結婚祝いの相場は?【兄弟・親戚・友達・同僚では金額は違うを解説】




Japanese gift envelope and Ten thousand yen bill.

結婚祝いって悩みますよね。

地域などでも相場違いますし、もちろんその人とのかかわりからでも相場違います、

結婚祝いも私の少ない体験の中から・・・指定されたことがあります。

金額を。

驚きましたが、却って楽な気分にもなったのを覚えています。

その地域での相場があるそうなので、私が恥をかかないようにとの思いやりだったそうです。

ありますよね~そういうの。

なんせ冠婚葬祭は何度経験してもわからないことばかりです。

【スポンサードリンク】

結婚祝いの相場!現金や品物のお祝い金額とマナー

招待された結婚式を都合により欠席する場合、新郎新婦に結婚祝いを前もって送ることが多いようです。

また、しばらく連絡を取っていない友人や職場の部下などの結婚式に出席しないと決めた場合でも、何かの形でお祝いの気持ちを表すと喜ばれます。

その場合、結婚祝いとして贈るのは、どのくらいの金額が適切なのでしょうか?

1.現金や商品券の相場

「みんなのウェディング」のユーザにアンケート調査を行ったところ、一番多いお祝いの方法は、現金や商品券の「金券」を贈るケースでした。

贈った金額はどれくらいが多いのでしょうか?

贈ったお祝金の相場

・第一位  5001円以上10.000円以下  44.7%

・第二位  10.001円以上20.000円以下  29.5%

・第三位  20.001円以上30.000円以下  10.4%

・第四位  30.000円以上  7.6%

・第五位  3.001円以上50…円以下  6.6%

5.001円以上10.000円以下の金額を贈った人が最も多いという結果となりました。

10.000円前後の人を合わせると、7割以上となります。

これは、ご祝儀の相場が30.000円ほどと言われていることもあり、その1/3かあ1/2程度の金額のお祝いを考えているからかもしれません。

【第一位 5.001円に錠10.000円以下】

・好みがわからないので現金に

・お祝いとして妥当な「1万円」を

・しばらく会っていないので現金で

紙幣1枚の切りのいい金額であることから、最も妥当と考えられている金額のようです。

また、趣味を選ぶ「モノ」よりも、使い勝手が自由な現金の方が戦法にも喜ばれるかもしれません。

【第二位  10.001円以上20.000円以下】

・手紙と品物を添えて贈った

・ご祝儀の代わりとして、なので現金を

・自分の結婚式の時、現金をいただいて助かったから。

すでに自分の結婚式を経験した人は、現金のありがたさを実感しているため、戦法にも現金を贈るようです。

現金だけではちょっとと考える人は、品物も添えて贈っています。

【第三位  20.001円以上30.000円以下】

・自分の結婚式の時、3万のご祝儀をいただいた方だから

・急な欠席になったため少し多く包んだ。

自分の結婚式に出席してくれた人の結婚式に欠席する場合、かつて包んでくれたご祝儀が基準になるため、その相場よりも少し多めに・・・という人もいました。

そのことで、欠席へのお詫びの気持ちとしたい。という現れですね。

【第四位  30.000円以上】

・自分の結婚式の時のご祝儀のお返しとして

・出席していた時と同じ金額を包んだ

自分の結婚式の時のご祝儀と同じようにお返しをした。という人もいました。

出席していたならば、当然ご祝儀として包んだはずだから、ということなのですね。

【第五位  3.001円以上5.000円以下】

・しばらく会ってない間柄なので検討がつかなかった。

・使い勝手を考えてギフトカードに

少し遠くなってしまっている間柄では、多い金額ではかえって先方に気を使わせてしまう場合があります。

相手とも関係からお祝いの金額を考えることも大切かもしれません。

2.アイテムのプレゼントの場合

結婚祝いの贈ったアイテム

「みんなのウェディング」のユーザーにアンケート調査を行ったところ、結婚祝いに贈ったアイテムとしては次のような順位となりました。

・第一位  キッチン用品   38.8%

・第二位  バスグッズ   13.2%

・第三位  食器類    8.2%

・第四位  家電家具   7.4%

どれも実用的で、結婚生活にすぐに役立ちそうなものばかりですね。

第一位となったキチン用品は、値段も幅広く、選択肢も多いために選びやすいのかもしれません。

後々に記念になるものなので、新郎新婦に希望を尋ねたうえでアイテムを決めて贈ることが大切です。

各アイテムの主な相場

さて、それぞれのアイテムのおおよその相場はどれくらいなのでしょうか?

アイテムごとに、その相場と贈ったものについて、リアルエピソードをご紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

第一位  キッチン用品  38.8%

【相場:5.001円以上10.000円以下】

・北欧ブランドの食器

kekkonn3

・北欧ブランドの食器、ハンドミキサー

第二位  バスグッズ  13.2

【相場:5.001円以上10.000円以下】

・高価なバスタオル

kekkonn2

・入浴剤セット

第三位  食器類 8.2%

【相場:50..1円以上10.000円以下】

・ブランドのカップとソーサー

・新婦の好きなブランドのペア食器類

四位  家電家具  7.4%

【相場:10.001円以上20.000円以下】

・ホームベーカリー

・除湿器

その他のプレゼント

【カタログギフト】

・最近の好みがわからなかったため

【食器類】

・最近の好みがわからなかったため

【電報】

・それほど親しくないので

【スポンサードリンク】

3.結婚祝い贈らない派の意見

さて、欠席する結婚式には、特にお祝いは贈らなかった、という人たちもいます。

様々な理由があるようです。

二次会には出席したので

・二次会でお祝いの気持ちを表した

・二次会に出席できるのでお祝いは必要ないと思った

欠席した場合にお祝いを贈るという慣習は、当日お祝いを直接伝えられないから、という趣旨があるようです。

二次会からは参加できる場合は、直接会えるのですから、特にお祝いの用意は必要ないと言えます。

ただし、欠席をつ与えた時期によおっては、披露宴のキャンセル料金が発生してしまっているかもしれません。

その場合は、ご祝儀を包めなかった分、何かおくぁいの気持ちを表してもよいかもしれません。

マナーを知らなかった

・そのころお祝いを贈ることを知らなかった

・知っていたら贈っていた。

「お祝い」は義務ではなく、気持ちから贈るものです。

けれども、慣習となっていることも事実です。

新郎新婦との関係によって対応は異なりますが、近い場合には何かしらお祝いの気持ちを伝えた方が。その後の付き合いがスムーズになるでしょう。

自分ももらわなかったから

・お互い様なので

・自分がいただいていたら贈っていた。

自分がもらわなかったから、相手にも挙げなかった、という意見も聞かれました。

もちろん「おあいこ」にはなりますが、たとえもらっていない相手だとしても、自分が贈りたい場合には、お祝いをしても構わないかもしれませんよ。

親しくないから

・個人的にお祝いを贈る気がしなかった。

・今後の付き合いはないと判断したため。

お祝いは形式的なことではなく、気持ちの問題です。

明らかに人数合わせと考えられたり、本当に付き合いが途切れていた相手からの招待は、やはり「欠席」としたい上に、正直「お祝い」の気持ちも微妙かもしれません。

付き合いが疎遠になった関係の場合は、かえって、お祝いを贈ることで、相手を戸惑わせる殊にもなりかねません。

しかしながら、礼儀は尽くしておくことは大切です。

もし、気持ちに余裕がある場合は電報を送るなどして、けじめをつけてもよいかもしれません。

kekkonn1

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ