毛穴の黒ずみ・汚さを解決する方法!【原因と対策】




keana1

セルフィー(自撮り)が流行してから、自分の顔を写真にとってまじまじ見ることが増えましたよね?

そしたら毛穴黒ずみやポツポツが否が応でも自分の目に飛び込んできます。

汚いわぁ~どうにかならんかしら?

たまらん毛穴黒ずみ・・・これって黒ニキビ?

角栓の先が黒くなったやつ?

角栓抜くものを手に入れて解決策を講じてみても、あんまり良くならないし、毛穴広がるし・・・。

汚い角栓抜いてもなんか解決にはならない感じ。

洗顔してもそんなに良くならないし・・・・。

これは全世代に共通する悩みかな?

【スポンサードリンク】

いちご鼻、黒ずみを解消する7つの改善ポイント

いちご鼻、黒ずみを解消する方法は沢山ありますが、まず原因を把握することが大切です。

どのような行動パターンが原因につながっているのかを明確にすることで、適切な治し方を見つけることが出来ます。

正しい解消法をしっかり身に付ければ、いちご鼻の改善だけでなく、美肌そのものを手に入れられます。

本記事では7つのポイントを紹介します。

毛穴の黒ずみはなぜできる

黒ずみとは、古い角質や皮脂、ホコリや老廃物などが毛穴に詰まり、皮膚の表面に黒い点になって現れる、症状です。

また、結果として毛穴が広がることで毛穴の影が黒く見える状態です。

一旦出来てしまうと、通常の洗浄ではなかなか落とすことは出来ません。

体質にもよりますが、おでこから鼻にかけてのいわゆる「Tゾーン」は皮脂が多く分泌されます。

そこへお化粧で毛穴を塞ぐことになるので黒ずみができやすくなってしまうのです。

また、鼻は顔の中でも突起しているため、汚れがつきやすい部分です。

鼻に手や物を近づけるくせに心当たりのある方は直ちに思い改めましょう。

黒ずみはまた、メイクの落とし漏れによっても生じてしまいます。

皮脂が多く分泌される理由の1つに、「過度の洗顔」があります。

確かにメイクの落とし漏れは良くありませんが、洗いすぎるのも問題なのです。

洗顔をし過ぎることで、必要な皮脂も洗い流され、皮膚が乾燥します。

すると皮膚は潤いを回復させようとして過剰な皮脂を分泌します。

【スポンサードリンク】

いちご鼻・黒ずみを解消する色々

黒ずみ解消の第一歩は、汚れを落とすことになります。

その時急いで落とそうとして毛穴パックを使うと、却って肌を痛めてしまったり、毛穴を広げた後のケアが不十分なために、綺麗になったつもりでもまたすぐ黒ずみが生じてしまうということが指摘されています。

keana2

黒ずみを再発させないためには、正しい洗顔と、洗顔後の毛穴引き締めケアを行うことが大切です。

本当に正しい洗顔というのはなかなか直ぐにできるものではありません。

手間も時間もかかります。

ここは腰を据えてじっくりと取り組んでください。

以下、黒ずみを落とす洗顔方法の手順をご紹介します。

1.レンジで1分ほど温めた蒸しタオルを顔(鼻)に数分のせる。

keana3

毛穴を開きます。

2.弱アルカリ性の石鹸をよく泡立たせ、泡を毛穴に押し当てるように洗う。

黒ずみが多少見えてもゴシゴシこすらない。

合成界面活性剤の入ってない石鹸や、ナチュラルメイクで強いクレンジングが要らない方は、W洗顔不要のクレンジングゲルを使いましょう

3.洗顔に掛けた時間の2~3倍の時間を掛けてゆっくりすすぐ。

すすぎ残しには十分気をつける。

4.ビタミンCが配合されている化粧水で、毛穴をしっかり引き締める。

再び汚れが入らないように毛穴をしっかり引き締めて保湿する。

そのた、肌タイプ別の洗顔法もありますので、挙げておきます。

肌タイプは主に「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」の4タイプにわかれています。

まずは自分の肌タイプを確認して、適切な方法を身につけていただきたいと思います。

肌のタイプ別洗顔法

  • 普通肌
  • しっかり泡立て、優しく丁寧に汚れを落とす。

  • 脂性肌
  • 洗顔前に蒸しタオルで毛穴を開いておく、しっかり泡立て、指でこすらないように洗う。

  • 乾燥肌
  • 優しく洗顔後、しっとりタイプの化粧水を、手で抑えるように肌につける。

  • 混合肌
  • ミルクタイプの洗顔料で優しくゆっくりこすらず洗う

いちご鼻・黒ずみの予防法

肌のトラブルを防ぐには正しい洗顔に加えて、「生活習慣の見直し」も欠かすことが出来ません。

睡眠・食事・嗜好品・睡眠前の習慣等々、よく指摘される注意点をまとめてみます。

1.美肌を作る睡眠

肌は夜10時から2時のあいだに1番活発な新陳代謝が行われます。

それも、起きていてはダメで、眠っていて初めて代謝が活発になるのです。

2.美肌の三大宿敵

「ストレス」「タバコ」「睡眠不足」の3つです。

「活性酸素」という言葉を耳にすることがあります。

これは、体内に入ってきた細菌をやっつけてくれるのですが、過剰に発生すると体内の細胞を参加させてしまう働きがあります。

つまりは、肌の老化、シミ・シワなど肌のトラブルの原因になってしまうのです。

3.体を動かしてさん大宿敵を撃退

体を動かしてよく食べよく眠ることで、「ストレス」と「睡眠不足」は解消の目処が立てられそうですが、「タバコ」は少し時間を要するかもしれません。

keana4

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ