたちからプレゼントされて・・・喜ぶおじいちゃんおばあちゃんの顔が目に浮かびます。

わたし自身は、祖父母にも父母にも、赤いちゃんちゃんこをプレゼントしてないです。そういえば還暦のお祝いってしたかな?

そもそも、若々しい母なんて、還暦とは言ってほしくないだとか、赤いちゃんちゃんこなんて恥ずかしいわ!なんて言ってましたから。

赤いちゃんちゃんこを還暦に贈る、ということは知っているけれども、なぜ『赤』なのか知ってる人は案外少ないのでは?

また、本来は還暦のお祝いってどんなことをするものなんでしょうか。

今回は、『還暦とは?【還暦祝いはどうするの】【なぜ赤いちゃんちゃんこなの】』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

還暦とは?

還暦ってなに

還暦とは、『干支(十干十二支=じっかんじゅうにし)が一巡して元の暦に還ること』を意味します。

十干十二支って?

干支(えと)といえば子・丑・寅・卯・・・の十二支がポピュラーですが、実は『10の干』と『12の支』が組み合わさったものなのです。

十の干・・・甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸(こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き)

十二の支・・・子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

暦はこの十干と十二支の組み合わせで成り立っています。その組み合わせは60通りあるため、ちょうど一巡するのが60年後となるわけです。

その60年後を元の暦に還る、という意味から『還暦』とよばれるのです。

還暦の歴史

還暦は、古くは奈良時代から還暦祝いをしてきたとされます。

当時は大陸から伝わってきた風習を行うことが多く、還暦祝いに関しても元々は中国から伝わったものです。

そしてはじめから還暦祝いだったのではなく、『賀寿の祝い』という長寿の祝いでした。

昔の人々は寿命も短かったため、40歳で長寿の祝いを行ってきました。

だんだんと寿命も延び、60歳の還暦で長寿の祝いをするようになったのは室町時代になります。

今では還暦=人生の節目的な意味合いもあり、仕事を定年退職する年齢も還暦の60歳で、という風習が残っています。

096508

【スポンサードリンク】

還暦祝いはどうするの

還暦祝いは、暦が一巡したことから『もう一度生まれたときに戻る』としてお祝いをします。

日本では赤色は魔よけの色とされており、赤ちゃんの産着に赤色を使っていました。

このことから、還暦では『もう一度生まれたときに戻る=赤ちゃんの赤い色のものを身に着ける』という風習がうまれたのです。

お祝いの内容としては特に決まりごとはないようですが、家族などみんなで集まって食事をしたりしてお祝いすることが多いようです。

なぜ赤いちゃんちゃんこ?

では、なぜ『赤いちゃんちゃんこ』なのでしょうか。

先に述べたように、還暦では生まれたときに戻るとして、赤い色のものを身に着ける風習があります。

ちゃんちゃんことは、こどもの袖なしの羽織のことです。

還暦で、生まれたときに着ていた羽織=ちゃんちゃんこを着ることで、新しい人生のスタートをはじめるという意味合いを持っているというわけです。

また、還暦である60歳は男性の厄年にあたります。

赤い色は魔よけの色、ということで赤いもの=赤いちゃんちゃんこを着て厄を落とそうという意味も持っています。

ほかにも赤いちゃんちゃんこと一緒に、赤い頭巾や赤い座布団を贈る風習もあります。

最近の還暦祝い

最近の60歳といえばまだまだ仕事も現役で、元気な方も多いです。

昔は60歳で長寿といわれてきましたが、平均寿命も延び、60歳で長寿のお祝いをされることに抵抗をもたれる方も多いようです。

赤いちゃんちゃんこを贈られて、『自分はまだまだ若いのに・・・』とか、『年寄り扱いされている』など素直に喜んでもらえないことも事実です。

ですが、還暦は大切なお祝いの行事なので、赤い色を取り入れた贈り物をすることが増えてきています。

赤いバッグ、赤いセーター、赤いネクタイ・・・。

魔よけである赤色の贈り物をすることで喜ばれるのではないでしょうか。

いかがでしたか?

還暦は第2の人生のはじまり、そういう風にとらえる方も多いと聞きます。

わたしの両親もそうですが、60歳といってもまだまだ若いですし、頼ることもたくさんあります。

健康に、さらに長生きしてもらえるようお祝いすることがこどもや家族の務めなんだろうなと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ