傘の名前の由来を調べてみた。意外だった・・・・・




kasa

って、梅雨の時期にかかわらず、雨が降る日も降らない日もお世話になっているんだけど、名前由来なんてちょっと考えたことが無かったので、調べてみました。

日本では元々笠が名前由来です。

【スポンサードリンク】

kasa7

こういうのが使われていて、と言うのは、4000年ほど前から使われては居たんだけど、雨除けではなく、エライ人に捧げ持つ、差しって言う形だったらしいですね。

kasa4

kasa6

こんな感じで。

よく高僧とかに、お弟子さんが差し掛けてるのを見たことがあると思うんだけど、日よけとして、使われている方が歴史が長そう。

雨傘として使われるようになったのは、18世紀の後半からだそうです。かなり最近ですね。

イギリス人、ジョナス・ハンウェーという方が日傘に防水加工をして、差したのが最初だそうですが、それまで日傘は女性のもの。それを差して歩くのを見た街の人達に変人扱いされたそうです。でも、それにも負けず30年間差し続けたので、みんな見慣れて持つようになったとか。

持ち手をステッキ状にしたところ爆発的人気になったそうです。

今でもイギリス紳士は持っていますもんね。

kasa8

その後日本には、1804年に長崎に伝わりました。

【スポンサードリンク】

さて、日本には和傘というものがあるのですが、こちらは飛鳥時代に百済から入ってきて、和紙製造の技術の向上もあり、竹細工を取り入れて改良された傘になり、更には室町時代に入ってから、和紙に油を塗って防水加工を施し、雨傘として使われるようになりました。

和傘の広まりは江戸時代に入ってからからで、元禄年間、医者や僧侶が蛇の目傘を持ち歩くようになりました。歌舞伎や踊りの道具として使われるようになり、江戸時代の失業した武士が、傘を作るという内職をしていたようです。

時代劇でも傘張りしてる武士・・・出てきますよね。あれですね。

明治に入ると、急速な洋傘の普及により、和傘を使う人もほとんどいなくなりました。

昔、私の実家には祖母たちが使っていたと思われる蛇の目傘が幾つかありまして。

差してみましたが、あまりに重くて、昔の人は力持ちだったんだなぁと思いました。

まだ使えそうな感じの蛇の目傘でしたが、使わずじまいです。

傘といえば最近世界中で重宝されているビニール傘

日本製で、私達日本人には結構前から親しまれていたものですが、最近になって海外でも、前が見えて便利だと評判らしく、先日90歳のお誕生日を迎えられたイギリスのエリザベス女王もお気に入りのが、ビニールなんです。

kasa9

こんな感じで頭からすっぽりと肘あたりまで覆ってくれる、イギリスロンドンにある、傘の老舗、FULTON(フルトン)製のビニール傘です。

最近は日本でも手に入る様になりました。いろんなデザインがあって可愛らしいです。

私は傘を差すのがとても下手で、どう差してもびしょ濡れになるんですが、この傘なら濡れない気がします。

ただ、日本人にとってのビニール傘は使い捨てのような扱いなのがちょっと寂しいですね。

最近流行ってる、16本骨の傘とかは、頑丈そうなので買おうと思っています。

なんせ日本は台風の国ですからね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ