北はどっち・マークの意味を考える?本当の意味に出会った・・・・・




kita2

地図を見るときいつもついているマーク

北はこっちですよ~のマーク

今迄何も疑問を感じたことはありませんでしたが、ちょっと調べてみたら意味の深さに驚き!

本当の意味は思っていたのと違いました・・・・・。

【スポンサードリンク】

北って?

実は北には二通りあるというのです。方角としての真北。磁石が示す磁北。

この二つには微妙なずれがあるそうです。

日本の東京では西に7度磁石での北、磁北がずれているのだそうです。

kita7

なので、いろいろ北を示すマークがある中、「4」のように書くものがありますが、あれの上方に「N」と書くのは間違いだそうです。

kita

ずれを示す度数を表していたとは・・・・。

なので、真北を表すときは、

kita3

こういうマークや、上の図のように、↑を使うのが良いとか。

そういえば、小学校の時に国語で、アムンゼン探検隊のお話が載っていまして、南極点を目指すのですが、その話に、磁石での南極点はここだが、南極点はもう一つある・・・とかいう文言があったような・・・・ことを思い出しました。

当時はへ~と流していましたが、今になってみると、このことだったのか!と思います。

【スポンサードリンク】

そもそも磁石での北とは

北は「N」って覚えていますよね?

Nouthの「N」です。

では、地球は大きな磁石なのですが、その意味での北は?

Southなんですよね。「S」です。

磁石は「N」は「S」と引き合う。

ということで、北は「N」なんですね。

少し頭がこんがらがってきますが、

kita8

こんな感じです。

やはり絵で見ると百聞は一見に如かず!

理科の時間みたいになってきましたが、最近はGPSが付いているカーナビとかでも結構地図を見る機会が増えましたので、ちょっと頭の隅っこに覚えておいてくださいね。

思い出しました。GPSといえば、スマホとかで道案内してくれるサービスがありますよね?あれ・・・・北方向がぐるぐる変わってとても迷います。

もしかして、設定で固定できるのでしょうか?勉強不足?

「話を聞かない男、地図が読めない女」という書籍があるのですが、それが頭の中をよぎりました。

元々地図は好きで、得意だったはずなのに、スマホのナビでは同じところをぐるぐる・・・・思いもしない場所に行ってしまったり。

自分でもがっかりなことが最近とても多いのです。

それほど方角というのは大切で、北を指してくれるという大事さを身をもって体験しています。

何もない場所でどちらが北だとわかるか?

日は東から登り、西に沈みます。

左手側から上って、右手側に沈んだら、背中が北です。

公園とかによく置いてある日時計

kita9

これを見てふと発見しました。影はほとんど北方面にできるんですよね。

お日様は真上ではないですから。

ということは真上に太陽がある頃、自分の影ができる方向が、北だということですね。

自分を起点にして北を探すとかいう事は、大災害にでも合わない限りまぁ無いことだと思いますが、これもちょっと頭の隅に・・。

またまた私事ですが、小さなときに、我が家の隣のおばさんたちの名前を、「西のおばさん」「東のおばさん」って呼んでいたのが、今でも私の方角の基礎になっている気がします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ