北枕で寝るのは良い事ばかりだった!!【風水でも効果が有り!!】




子どもの頃、修学旅行の時などになんとなく気にしていませんでしたか? 寝るときの頭の方角。

そう、「北枕寝ると良くない」というあの言い伝えです。

筆者は一人暮らし時代に住んでいたワンルームマンションがベッドの位置的に北枕だったのでもう今では全く気にならなくなりましたが、確かに子供の頃は結構気にしていたような気がします。

でも、実は風水的には「北枕寝る」というのはとっても良い事らしいんです。

北という方角が風水上とても良いのだとか?

風水も、言い伝えもどちらも昔からありそうなのになぜ北枕になると正反対の話になってしまっているのでしょう。

それでは、北枕寝ることによって得られる効果についてご紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

北枕が悪いといわれるワケ

そもそも、どうして北枕で寝ると良くないといわれていたのでしょうか。

実は、北枕のルーツをたどるとその大元はお釈迦様だといわれています。

お釈迦様が入滅した(亡くなった)時の寝姿が北枕だったことが始まりで、以後、枕を北にして寝ることによりお釈迦様のいる極楽浄土にいけるという考えのもと、仏教では死者を北枕で寝かせるという習慣ができました。

それだけならむしろ北枕はいいことだと思われるのですが、古来より日本では「死」=「忌むべきもの」とされていたため、「死者を寝かせる北枕」=「悪い事」という考えが広まったのではないかと言われています。

ただし、今でもインドでは北枕で寝るというのは教養のある人々の間ではとてもいい寝方だと認識されており、北枕で寝ている人も多いそうです。

北枕で金運アップ?!

さて、このように「死を連想させるからなんとなくよくない気がする」北枕ですが、風水的にはとてもいいそうです。

風水の考えでは北は水の気を持つといわれています。

水は財産を蓄える場所という意味があるそうなので、つまり北枕にして寝ると金運アップが見込めるとか。

尚、東は太陽の上る位置という意味でエネルギーチャージ=成長効果を、西は太陽が沈む位置という意味でゆっくりと安眠効果が期待できます。

風水ではそれぞれの枕の向きでアップする運気が変わるので、目的別で試してみるのもいいかもしれません。

ただし、南向きは風水上はあまりよくないそうです。ぐっすり眠れなかったり健康運が下がったり……。

昔ながらの考えなら避けるべきは「北枕」ですが、風水的には「南枕」こそ避けるべきだといわれているそうです。

【スポンサードリンク】

東洋医学的にも推奨している北枕

また、風水の考えにも共通しますが、東洋医学的にも北枕は称賛されているそうです。

理由は、地球の磁場、だそうです。

そもそも地球は北極がS極、南極がN極としてS極からN極へと巨大な磁場が流れています。

そして、私たちの体にも微弱ながら頭から足へと電流が流れています。つまり、地球の磁場で考えると頭がS極で足がN極になります。

北枕で寝ると、このS極とN極が一致して体内の電流がスムーズに流れるようになります。

結果、健康面で非常に良いといわれているそうです。

ちなみに、東洋医学の考え方の一つである「頭寒足熱」にも北枕は一役買ってくれています。

家の中で北側というのはどうしても冷えますよね。逆に南側というのは日当たりの関係もあり少し暖かいと思います。

このため、北を頭にすることにより「頭を冷やして足を温める」という「頭寒足熱」の状態が出来上がるので、ゆっくりと熟睡することができるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

いいことづくめの北枕。筆者も最近までは北枕で寝ていたのですが、そう言えば今年の夏から家具の配置の関係で枕の位置を北から西に変えたんですが……なんか最近体調が良くないんですよねー。

これってもしかして北枕をやめてしまったから……だったりして?

北枕にするだけで体調がよくなるなら、ちょっと家具の配置を戻してまた北枕で寝てみようかな、と思ったりしています。

みなさんも、気軽に枕の位置を変えれるなら是非一度北枕、チャレンジしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ