結膜炎の原因は・うつるの?【対処法・治療法を紹介】




cb3b227aef3daf9f93e5379c5c637391_s

みなさん一度は耳にしたことのある結膜炎。実はわたしも何度か経験したことがあります。

眼の疾患としてポピュラーな結膜炎ですが、どのような原因で患ってしまうかご存知でしょうか?

そして、結膜炎うつるものだと思われがちですが、実際のところはどうなんでしょうか?

結膜炎原因を知ることで、うつるのも防ぐことができるかもしれません。

また、結膜炎にうつってしまった時のために治療法を知っておくことも大事かもしれません。

今回は『結膜炎の原因は・うつるの?【対処法・治療法を紹介】』ということについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

結膜炎って?

感染症やアレルギーが原因の眼の疾患です

  • 結膜炎の原因
  • 結膜炎の症状
  • 結膜炎の分類

【結膜炎の原因】

結膜炎とは、結膜にできる炎症のことをいいます。結膜が赤く充血するのが特徴です。

よく聞く『結膜』とはいったい何でしょうか。

結膜とは

結膜とは上下のまぶたの裏側と白目の部分を覆うようにしてある半透明の薄い膜のことです。

眼球を上下左右に自由に動かすためにまぶたの裏側と、眼球の前方をつないでおり袋状になっています。

その構造上、まぶたを開けている際には結膜は外部にさらされている状態です。そのためにとても刺激を受けやすく、異物も入りやすくなります。

また、涙で潤っている状態であるため、細菌やウイルスにとっては心地のいい環境となり、上記のようなこともふまえて炎症がおこりやすくなるというわけです。

【結膜炎の症状】

目やにが増える

結膜炎の症状のひとつとして、目やにが多く出ることがあげられます。

通常でも目やには出ることはありますが、細菌やウイルス、アレルギー物質が侵入した際の免疫反応として多く出るようです。

細菌による感染のものは黄緑色のドロッとしたものが、ウイルス性のものは白色でネバネバとしたものが、そしてアレルギー性のものではサラサラした目やにが出ます。

白目の充血

結膜には血管やリンパ管がたくさん集まっています。細菌やウイルスが侵入した際に、防御反応として血流が増えるために白目が充血します。

まぶたの腫れ・赤み

結膜炎の症状のひとつとしてまぶたの腫れや赤みが出現することがあります。

眼の異物感

眼がゴロゴロするなど、異物感や違和感が出現することがあります。

まぶたの裏にブツブツができたり、かゆみによるものが原因となります。

【結膜炎の分類】

結膜炎は感染性のもの(細菌性・ウイルス性)非感染性のもの(アレルギー性)に分類されます。

細菌性結膜炎

インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などが原因となります。感染力そのものは弱いためひとに感染することは少ないのですが、抵抗力が弱っている場合や小さなこどもへ感染しやすいとされます。

短期間で治癒しやすいとされています。

ウイルス性結膜炎

ウイルス性結膜炎の多くはアデノウイルスが原因となります。細菌性と異なり、感染力が強くひとからひとへの感染がおこるため注意が必要となります。

細菌性結膜炎よりも治癒に時間を要します。ウイルス性結膜炎の代表的なものを挙げてみました。

流行性角結膜炎(はやり目)・・・一般的にはやり目という名で知られています。アデノウイルスが原因で、症状が強く出ることが多く、目やにや白目の充血の他に腫れや痛みを伴う場合があります。

炎症が強い場合は角膜の表面が濁ったり視力低下を招くおそれもあります。

学校保健法の第三種伝染病とされており、出席停止などの措置がとられます。

咽頭結膜熱(プール熱)・・・プールの水を介して感染することがあるため、プール熱と呼ばれています。

アデノウイルスが原因で、39℃以上の熱が3~7日続きのどの痛みや結膜の充血があらわれます。痛みやかゆみ、目やにや眩しく感じるのが特徴です。

学校保健法の第二種伝染病とされており、出席停止などの措置がとられます。

急性出血性結膜炎(アポロ病)・・・主にエンテロウイルスが原因となります。結膜下出血と呼ばれる白目が真っ赤になるのが特徴です。

潜伏期間が1日と短いため、急激に症状があらわれます。

学校保健法の第三種伝染病とされており、出席停止などの措置がとられます。

非感染性結膜炎

非感染性結膜炎はひとにうつることはありません

アレルギー性結膜炎・・・花粉やダニ、ペットの毛や特定の食べ物などアレルギー物質がもとで発症する結膜炎です。

アレルギーがもととなっているため、気管支ぜんそくや皮膚炎、鼻炎を併発していることもあります。

アトピー角結膜炎・・・顔面にアトピー性皮膚炎を発症している際におこることがある結膜炎です。

巨大乳頭結膜炎・・・コンタクトレンズや義眼などの刺激によってひきおこす結膜炎です。

春季カタル・・・強いかゆみや糸をひくような粘度の高い目やにが出たり、眼の異物感が症状としてあらわれる、重症のアレルギー性結膜炎です。10代の男性に多いとされています。

【スポンサードリンク】

結膜炎を防ぐために

ひとにうつさないこと、重要です

  • 結膜炎の治療法
  • 結膜炎をうつさないために・・対処法

【結膜炎の治療法】

結膜炎の治療法基本的に点眼薬が主となります。

細菌性結膜炎には抗菌点眼薬ウイルス性結膜炎には抗炎症点眼薬や抗菌点眼薬アレルギー性結膜炎には抗アレルギー点眼薬が処方されます。

その他眼軟膏、抗生物質や抗アレルギー薬、ステロイド薬などの内服薬も処方されることがあります。

【結膜炎をうつさないために・・対処法】

感染性結膜炎の場合、ひとからひとへの感染がおきやすいため、うつさないように対処することが大切です。

昔は眼帯などで眼を覆うことがありましたが、かえって菌を増殖させることになりますので、眼帯は使わないようにしましょう

眼帯をすることで視力低下などひきおこす場合もあるそうです。

手をこまめに洗う

どんなことでもあてはまりますが、手洗いは感染予防に一番大切なことです。しっかりと石鹸を使い、よく洗い流し乾燥させることが重要です。

蛇口を消毒する、ペーパータオルを使用するなどの配慮も必要です。

タオルの共有をしない

タオルに病原菌が付着している場合があります。顔を拭くタオルはもちろん、家族とは別にすることが必要です。

また可能であれば、洗濯も別にした方がよいでしょう。

目薬の貸し借りをしない

目薬の先に病原菌が付着している可能性があります。感染を防ぐために、いかなる場合でも貸し借りはやめましょう。

決められた期間学校を休む

学校保健法で定められた出席停止期間がありますので、しっかりと守り、医師の許可が出てから登校するようにしましょう。

眼をこすらない

かゆいし、心地が悪いのでついつい眼をこすってしまいがちですが、病原菌をまきちらかすことになりますのでやめましょう。

いかがでしたか?

わたしはアレルギー性の結膜炎になることが度々ありますが、眼の心地が悪くて嫌なものです。

すべての結膜炎がうつるわけではありませんが、予防や清潔を維持するためにもこれらの対処法をきちんとまもっていこうと思いました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ